【大峰】八経ヶ岳 2017.7.3

 2017-07-04
IMG_3915_201707040720030b9.jpg

一瞬の静寂


オオヤマレンゲ目当てのハイカーでお祭りのような八経ヶ岳だった。
平日の山登りの好きな所は、圧倒的に人が少ないことだ。
マイナーな山なら下山まで誰一人あわないのが当たり前だ
人気の山でも、休日に比べればハイカーは少ない。
今日は平日だが八経ヶ岳は登山口から下山まで前後に人が歩いていた
有料駐車場は朝からトンネル手前はほぼ満車、
その手前の駐車地にはツアーのバスも2台停まっていた。
私の停めた無料の路肩も5~6台停まっていた。
いつものようにヨレヨレで弥山に到着、少し休憩をして八経に向かう、
途中にあるオオヤマレンゲは未だ蕾がほとんど、咲いているのは数えるほどだ
山頂は人で・・・そうだ今日は一人だ明星ヶ岳まで行こう、相方と一緒に登ると
次のピークまで歩こう、と誘うと必ず「ここで待ってるから一人で行って」
明星ヶ岳は6年前に今は崩壊している坪内林道から登った一度だけだ。
八経から明星の奥駆道は素晴らしい庭園のようで明星は山頂に一人いたが
八経に比べれば静かだ、少し休憩して八経にもどり下山した。
下山は今から登るツアーの団体さんから数人のグループ人の
途切れることのない(若干の停滞もあり)登山道だった。
登る時、聖宝ノ宿付近まで終始アブに攻撃されて刺されまくった。
夏は半袖が定番の自分は格好の攻撃目標になるのかなぁ。

登山口から近い橋も新しく架け替えていた

IMG_3878.jpg



傾斜が緩くなると奥駆道は近い(この時点ですでにヨレヨレは言うまでもない)
アブに攻撃されて踏んだり蹴ったり・・・

IMG_3881_20170704072058aaf.jpg




奥駆合流一休み

IMG_3882_20170704072059a0f.jpg

IMG_3887.jpg




バイケイソウはほぼ蕾

IMG_3894.jpg



聖宝ノ宿跡付近の古木に苔とヒメレンゲが

IMG_3895_201707040722327d9.jpg

IMG_3897.jpg

弥山までの急登が辛いので景色をみる振りをして休憩中

IMG_3901_20170704072235805.jpg



やっと弥山小屋(トイレ)が見えてきた
小屋の前は満員御礼中

IMG_3902_20170704072237d36.jpg



オオヤマレンゲは殆ど蕾だが数は多い

IMG_3908_20170704072238729.jpg



咲いているの数えるほど

IMG_3913_20170704072340d02.jpg




八経ヶ岳 山頂からの景色

IMG_3916.jpg




明星ヶ岳に向かう

IMG_3918.jpg




明星ヶ岳 山頂  正面のピークが八経ヶ岳

IMG_3921_2017070407241027e.jpg



八経に戻る・・・雰囲気の良い縦走路だ

IMG_3925_201707040724114b0.jpg

IMG_3926.jpg

IMG_3927.jpg

IMG_3928.jpg




苔が綺麗だ

IMG_3930_20170704072522460.jpg



下山の時もオオヤマレンゲ撮影・・・人が多くて大変だった

IMG_3940_20170704072525c14.jpg

IMGP4819.jpg

IMGP4825.jpg




コルから振り返り 八経ヶ岳

IMG_3946_201707040727094ce.jpg

IMG_3948_20170704072710245.jpg



テント場を覗いてみた(テン泊はしないが)苔が綺麗

IMG_3949.jpg



小屋前は先ほどにも増して人の波、そのまま通過、途中のバイケイソウ畑?

IMG_3952.jpg




ここでショウキランを探し回ったが発見できず

IMG_3954_20170704072715d3a.jpg



奥駆出会まで戻った

IMG_3958.jpg



有料駐車場も大繁盛だ・・・

IMG_3959.jpg

少し下った無料駐車地に戻ろう・・・
想定外の人並にびっくりしたが今日も大満足の山歩きができたヨレヨレで・・・。



山と高原地図 アプリ  iphone

八経 アプリ


カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫