高見山遭難記(リベンジ編)2017.1.18

 2017-01-20
IMGP4562.jpg

昨年1月10日高見山にて帰宅遭難した、「その時の日記」
その時から1年後、同じコースを歩こうと考えていた。
1月18日 天気は快晴・無風の好条件、今日しかないと決行(笑)。
たかすみ温泉に車を停めて歩き始める、登山口から雪が積もっていた
1年前はノーアイゼンで山頂まで行ったのとは違い今日は雪が多い。
高見山で無風=霧氷は期待薄の通り、何日か前の霧氷が青空に浮かんでいる
迫力はない、この青空と気温すっかり春山状態。
避難小屋で軽い昼飯(ミニカップヌードとオニギリ)を食べて周回コースに
向かう、雪はひざ上までありトーレスはない後から来た青年と三人で雪の中
歩き、昨年迷った天狗山に到着。
天狗山から一旦下ると大天狗岩という岩山が立ちはだかっている。
登るのが嫌やなぁと見上げていると、左に巻道がある考えることなく巻道で、
進む程に険しくなる急斜面に雪が積もり滑る、落ちたら大怪我間違いなし
シビレル様な巻道を無事通過、真面目に正面から登ればヨカッタと思ったが
後の祭り・・・夏はOKでも雪が斜面に付いていたら巻道は使わない方が賢明だ。
この危険個所を過ぎて気が緩んだのかあらぬ方向の尾根を下り少し登った
小ピークでオカシイと気が付きGPSで確認、また急な尾根を登り返すなど
あったが無事林道に着地。林道も雪が積もっている。
一緒に歩いた青年は堺のS君、私も名前を聞かれたので本名を答えた。
段平は昔のまんが「あしたのジョー」の丹下段平で日記用だ。
堺のS君は林道と車道が交わる瀧野の橋の麓に自転車をデポしているらしい。
橋に到着・・・自転車が無い、三人で橋の下やその辺を探すが見つからない。
仕方がないのでまた一緒に歩く若いので足が速い、あっというまに
見えなくなる、我々夫婦は若干の下り基調の車道、のんびり歩いていると
前から車が○○さ~んと大声で呼ぶS君だ。
たかすみ温泉まで林業の人の車に乗せてもらい我々を迎えに来てくれた。
S君は夏カヌーかカヤックか忘れたが川下りを楽しんでいるので自転車を
デポしているが、無くなったのは初めてだといっていた。
彼は今回の周回に地図は簡単な略図みたいなものだけで正式な地図は持ってなかった
ネットの情報をプリントしてきたものを持っているだけだ、登山も最近始めたらしい。
初めてで反時計回りの周回をするのなら、GPSか地図とコンパスは必要だ。

たかすみ温泉の駐車場でお互いにお礼を言い、またどこかの山で逢いましょうと
別れた。
そんなこんなの高見山遭難記リベンジ編はおわった。

高見山遭難記(リベンジ編)2017.1.18 の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

桧塚奥峰(吹雪の千秋峰)2017.1.12

 2017-01-12
鈴鹿の予定だったが天気が悪そうなので今回も中止。
近畿地方南部は曇り時々晴れだ、年末にも登ったが今回はマナコ谷からの
桧塚奥峰に変更した。
駐車地に着いたときは晴れ間も見える絶好の山登り日和、杉林をジグザグに登り
辿り着いた避難小屋。今まで林業の作業小屋と思っていたが、今日初めて中を覗いたら、
入口に扉は無いがコの字に座る所があり、寒い時は中で休憩できるようだ。
小屋から少し登ると、桧林に変わるが、この林を出た途端・・・信じられないような吹雪、
特に風が強く今日は引き返そうと思ったが折角ここまで来たのだ、何とか登ろうとなった。
気分はエベレスト状態で一歩一歩進み何とか桧塚奥峰に到着。
写真を2~3枚撮り、トットと引き返す。休憩も出来ないくらいの吹雪(強風と寒さ)。
杉林の避難小屋に戻り昼のパンを食べた
この小屋若干薄気味悪いが慣れてないからかなぁ。
小屋から林道までヨボヨボと歩くジジイ・・・そうそう今日は一人だ。
いつもなら林道に着地と同時に青空が定番だが、今日は林道に戻ると粉雪が舞い始める。
駐車地までにある橋の上は凍っていた。
当然だが、誰一人会わなかった、足跡も無かった。
チョイ寒い稜線だったが、今日も大満足の山歩きだった。


誰かの作った雪ダルマの胴体が吹雪の中で丸まっている
IMG_0693.jpg

桧塚奥峰(吹雪の千秋峰)2017.1.12 の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

高見山 (2017.1.6)

 2017-01-06
今季の雪の少なさは異常だ、なんか夏の長期予報で今季は寒いとか
言っていたような気がするが、気のせいだったのかなぁ?。
何処に行くか悩んだが、結局近場の高見山にした。
昨年も最初に登ったのが高見山だった・・・遭難したが・・・(涙)。
リベンジを誓い昨年と同じコースを歩こうと思っていたが
実際歩いたのは最短距離の高見峠から・・・今年も先が思いやられる。

IMGP4550pppaa.jpg

高見山 (2017.1.6) の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

明神平~桧塚奥峰 (2016.12.31)

 2017-01-01
桧塚奥峰に登る時は最短距離のマナコ谷からが定番となっている。
今日は久しぶりに明神平経由で登った。
いつ歩いても傾斜のキツイ林道はシンドイ。
あまり期待していなかった霧氷は想定外の綺麗さだった
その上天気は最高、霧氷に青空をゲットした。
今年最後の山登りは大満足で終わった。

大満足=自己満足とも言う・・・。

IMGP4461.jpg

明神平~桧塚奥峰 (2016.12.31) の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

飯盛山~迷岳~大熊谷ノ頭 周回 2016.12.25

 2016-12-26
今日は一人だ、人見知りの激しい私は人の少ない山が好きだ。
日曜日でも人の少ない事請け合いの台高山系「迷岳」に決めた。
いつもの飯盛山から登り大熊谷ノ頭~庵の谷林道と時計回り周回の予定だ。
最後の林道の下りと車道歩きが長すぎるのが難点だ、
自転車も考えたが、私の自転車はトンネル西口から大川口まで
乗った一度きり、その前も、その後も乗ってないのでタイヤの空気が
イマイチだ、この前パンクかと思い確認したがチューブもシムも問題ない
空気を入れて停めていたが、またタイヤがペチャンコに・・・
約3年間で一度乗っただけの自転車なのでなんか信用できない。

迷岳 山頂から口迷岳方向の霧氷(人見知りが激しいのか霧氷も控えめだった)
IMG_0242.jpg

飯盛山~迷岳~大熊谷ノ頭 周回 2016.12.25 の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫