馬ノ鞍峰(台高山系)2018.5.1

 2018-05-02
IMG_6456topu.jpg

最近、鈴鹿が多かったので久しぶりに台高に行く事にした。
鈴鹿は平日でも、どこに登っても若い女性に合わないことは無いほど賑やかだ。
その点、台高は一部の山を除くと若い女性に合う事はまずない。
特に平日は登って下るまで誰とも出会わない時が多々ある。
そんな台高でも比較的登山者の多い馬ノ鞍峰だ。
この辺りの山は概ね頂上まで登っても、やった山頂に到着って感じは無い、
展望のない稜線上のピークだからだ。
「カクシ平登山口」からの馬ノ鞍峰はほぼほぼ毎年登っているが、
何やら「トガサワラ原始林」と言う急登を登って馬ノ鞍に行けるらしい。
このマニアックなルートを知ったのは、お気に入りブログのMさんの記事だった。
その時の感想は「もう二度と行きたくない」だったと思う。
二度と行きたくないと聞くと「一度は行ってみたい」と思うわけで・・・。
それに加えて原始林って何ともそそられる言葉も追い打ちをかけた。
もちろん今日は一人だ。
登山口は昨年「カクシ平」から登った帰りに確認済だ。

馬ノ鞍峰(台高山系)2018.5.1 の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

和佐又山  2018.3.3

 2018-03-05
IMG_5893.jpg

和佐又ヒュッテに孫を連れてソリ遊びに行ってきた。
もう雪は無いかと心配していたが、辛うじて腐れ雪が残っていた。
子供はソリで遊べれば、腐れ雪でも関係ないので喜んで滑っていた。
天気が良く気温12度と絶好のソリ日和??
孫を相方に任せて、自分は和佐又山まで一登り。
オオヤマレンゲの保護ゲートから登ったが途中から冬道の急登だった。
距離は短いが雪の急登を登り、すっかり雪のなくなった日当り抜群の山頂に立ち
大普賢岳から弥山、八経が岳、釈迦が岳と絶景を楽しんで来た道を引き返した。
釈迦って見えるのかなぁ、たぶん釈迦だと思うが自信はない。
ミニハイキング(ハイキングと言えるほど歩いてないが)とソリ遊び、
今日も大満足で家路に就いた。
因みに朝は雪が凍っていて良く滑り怖いくらいだった、
どんくさい自分は掌を擦りむいたので2~3回滑っただけで止めた。

和佐又山  2018.3.3 の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

明神平 2018.2.19

 2018-02-20

IMG_5696.jpg

天気もイマイチで霧氷もないが、風が無く暖かいかんじの明神平


明神平 2018.2.19 の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

桧塚奥峰 2018.1.31

 2018-02-01
IMG_5561hino.jpg

相方が友達に明神山に連れて行ってと頼まれたので
今日は単独で行く事になった。
行先はどこでも良かったが、静かな登山道が良いので
いつものマナコ谷から桧塚奥峰に行って来た。
今日は林道も雪で何時もの落石も雪でコーティングされ思いのほか
走りやすく雨量観測所前に到着、もちろん他の車は無い。
通行止のチェーンを跨ぎ歩き始める、チェーンから先も
自己責任で通れるようだが雪で隠れているが林道は昨年の台風以来、
かなり酷い状態だ。




桧塚奥峰 2018.1.31 の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

高見山 2018.1.14

 2018-01-15

超満員の高見山(山頂東斜面)
IMG_5327_20180115092903e0f.jpg

今日は相方が用事で一人で行く事になった。
薄暗い時から登り初めた、山と言うより谷だ。
勿論休日なのに誰一人登ってない。面白くないのでボツにする。
そんなこんなで下山後、まだ早いので高見山に行く事にした。
大峠の駐車地に車を停めて車内でパンとコーヒーの昼飯を済ませて登り始める。
それでなくても鈍足なのに、初めの山の疲れで、、、。
山頂は超満員、足の踏み場もない状態だ高見山の山頂は狭いので仕方ないが、
適当に写真を撮り東斜面を下り、お気に入りの岩の上で休憩し青空を待つが
晴れそうにないので大峠の駐車地に戻った。
期待を裏切らない流石の高見山、風も無く青空はなかったが眺望も良く
高見山に登って良かったと思ったわけで、、、今日も最後は大満足の山歩きができた。

高見山 2018.1.14 の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫