FC2ブログ

藤原岳(表登山道~孫田尾根)2018.3.26

 2018-03-27
IMGP5300fu.jpg


藤原岳に福寿草を見に行って来た。
花に特別興味はないが毎年この時期に登っているので
この山に行く事にした。
大貝戸の登山者用無料パーキングに車を停めて歩き始める。
登りは定番の大貝戸道(表登山道)下りはこれまたこの時期定番の
みんな大好き孫田尾根だ。昨年は孫田尾根~表登山道の今年と逆を歩いたが
今回は頭蛇ヶ原~木和田尾周回か孫田尾根周回か藤原岳山頂で決める予定で
登ったのでどちらでもOKの大貝戸にした。
無料駐車場から快晴で汗ばむような中、福寿草や
見た目どこが違うか分からない小さな花々を見ながら最後は電車に乗って
西藤原の駐車地まで周回した。気温が高く少し霞んでいたので、遠くの景色は
イマイチだったが、今日も大満足の山歩きができた。



DSC_2535fuji.jpg
2合目  ここまで登って汗ばんだので上着は脱ぐ



DSC_2541fuji.jpg
8合目で小休止  8合目から上は福寿草の群落 毎年この時期に登るが
この辺りは残雪で花は無いが今年は雪解けが早いので福寿草が斜面全体に咲き誇っている


DSC_2546fuji.jpg
福寿草


DSC_2552fuji.jpg
藤原山荘の北斜面には少ないが雪がある


DSC_2557fuji.jpg
藤原山荘


DSC_2561fuji.jpg
山荘から丘の様な所を登れば藤原岳山頂


DSC_2562fuji.jpg
天狗岩


DSC_2567fuji.jpg
山頂  少しだけ雪が残っているのは御池岳



DSC_2570fuji.jpg

孫田尾根  あの尾根を下るが、見た感じアップダウンが嫌らしいが
歩いてみると気にならない位のアップダウンだ

IMGP5305fu.jpg


DSC_2572fuji.jpg
セツブンソウ(花の名前は良く分からない?違うかも??)

DSC_2575fuji.jpg

DSC_2577fuji.jpg
振り返り藤原岳を見る


DSC_2580fuji.jpg
何も考えずにボケ~と歩き、「P965」でなんてこった道を間違え冶田峠の方に下って行った(涙)
下りながら何気に左を見たら山がある此処で左に見えるのはセメント採取場のはず、、、
GPSを見るまでも無くサッサとP965に登り返す、この時が一番疲れた、、、


DSC_2581fuji.jpg


DSC_2590fuji.jpg

DSC_2594fuji.jpg

DSC_2596fuji.jpg

IMGP5310.jpg

DSC_2607fuji.jpg
後は林の中を下れば孫田尾根の登山口だ


IMGP5321fu.jpg
平日だが車は多かった


IMGP5322fu.jpg
駅舎


IMGP5323fu.jpg
ホーム

IMGP5325fu.jpg
無事 駐車地に戻った。
平日だと言うのに沢山の人が歩いていた、特に若い人が多かった。
大貝戸の駐車地は比較的空いていたが、
孫田尾根の方は狭いのもあるがほぼほぼ満車状態だ。
孫田尾根は花が多いからと思う、正直山野草ってよく見ないと
分からないほど小さく皆同じ花と言うより草にみえるなぁ、
あれですねぇ畑に行けば同じような花があるが気にせず踏み倒している私でも
登山道に咲いてる花には然程興味も無いのに
何故か優しく接しているのは、もしや二重人格か?
と自問自答する今日この頃だ。

最後になったが、実は孫田尾根登山口の墓場から駅に向かって歩いていると
後ろから来た車が止まり、若い女性が駅に行くのなら乗りませんかと言ってくれた、
本来ならハイキングの途中なので断る所だが、、、
そうですか有難うございますと厚かましく乗り込んだ、
女性は老夫婦がおぼつかない足取りで歩いていたので、見るに見かねてだったのかなぁ?
主に嫁と色々山の話などしながら走っていると、冶田駅でなく西藤原駅まで送りましょうかと
言ってきたが流石に最寄りの駅までで十分助かりますとお断りした。
世の中親切な人が多いなあと感心した。絶対このブログは見ていないが
この場を借りまして有難うございました。

孫尾根

カテゴリ :伊吹・鈴鹿・比良 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫