FC2ブログ

武奈ヶ岳  2018.1.7

 2018-01-08

IMG_5193bun.jpg

買ってから6年だが数えるほどしか使ってないスノーシューは押し入れの中だ、
このスノーシューを履いて御池岳に行った時から腰痛に悩まされるようになったので
たぶん、その後持って行くのを止めたと記憶している。
雪の深い山はもっぱらラッセル泥棒でしのいできたが
何時までも他力本願は如何なものかと思うわけで、、、
ワカンなら少し軽いので持っていけるかなぁと思いネットで買った。
ザックに装着して見たが、スノーシューに比べ随分軽いようだ。
今回の山行に持って行くことにした。
今日は防村から御殿山経由、西南稜、ピストンの冬の定番コースだ。












登りはじめの杉林の急登ですでにヨレヨレだ。
やっと御殿山の稜線に辿り着いた、木々は雪が乗って素晴らしく綺麗だ
風がないので、木々の雪が落ちてこない、雪に青空、、、最高だ(体力は最低だ)。
IMG_5068bun.jpg


青空に綿帽子、、、霧氷とは違う優しい感じの美しさだ。
IMG_5073bun.jpg


雪は深いがトレースが有るので歩き易い(ワカンの出番はまだない)
IMG_5075bun.jpg




御殿山で大休憩している間に青空は消えて冬特有の濃いグレーに変わる。
IMG_5078bun.jpg



すぐそこの山頂はガスで見えない
IMG_5084bun.jpg
ヨレヨレで山頂到着、晴れるまで琵琶湖側の急斜面(東斜面)に雪を踏み固めてベンチを作り
昼休憩二人でカップラーメンを食べながら青空待ち、風が当たらなく最高の休憩地だ。


休憩の間に空が明るくなった  琵琶湖も綺麗に見える
IMG_5104bun.jpg



上から見るコヤマノ岳の霧氷は最高に綺麗だ
IMG_5108bun.jpg



山頂から北稜の景色
IMG_5109bun.jpg



山名板も写してなかったので一枚
IMG_5112bun.jpg



コヤマノ分岐
IMG_5114bun.jpg


空はかなり明るくなり眺望も最高になったが青空は無理なようなので
そろそろ下山するか、下山はワカンを装着するがワカンも色々有りますねぇ、
今日カッコイイなあと思うワカンを何足か(ワカンは1足でいいのか)
見たが、黒いカーボン製の様なワカンは良かったなぁ、
私のワカンを宮川大輔に見せたら言うかなぁ?
「安いやつやん もー見たらわかる 安いやつやん」
IMG_5121bun.jpg



西南稜を下る
IMG_5126bun.jpg



琵琶湖
IMG_5129bun.jpg



武奈西斜面の霧氷
IMG_5133bun.jpg


登りはガスってたので写真は無いので下山中の西南稜(同じような写真で申し訳ない)
IMG_5135bun.jpg


コヤマノ
IMG_5138bun.jpg



蓬莱山はガスの中
IMG_5139bun.jpg


後ろ髪を引かれ、、、山頂を眺める
IMG_5143bun.jpg

IMG_5146bun.jpg

IMG_5152bun.jpg

IMG_5157bun.jpg



下山中 コヤマノ岳に青空が・・・
IMG_5177bun.jpg



御殿山が良く見える、登る時は御殿山まで頑張ればそのあとは
稜線歩きで山頂まで何とかなるので、この御殿山を目標に登っている。
毎年御殿山が遠くなっていく(涙)
以前はチョットした立ち休憩で済んだが、今は根が生えたように座り込み
たっぷり休憩をするようになった。
IMG_5190bun.jpg


下山中にまだ残っている綿のような雪(この辺りで誰かドローンを飛ばしていたなぁ)
IMG_5213bun.jpg


知り合いに写真の詳しい人がいてる(名前は知らない)ってどんな知り合いや!
その人にニコンの望遠レンズを頂いた
その試し撮りをしてみた。下の2枚は初めて使った望遠レンズで撮った写真だ。
色々分からなくて綺麗に撮れなかったが、少なくともコンデジとは全然違う
慣れたら綺麗な写真が撮れそうな予感がする???あくまでも予感だが。

縮小しているのでわかりにくいが、蓬莱山琵琶湖バレイのリフトが写っている
DSC_2337.jpg

御殿山からコヤマの分岐をみる
DSC_2348n.jpg

一日青空ではなかったが、冬の武奈ヶ岳って感じのいい一日だった。
今年も昨年に増してヨレヨレで、コースタイム大幅オーバーで武奈ヶ岳に着いた
今日は下りも絶不調でヨレヨレで防村に辿り着いた、
そんなこんなの武奈ヶ岳だったが、今日も大満足の山歩きができた。



カテゴリ :伊吹・鈴鹿・比良 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫