釈迦ヶ岳 (大峰) 2017.11.13

 2017-11-14
DSC_1914.jpg




今年の遠征は休みと雨が重なり予定の日に決行できた山行は皆無だった。
こんなにフラストレーションが溜まる年は初めてだ。
そんな今年最後の遠征も想定外の雪で泣く泣く諦めた。
11月中旬の雪は晴れになれば溶けるので、軽アイゼンとストックで
楽々登れる予定だった、4~5日前までの情報では、、、
行く前の日に山小屋(夏季営業中)に電話して今の状況を聞いた。
今、吹雪だ雪も例年に比べ多く、既に登山道は冬道だ、登ってくるなら
完全な冬装備で来てください、何??軽アイゼン、、、無理です。
北アルプスを舐めていました、潔く諦めました。

そんなこんなで気晴らしに景色を眺めながらの山歩きと言う事で、
鈴鹿の竜ヶ岳か大峰の釈迦ヶ岳と迷ったが最終的に釈迦ヶ岳に決めた。
青空の中、景色を眺めながら山頂に着いてコーヒーを飲んで休憩して
孔雀岳に向かったが、相方が山頂手前で疲れたので帰ろうと言う、
もうチョイの所で引き返した。
帰りに登り返した釈迦山頂は大勢の人で賑わっていた。
話によれば前日は冷え込み、霧氷で綺麗だったそうだ。
霧氷は無いがポカポカ陽気の、ひだまりハイクで大満足の釈迦ヶ岳だった。
天気は最高この登山道は大好きだ

DSC_1841.jpg




振り向けば雲海も

DSC_1856.jpg

DSC_1866.jpg

DSC_1878.jpg




大日岳
この時点では大日岳に寄る予定だった

DSC_1880.jpg

DSC_1883.jpg

DSC_1884.jpg

DSC_1889.jpg





八経ヶ岳

DSC_1897.jpg



この標識まで登ると山頂は近い

DSC_1908.jpg

DSC_1913.jpg




山頂から今から向かう孔雀岳

DSC_1923.jpg



一旦下る

DSC_1926.jpg

DSC_1928.jpg

DSC_1929.jpg

DSC_1931.jpg

DSC_1932.jpg



振り向いて釈迦ヶ岳

DSC_1939.jpg

DSC_1940.jpg

DSC_1949.jpg

DSC_1954.jpg

DSC_1955.jpg

DSC_1961.jpg

DSC_1970.jpg

DSC_1972.jpg

DSC_1975.jpg

DSC_1979.jpg




旭ダム事務所の紅葉

DSC_1983.jpg

向かいの山肌

DSC_1986.jpg
カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫