飯盛山~迷岳~大熊谷ノ頭 周回 2016.12.25

 2016-12-26
今日は一人だ、人見知りの激しい私は人の少ない山が好きだ。
日曜日でも人の少ない事請け合いの台高山系「迷岳」に決めた。
いつもの飯盛山から登り大熊谷ノ頭~庵の谷林道と時計回り周回の予定だ。
最後の林道の下りと車道歩きが長すぎるのが難点だ、
自転車も考えたが、私の自転車はトンネル西口から大川口まで
乗った一度きり、その前も、その後も乗ってないのでタイヤの空気が
イマイチだ、この前パンクかと思い確認したがチューブもシムも問題ない
空気を入れて停めていたが、またタイヤがペチャンコに・・・
約3年間で一度乗っただけの自転車なのでなんか信用できない。

迷岳 山頂から口迷岳方向の霧氷(人見知りが激しいのか霧氷も控えめだった)
IMG_0242.jpg
杉林と自然林の急坂を登り尾根に乗った
IMG_0207.jpg

IMG_0209.jpg


一枚岩
IMG_0211.jpg


岩の上から廃墟の遊園地跡
IMG_0212.jpg


結構急な岩のアップダウンを繰り返しながら登る
助かるのはアップは岩をよじ登るが、ダウンは普通の傾斜だ(下りに使うとイヤラシイと思う)
IMG_0213.jpg


高見山は白く輝いている、霧氷が綺麗なことだろう
IMG_0214.jpg


眼下は蓮ダム湖
IMG_0215.jpg


飯盛山 北峰 
IMG_0216.jpg


これも傾斜のキツイ岩登りだ
数えきれないほどのロープ場があるが、岩場のため虎ロープが半分切れている所が多数ある
下からは傷ついた所が見えないので、出来るだけロープは使わずにのぼる、岩や木の根を掴んで
IMG_0218.jpg

IMG_0219.jpg


唐谷の分岐から雪が少し・・・
IMG_0222.jpg

IMG_0225.jpg

IMG_0227.jpg


この急坂を登れば山頂(この辺りから岩が凍っている)
IMG_0228.jpg

IMG_0230.jpg

IMG_0231.jpg

IMG_0232.jpg

IMG_0233.jpg


迷岳 山頂
黄昏たジジイはヨレヨレで登って来た・・・そして誰もいない(予想通り)
IMG_0234.jpg


宮川方面に少し霧氷が・・・見えませんか??
IMG_0235.jpg


霧氷が日に当たり綺麗  霧氷ですよ・・・
IMG_0239.jpg


この山から初めて見る尾鷲湾?海も見えて大満足
IMG_0240.jpg


台高縦走路で大熊ノ頭へ
IMG_0245.jpg


気持ちのいい縦走路
IMG_0248.jpg

IMG_0249.jpg


柚子の木平
IMG_0250.jpg


柚子の木平からの迷岳
IMG_0252.jpg

IMG_0253.jpg


キャンプに良いだろうなぁ、キャンプはしないが(地図に掲載している所と違う場所、登山道の東南)
IMG_0255.jpg



白倉山が目の前に後は古ヶ丸山 (迷岳・白倉山・古ヶ丸山は大熊三山)
IMG_0256.jpg

IMG_0258.jpg


大熊谷ノ頭
IMG_0259.jpg


庵の谷に向かう(ヒメシャラの幼木が密集している)
IMG_0261.jpg

IMG_0262.jpg


鹿よけのゲートまで下った(ここから林道歩き)
ここまでネット沿いにくだるのだがナイロンのネットが登山道に広がっているので
ヨレヨレのジジイの足に絡みつき何度もつまずく・・・脚があがってない(涙)
IMG_0263.jpg


長い林道歩きのスタートだ
IMG_0264.jpg


この辺りの杉は手入れが良く綺麗だ
IMG_0265.jpg


谷沿いの林道は日が当たらないが上は青空だ
IMG_0268.jpg


庵の谷林道起点のゲートまでやっと下った・・・この林道長すぎる・・・
これからの車道歩きが又長い・・・
IMG_0269.jpg


蓮ダム・・・駐車地までまだ遠い・・・
正面に見えるのはダムの事務所?関連施設だが、左手に自動販売機がある
今日はお湯500mlと水500ml持っていたが、全部飲み干したので自動販売機で
スポーツドリンク140円を買った、喉が渇いていたので一気飲み・・・
そのまま約100m歩いた時に(下り坂)気が付いた、200円入れて飲むのが早く
お釣り60円を取り忘れた。取りに行くには100m登り返さなければならない
かなり疲れている・・・躊躇なく引き返した自分が情けない・・・60円で200m(*_*;。
IMG_0285.jpg
昨年の秋2015.11.6今日と同じ周回をしたが
車道は自転車の方がいい、昨年は車道も物珍しく楽しかったが
二回目は物珍しさは無くシンドイだけだった。

車道歩き以外は思惑通り静かな山歩きができて今日も大満足の山歩きだった


山と高原地図 ガーミンGPSログ ホテルスメール付近の無料駐車場起点の時計回り周回
迷岳~大熊谷 周回12.25
カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫