金剛山 2017.7.10

 2017-07-10
物凄く恥ずかしくカッコ悪い経験をした。
先日の山登りで腕をアブに散々攻撃されて、やっぱ長袖のシャツの
必要性に気が付いた、遅い。この前某登山用品屋から
夏のクリアランスセールの案内が来ていたので
長袖のTシャツを購入のため大阪市内に出かけた、
みんな大好きマムートのシャツに気に入った物が有ったが袖が長い、
その他のメーカーのシャツも全部袖が長い、
仕方がないのでパーカーやその他数点を購入して帰宅した。
Tシャツはユニクロが良い(コスパ最高)。ってことで早速買いに行くが
ユニクロには長袖を置いてない、
最後にモンベルに行くと気に入った長袖のTシャツがあり、
袖丈もバッチリ日本人は日本のメーカーが一番いい、
レジで袋に入れてもらい店を出る前帽子コーナーで似合うものは無いかなぁ
とか言いながら品定め、そんなこんなで店を出ようとした所、
けたたましいブザーの音と赤いライトが両サイドで点滅、このラインには自分一人
何も悪いことはしていないが、物凄く恥ずかしく立ち止まったまま「なんじゃこりゃあ」
男性スタッフが走ってきて袋をもぎ取る、その袋をレジの横にあるセンサー??の所に
かざすとそこでもブザーが鳴っていた。中を開けると小さな盗難防止のダグが取り忘れていた。スタッフは小さな声で「すみません」と袋を返してくれた、その横で先ほど
Tシャツを袋に入れたスタッフは知らぬ顔。大きな声でタグの取り忘れを
アピールしてほしかったなぁ、かなりはずかしかったぞ・・・。
わずか4000円弱のTシャツにそんなものを付けるのは良くわからない。
今まで盗難防止ゲートでブザーが鳴っているのは見たこともない
そんな装置を故意では無いが自分が鳴らすとはトホホ・・・。

肝心な山は久しぶりの金剛山、天気がイマイチだったが安心の金剛山を堪能した?。

椅子で休憩中11時のライブカメラに写る人を横から写した
(横顔やしネットでも配信しているのでイイかな?)
IMGP4853.jpg

金剛山 2017.7.10 の続きを読む

カテゴリ :金剛紀泉の山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

【大峰】八経ヶ岳 2017.7.3

 2017-07-04
IMG_3915_201707040720030b9.jpg

一瞬の静寂


オオヤマレンゲ目当てのハイカーでお祭りのような八経ヶ岳だった。
平日の山登りの好きな所は、圧倒的に人が少ないことだ。
マイナーな山なら下山まで誰一人あわないのが当たり前だ
人気の山でも、休日に比べればハイカーは少ない。
今日は平日だが八経ヶ岳は登山口から下山まで前後に人が歩いていた
有料駐車場は朝からトンネル手前はほぼ満車、
その手前の駐車地にはツアーのバスも2台停まっていた。
私の停めた無料の路肩も5~6台停まっていた。
いつものようにヨレヨレで弥山に到着、少し休憩をして八経に向かう、
途中にあるオオヤマレンゲは未だ蕾がほとんど、咲いているのは数えるほどだ
山頂は人で・・・そうだ今日は一人だ明星ヶ岳まで行こう、相方と一緒に登ると
次のピークまで歩こう、と誘うと必ず「ここで待ってるから一人で行って」
明星ヶ岳は6年前に今は崩壊している坪内林道から登った一度だけだ。
八経から明星の奥駆道は素晴らしい庭園のようで明星は山頂に一人いたが
八経に比べれば静かだ、少し休憩して八経にもどり下山した。
下山は今から登るツアーの団体さんから数人のグループ人の
途切れることのない(若干の停滞もあり)登山道だった。
登る時、聖宝ノ宿付近まで終始アブに攻撃されて刺されまくった。
夏は半袖が定番の自分は格好の攻撃目標になるのかなぁ。

【大峰】八経ヶ岳 2017.7.3 の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

スイカ と トウモロコシ と 草刈りと・・・2017.6.28

 2017-06-28
朝から雨のため山行は中止・・・
昼すぎに青空になったので家庭菜園の草刈りに・・・
この時期、昼からの草刈りは山登りより疲れる、
登山用の古い雨具上下を着て草刈りをするのだが、蒸し風呂状態
汗ビッショリになり何とか終わったが、
次の草刈り日は曇りの朝からに決めた。
この家庭菜園は 労力 > 収穫 ・・・(涙)・・・

スイカ と トウモロコシ と 草刈りと・・・2017.6.28 の続きを読む

カテゴリ :家庭菜園 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

【鈴鹿】 竜ヶ岳 2017.6.23

 2017-06-23
IMG_3849.jpg

重ね岩  写真で見ると高く見えるが、かなり低い (今日の頭は帽子だ・・フサフサに見えるなぁ)



楽に登れて展望の良い山って事で、石榑峠から登る竜ヶ岳に決めた。
峠の駐車地には平日だが2台停まっていた。
登山道はかなりの急登だが山頂までの距離が短いので
ヘタレな夫婦でもアット言う間に山頂到着。
山頂近くになると上に3人ほどの人が休憩しているのが見えていたが
皆さん他の登山道で下山したようで、山頂は貸し切りだった。
風もなく快適な山頂で早い昼飯を食べて素晴らしい展望を楽しんだ後
来た道を引き返した、下山中は何組かのハイカーとすれ違った。
峠の駐車地に戻ると狭い駐車地は満車になっていた。
少し下った道路幅が広い所にも駐車していた。
この道路はこの先、三重県側は通行止めのため
駐車地の心配はいらないようだ。
帰りは八風街道を走って帰るので、途中で寄り道をして5~6年前に寄った事の有る
愛郷の森の隣にある池田牧場(ジェラート屋)に行ってみた。
森の中のジェラート屋は中々評判がいい・・・表の椅子で食べたが美味しかった。
と言っても、他で食べたことが無いのでよその店と比べようがないのだが・・・
上柘植インターからほぼ高速道路を走り3時には家に帰った。
体に優しい登山道で登り今日も大満足の山歩きが出来た。

【鈴鹿】 竜ヶ岳 2017.6.23 の続きを読む

カテゴリ :伊吹・鈴鹿・比良 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

【大峰】 大普賢岳 (無双洞周回)2017.6.15

 2017-06-16
IMG_3668.jpg


和佐又ヒュッテに入り駐車料金を渡し登山届を書いている時
前に停まっている観光バスのお客さんは出発したかスタッフの女性に聞いた。
団体さんは朝食を食べて、1時間前に大普賢ピストンで登ったそうだ。
1時間の時間差があれば山頂で会う事は無いだろう、狭い山頂に大勢いると
ユックリ休憩も出来ないので。登山道にはドウダンツツジとコイワカガミが
咲き乱れ青空の中花を見ながらヨタヨタと登って行くが山頂手前まで行くと
タイミング良くヒュッテ泊の団体さんが下山してきた。
最後に歩いていた若い女性のガイドさんが、今山頂は誰も居ないですよと
声をかけてくれた。大普賢周回は過去3回来ているが、いずれも秋だ
この時期の大普賢は初めてだが、シロヤシオの美しさは一番と思う。
チョイ時期が遅かったが、最盛期は凄い事だろう。
和佐又から大普賢まではドウダンツツジ、コイワカガミ大普賢から
国見岳までは、シロヤシオとシャクナゲの群生と目を楽しませてくれる。
残念なと言うか当たり前だが、シャクナゲはほぼ花を落とした後だった。
そんなこんなで団体さん以外は誰とも会わないで七曜岳~無双洞と
周回して駐車地の和佐又まで帰った。
ヒュッテ上の和佐又山登山口横にはオオヤマレンゲが咲いていた。
最後の無双洞からの登り返しでは、ボロボロのヨレヨレになったが
今日も青空のなか、大満足な山歩きになった。

【大峰】 大普賢岳 (無双洞周回)2017.6.15 の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ジャガイモとニンニクの収穫 2017.6.10

 2017-06-10
今日はニンニクとジャガイモの収穫を手伝った。
家庭菜園と言っても、プロ顔負けの立派な野菜を育てる人や
タマネギはラッキョと間違えるは、ジャガイモは大豆かと見間違えるような
物を作る。人それぞれです・・・(涙)。

ジャガイモとニンニクの収穫 2017.6.10 の続きを読む

カテゴリ :家庭菜園 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

学能堂山のベニバナシャクヤク 2017.6.9

 2017-06-09
IMG_3563.jpg


今日の学能堂山はベニバナシャクヤクの数よりハイカーの方が
多い・・・(我々が山頂にいる時はソコソコだったが)。
朝7時過ぎに浄水場前に着くと、既に先着の車が停まっていた。
登山口付近で単独の男性が下山してきた、駐車地に有った車の人だろう。
その後山頂まで誰にも会わず、今日も静かな山頂かと思っていたら
反対側から登って来た人か?数人がシャクヤク撮影に没頭していた。
コーヒーを飲みシャクヤクの写真を撮って下山するが、
登って来るハイカーの多い事。
昼前の山頂は物凄い人だろうと余計な心配をする。
その中に朝登山口付近で出会った、単独の男性が登って来た。
「早いですね~」と言われたが、この言葉を久しぶりに聞いた。
ヨタヨタとユックリ歩く我々は、普通に遅いのだが・・・。
私「どこから登ったのですか?おもろい道でもあります?」と聞いたら
私らと同じ道を歩き、途中食事休憩1回とコーヒー休憩1回の合計2回の
休憩で今やっと稜線まで登ったと・・・。
この方は夜空を撮るためテントを担いで登る、カメラマン?だった。
そう言えば朝話した時、山頂には行った事は無いが、登山口付近までは
登った事があると話していた、登山口で急用ができ帰ったのかと思っていたが
撮影で林道を歩いていたのか納得。
今日は月が一番遠く見える日らしい、そのため星を撮ると話していた。
色々聞いたが良くわからない、とにかく今日は星の撮影に良い日だろう。
そんなこんなで駐車地に戻ると、物凄い数の車が停まっていた。
浄水場から10m位進むと少し広い所があるが、満車、、、その上にも停まっていた。
コンパクトな山登りのため昼すぎには家に戻った。
この山は周回も、縦走も出来るがヘタレな夫婦はコンパクトが一番と最短距離で登った。
今日も花と青空と絶景で大満足の山歩きになった。

学能堂山のベニバナシャクヤク 2017.6.9 の続きを読む

カテゴリ :室生周辺 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

桧塚奥峰(ヒキウス平・桧塚)のシロヤシオ 2017.6.5

 2017-06-06
IMG_3458.jpg

先週の行者還に引き続き、シロヤシオ鑑賞は桧塚奥峰へ。
登山口は当然の事だが、山頂に一番近いマナコ谷だ。
楽な登山道を体が要求する情けない今日この頃だ。
木漏れ日の中、杉林の杣道を気持ちよく登る、
植林は味気ないとかなんとか言っていたが、楽な道が一番いい。
植林の林を抜ければ、解放感抜群の尾根にでる。
振り返れば、室生の山々、珍しく青山高原の風車まで見渡せる絶景。
展望のいい尾根を登り主稜に着くと、お目当てのシロヤシオが迎えてくれる。
奥峰に行く前にヒキウス平に寄り、その後、奥峰、桧塚と回り
来た道を引き返した。今日も青空の中気持ちよく歩いた大満足の山行だった。

桧塚奥峰(ヒキウス平・桧塚)のシロヤシオ 2017.6.5 の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

行者還岳 【大峰山系】 2017.05.29

 2017-05-29

行者還岳 山頂のシャクナゲ

IMG_3141_20170529192606b04.jpg



シロヤシオは竜ヶ岳と決めていたが、
今年はイマイチ花付きが悪いので何処に行くか迷っていた時
行者還岳がソコソコ咲いているとの事で、この山に決めた。
309号線90番に車を停めて歩き始めるが、国道から山に入る
鉄製の短い階段を登るだけで、アカン、シンドイ状態(´;ω;`)ウゥゥ
何時もの事だが早すぎ!階段を登るのは疲れますねぇ。って自分だけか。
お目当てのシロヤシオは予想外に咲いていた。
途中にはヤマシャクヤクや咲初めのクサタチバナ、山頂には今が盛りの
シャクナゲが咲き誇っていた。
青空の中気持ちの良い山歩きができた。

行者還岳 【大峰山系】 2017.05.29 の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

たまねぎの収穫と草刈り 2017.5.28

 2017-05-28
今日は畑の草刈りをしてきた。
暑く中々大変だったが、青空の下綺麗になった畑をみて自己満足に浸った(笑)。

玉ねぎの収穫を手伝い、ラッキョ見たいと要らぬことを言い、睨まれた。。

IMGP4758.jpg

草刈り前の写真を忘れたが綺麗に刈れたと自己満足。
一番大変な所は、畑の斜面だ(腰が疲れる)。

たまねぎの収穫と草刈り 2017.5.28 の続きを読む

カテゴリ :家庭菜園 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

【大峰山系】 稲村ヶ岳 2017.5.23

 2017-05-23
山頂で写真を撮るのを忘れたので!
スタート地点の「母公堂」から・・・
山頂は天気が良くデッキに座り休憩したり、滅多に撮らない記念写真を
10枚ほど撮ったが、無人の写真は一枚もない。
最初アップしていた相方が写ってる山頂写真は「誰が興味あるねん」ってことで母公堂と入れ替えた。

IMG_2991.jpg



今日は稲村ヶ岳に登った。
目的は山と言うよりゴロゴロ水だ、山行予定は名水マニアの相方が決めた。
自分は水道水が一番安全で好きだがなぁ、
下山後500円でゴロゴロ水摂取場に入場してバルブを開け相方の用意した
20ℓのポリタンクや空きペットボトルに水を入れながら、バルブの先のパイプは
何処が水源地かなぁ、もしかしたら水道水だったら面白いのにとか?
馬鹿なことを考えながら名水?を車に一杯積んで帰った。
しかし家のどこにあれだけのペットボトルが有ったのか不思議だ。
肝心の山だが、稲村ヶ岳はオオミネコザクラが綺麗に咲いていた。
今までで一番いい時にこの花を見た、写真はイマイチだが。
他の花はソコソコ綺麗に撮れるが(勿論オートで)この花は実際より
白く写るのは何故だ・・・って誰かに聞いても理解できるか?自信は無い。
シャクナゲだが山頂付近は未だ蕾だ、法力峠付近には少しだが咲いていた。
峠の近くにはシャクヤクも咲いていた、登る時は蕾だったが下山時は綺麗に
咲いていた、周回予定をピストンに変えたのはシャクヤクが昼になれば咲くと
思っていたからだ、思惑通りバッチリ咲いていた。
天気も良くオオミネコザクラやその他の花も咲いていて、この山で正解だった。
平日だが沢山のハイカーで賑わっていた稲村だった。
駐車地の母公堂でコーヒーを頂き(本当に気持ちのいい駐車地だ)水を汲んで
帰った・・・水道水でええん違う??と相方には言ってない。

【大峰山系】 稲村ヶ岳 2017.5.23 の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

葛城山  2017.5.19

 2017-05-19
IMG_2749_20170519131917dfb.jpg


今週の休みは、ボランティア活動などで忙しく、嘘のような話だが
年に一度ゴミ拾いのボランティアに行っている。
今年はゴミが少なく以前に比べると随分綺麗になった。
特に目立って少なくなったのは、タバコの吸い殻(喫煙者が減ったのかなぁ)。
そんなこんなで、今日は仕事だが、その前に葛城山のツツジを見に行った。
珍しくベストタイミングで満開のツツジを見てきた。
今年のツツジシリーズはこれで終了。



葛城山  2017.5.19 の続きを読む

カテゴリ :金剛紀泉の山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

生駒山(なるかわ園地のツツジ園)2017.5.12

 2017-05-12
IMGP4736.jpg


昼に八尾へ用事で行ったついでに生駒山の中腹にあるツツジ園に行ってきた。
らくらくセンターハウスの無料駐車場に車を停めて、なるかわハイキングコース、
どんぐりの道からツツジ園に登り、下りは石畳の道で駐車地に戻った。
このツツジ園の花は園芸種を山に植えて管理している、
そのため滅多に見に行く事はないが
園芸種だから豪華で中々綺麗だった、毎年行こうとは思わないがたまには良いかも?。
勿論、山に咲く自然のツツジを見る時のワクワク感は無いが。。

生駒山(なるかわ園地のツツジ園)2017.5.12 の続きを読む

カテゴリ :生駒北摂の山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

【台高】 馬ノ鞍峰 2017.5.11

 2017-05-12
IMG_2476g.jpg


アケボノツツジを求めて馬ノ鞍峰に行ってきた。
台高に咲くのはアカヤシオではなくアケボノツツジらしい
素人には同じに見えるが・・・。
かくし平からズルズルの急坂を喘ぎながら登ると稜線だ。
ここで小休止、アケボノツツジとシャクナゲが咲き誇った尾根を登ると
馬ノ鞍峰だ。すこし早いがオニギリを食べて休憩後、今来た道を下り
途中、明神滝に立ち寄り駐車地に戻った。

【台高】 馬ノ鞍峰 2017.5.11 の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

岩橋山  2017.5.5

 2017-05-06
ゴールデンウイークは関係ないが、普通の休みはある(4.5.6)。
今日は何処(山)に行っても人が多いと思い、家でゴロゴロしていたが
あまり天気がいいので、昼前から二上山に向かった。
万葉の森駐車場はすでに満車だ、仕方がないので岩橋山に予定変更。
南河内グリーン道路で平石に行き、農道の路肩に車を停めて歩き始める。
ダイトレに合流すると、縦走?やトレランの人の多さにビックリだ。
岩橋山の狭い山頂も昼の休憩で満員、山頂を通り過ぎ、持尾辻で昼飯
その時点で葛城山まで行く事にしたが、あと1Kmの所に階段が現れた・・・
思い出した、10年位前、チャレンジ登山で歩いた時の事を
この階段を登ると、次々に現れる階段、ここで相方に相談、引き返そうで一致。
何故なら先ほど岩橋山の下りに長い階段があった、
当然帰りはあの階段を登ることになるから・・・
そんなこんなのダイトレ歩き、ほぼ杉林の中だが意外と明るく、爽やかな風もあり
今日も大満足の山行だった。


ガーミンベースキャンプ GPS軌跡  
岩橋山


岩橋山  2017.5.5 の続きを読む

カテゴリ :金剛紀泉の山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

【台高】 迷岳  矢知山林道~ピストン 2017.4.30

 2017-05-01
IMG_2318.jpg
どうでも良い話だが、頭はハゲているのではない、パナソニックのボウズカッターで刈っている。
フサフサかと言われれば・・・少し薄い・・・かなり薄い・・・相当薄い・・・
中途半端よりボウズのほうが良いので頭は丸刈りだ。威張ることは無いが。。。


ゴールデンウイーク(自分は関係ないが)で何処に登っても人が多いだろう。
静かな山と言うと此処しか思い浮かばない(マイナールートは別だが)。
一昨年の5月5日に登った時、尾根にはアカヤシオが咲いていたが少し遅く
半分位は花が落ちていた、その時より5日早い。
今日はアカヤシオの見頃だろうと登る前は思っていた。
結果はアカヤシオは全然咲いてなく、辛うじてミツバツツジがチラホラ程度だった。
花は無かったが明るい稜線を青空の中静かに歩くのは最高だ。
嫁もこの稜線は気に入ったみたいで、花は無いが機嫌はヨカッタ。
山頂から大熊谷の頭の方に少し進んだ所で昼のオニギリを食べていると
尾鷲から来たと言う男性4人のグループが登って来た、
下山まで会った人はその4人だけ、ほぼ貸し切りの迷岳。
今日も大満足の山歩きだった。

【台高】 迷岳  矢知山林道~ピストン 2017.4.30 の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫