高見山遭難記(リベンジ編)2017.1.18

 2017-01-20
IMGP4562.jpg

昨年1月10日高見山にて帰宅遭難した、「その時の日記」
その時から1年後、同じコースを歩こうと考えていた。
1月18日 天気は快晴・無風の好条件、今日しかないと決行(笑)。
たかすみ温泉に車を停めて歩き始める、登山口から雪が積もっていた
1年前はノーアイゼンで山頂まで行ったのとは違い今日は雪が多い。
高見山で無風=霧氷は期待薄の通り、何日か前の霧氷が青空に浮かんでいる
迫力はない、この青空と気温すっかり春山状態。
避難小屋で軽い昼飯(ミニカップヌードとオニギリ)を食べて周回コースに
向かう、雪はひざ上までありトーレスはない後から来た青年と三人で雪の中
歩き、昨年迷った天狗山に到着。
天狗山から一旦下ると大天狗岩という岩山が立ちはだかっている。
登るのが嫌やなぁと見上げていると、左に巻道がある考えることなく巻道で、
進む程に険しくなる急斜面に雪が積もり滑る、落ちたら大怪我間違いなし
シビレル様な巻道を無事通過、真面目に正面から登ればヨカッタと思ったが
後の祭り・・・夏はOKでも雪が斜面に付いていたら巻道は使わない方が賢明だ。
この危険個所を過ぎて気が緩んだのかあらぬ方向の尾根を下り少し登った
小ピークでオカシイと気が付きGPSで確認、また急な尾根を登り返すなど
あったが無事林道に着地。林道も雪が積もっている。
一緒に歩いた青年は堺のS君、私も名前を聞かれたので本名を答えた。
段平は昔のまんが「あしたのジョー」の丹下段平で日記用だ。
堺のS君は林道と車道が交わる瀧野の橋の麓に自転車をデポしているらしい。
橋に到着・・・自転車が無い、三人で橋の下やその辺を探すが見つからない。
仕方がないのでまた一緒に歩く若いので足が速い、あっというまに
見えなくなる、我々夫婦は若干の下り基調の車道、のんびり歩いていると
前から車が○○さ~んと大声で呼ぶS君だ。
たかすみ温泉まで林業の人の車に乗せてもらい我々を迎えに来てくれた。
S君は夏カヌーかカヤックか忘れたが川下りを楽しんでいるので自転車を
デポしているが、無くなったのは初めてだといっていた。
彼は今回の周回に地図は簡単な略図みたいなものだけで正式な地図は持ってなかった
ネットの情報をプリントしてきたものを持っているだけだ、登山も最近始めたらしい。
初めてで反時計回りの周回をするのなら、GPSか地図とコンパスは必要だ。

たかすみ温泉の駐車場でお互いにお礼を言い、またどこかの山で逢いましょうと
別れた。
そんなこんなの高見山遭難記リベンジ編はおわった。
山と高原地図 ガーミンGPSログ
最後の車道4Kmは半分の約2Kmは車に乗る
高見山アプリ



雪はソコソコだが霧氷でなく木に雪が積もっているIMG_0797.jpg


なんとか見晴らし台から、珍しく今日はよく見える
見えている山は各自調べるように(笑)
IMG_0802.jpg


反対側の手前の山はよくわかるので、左が兜岳、右、鎧岳だ
遠くには白い山並み、鈴鹿山脈か?比良?各自調べるよう??
IMG_0804.jpg


快晴の中、踏ん張って残っている霧氷
IMG_0815.jpg


それなりに綺麗だ
IMG_0820.jpg


青空があるから最高だ
IMG_0822.jpg


どうだ高見山だぞ・・・そんな霧氷
IMG_0823.jpg



ここから富士山が見えた。富士山の輪郭が微かに見えた
嫁は見えないと言うが、間違いなく富士山だった
残念なのは肉眼で微かに見えたので写真を見ると写ってない。
初めて関西の山から富士山を見たので大満足
IMGP4571.jpg


さあ昼飯も食べた周回だ、大峠からのトレースだ左はトレースなし
IMG_0829.jpg




岩を越えた辺り・・・綺麗だ
IMG_0831.jpg


雪は深い
IMG_0832.jpg


霧氷の断崖が一杯落ちている
IMG_0833.jpg


振り返り高見山頂上、この角度が一番好きだ
IMG_0834.jpg


この辺りも雪が深い
IMG_0837.jpg



崩壊地
IMG_0838.jpg


昨年迷った天狗山、懐かしい
IMG_0839.jpg


大天狗岩、このまま登ればよかったが、左を巻いた
IMG_0840.jpg


船峯山
IMG_0842.jpg


伐採地それにしてもいい天気だ
IMG_0844.jpg

IMG_0847.jpg


たかすみ温泉(駐車地)もよくみえる
IMG_0850.jpg


高見山・・・だいぶ歩いた、この辺りから歩くのに飽きた・・・
IMG_0851.jpg


こんなピークを越え
IMG_0852.jpg


こんな尾根を歩き
登山道にあるトレースはS君のものだ・・・若いから早いのと我々が遅い(涙)ので・・・
IMG_0855.jpg


差杉峠(西杉峠)この辺りも雪が多い
IMG_0857.jpg


無事に林道着地
IMG_0859.jpg
自転車が無くなった所から車道を4Km歩くと駐車地のたかすみ温泉だ。

高見山の主だった登山道を歩いてみて、今の感想・・・
ヤッパ我々ジジババは高見峠からピストンがお似合いだ今回の周回はハードだった。
昨年天狗山で方向を間違え、桃俣に下ったが、その時石黒山の方に歩けば簡単に
周回できたと思っていたが、なかなか手ごわい登山道だった。
ログで石黒山に登らず、巻いているが、この時は巻道に明瞭な足跡が雪の中に残っていたので
その巻道を辿ったが、巻道までに足跡は無かったのと、石黒山を巻いても尚同じ高度で先に進んでいた
ので我々はそこから登り返した、4~5人の足跡だったが、何処から来てどこに行ったか不明だった。




今日もいい出会いがあり大満足の山歩きだった。
カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫