針ノ木岳(後立山)2016.9.25~27(25~26まで)

 2016-09-28
天候不順のため9月は、ほとんど山に行ってない。
予定していた山行「越百山~南駒ヶ岳~空木岳」の周回は
伊奈川ダム登山口までの林道が9月22日から工事のため通行止め
らしいので今年は中止にした。
何となく静かな山歩きが出来そうな山なので来年は行くと思う。
何処に行くか迷った。迷った時は後立山かなぁ。
甲信越の天気予報では24日(土)から暫くの間天気は良いようだ。
が・・・23日仕事から帰り天気予報を確認したら、飛び石の雨(*_*;
肝心な日が雨に変わっているナンテコッタ。
晴天を待っていたら何時になるか分からないので予定通り行くことにした。
一泊の予定を二泊にして天気を待つ作戦だ。
縦走中は雨予報だがせめて次の日、山頂で景色だけは見て下山することにした。
予報は雨だが、晴れ男、晴れ女で自慢の我々夫婦、予報は雨だが晴れになりそうな
根拠のない自信が有ったのは確かだ。

蓮華岳と北葛岳のコルからの富士山
IMG_8428.jpg

カシミール  ガーミンGPSログ
カシミール針の木


9月25日(日) 晴れ時々曇り

画像の大きさの違いはカメラの違いです。




歩き始めはここから
IMG_8074.jpg

写真ではイマイチだが紅葉が綺麗だった
IMG_8116.jpg


チングルマの紅葉
IMG_8136.jpg

???
IMG_8190.jpg

中央が針ノ木とその右がスバリ
IMGP3716.jpg


種池山荘下の紅葉
IMGP3719.jpg

爺ヶ岳方向から種池」山荘に向かう登山者
IMGP3724.jpg

種池山荘前で休憩をして新越山荘に向かう、ほとんどの人は反対側の鹿島槍方面に向かう。
IMGP3726.jpg

稜線はガスが多いが紅葉が綺麗
IMGP3730.jpg

IMGP3743.jpg

IMGP3745.jpg

チングルマ
IMGP3747.jpg

劔 立山
IMGP3757.jpg

IMGP3763.jpg

IMGP3769.jpg

IMGP3779.jpg

新越山荘だ今日の宿
この小屋は今日9月25日が小屋じまいだ(少し早い)
夕食の時に恒例の小屋じまいサービスがあり、テーブルにビール、酒、スポーツドリンクが積んで有り
好きなものを1本持って行くように言われたので、私は見たことのないビールが有ったので
そのビールを頂き、食事の前にグイッと一口飲んだ、喉ごし最高の美味いビールだ
嫁が「ノンアルコールを飲んでるの?」 「エッ・・・」よく見るとノンアルコールと書いている・・・。
飲む前に間違いを指摘してほしかったなぁ・・・
IMGP3791.jpg
小屋じまいのこの日の宿泊者は種池の方から来たのは我々を入れて9名
針ノ木から来たのは5名の合計14名。
次の朝針ノ木に向かったのは我々と単独の男性の3名だ?種池から来た6人のグループは
種池に引き返した??雨で変更になったのか、予定の行動か不明??。
この縦走路は新越~針ノ木間が核心部だ、登山道も景色も、不思議なグループだった。



26日(月)  雨

今日は針ノ木小屋までなので、朝食を食べてユックリ小屋を出る。
天気は小雨、雨具を着て歩き始める。
この小屋から針の木方面に向かうのは我々夫婦と若い単独の男性の三人だ。
思っていた通り静かな歩きが出来る、と言うか雨で少ないのは当たり前か?
鳴沢岳の手間で雨も上がり薄日が差してきた。
やっぱ晴れ男と自慢するが・・・その後は降ったり止んだりの繰り返し
そのたびに雨具を着たり脱いだり忙しい事この上ない。
肝心の景色だが、時々ガスが切れ雨にしては上々の展望に大満足
だが赤沢岳を過ぎたころからは本格的な雨になりその後、
風も強くなり体は寒さで震えながらスバリ岳、針ノ木岳とヨタヨタと歩く。
当然だが展望は無、雨と風とガスで・・・これも想定内だったが?。
その雨も針ノ木小屋直前に小雨に変わり、その後夜間まで降ったり止んだり。
針ノ木小屋の宿泊者は我々と若者二名、合計四名・・・スタッフと同数。

雨が少しの間上がった
IMGP3829.jpg


劔をバックに鳴沢岳
蝶が岳ヒュッテに忘れた、ワークマンの長いタオルの代わりに
最近は日本手ぬぐいを頭に巻いている。
薄いのを隠しているのではない、単に頭の保護だ。
25日、柏原新道を登る途中で休憩していると、
20歳前後の女性グループ(6人)がこの手ぬぐいを
バンダナと間違えたのか
「可愛い」と大騒ぎ、どこで買ったのか聞く、
何処かの山小屋のバンダナと間違えたのかなぁ。
大阪の河内木綿と言う日本手ぬぐいだと答えた。
この手ぬぐいは嫁が友達に沢山貰ってきた物だ。
例えそれが手ぬぐいでも褒めてもらえれば悪い気はしない訳で・・・。
その後気分よく歩いたのはいうまでもない。
IMGP3834.jpg

劔をバックに・・・
雨具は下だけ一日中着て、上は脱いだり着たりの一日だった。
IMGP3833.jpg

IMGP3836.jpg


手前が赤沢岳 奥の山は一つの山に見えるが針の木とスバリが重なっている
IMGP3837.jpg


蓮華岳の紅葉も綺麗だったが・・・写真では・・・
IMGP3838.jpg

IMGP3840.jpg


天気が悪いので 雷鳥が数匹、餌を食べていた(保護色で分かりにくい)
IMGP3852.jpg


しつこいが・・・立山・劔
IMGP3855.jpg



赤沢岳・スバリ岳・針ノ木岳
IMGP3857.jpg


立山
IMGP3859.jpg

IMGP3865.jpg

IMGP3875.jpg


小雨だが比較的展望は良い
大町側はガスだが、黒部側はバッチリ
IMG_8274.jpg

IMG_8275.jpg

IMG_8305.jpg


黒部湖 遊覧船が走っている  青い屋根はロッジくろよん 
IMG_8309.jpg


写真で見るとイマイチだが紅葉は綺麗だ
IMG_8316.jpg

IMG_8318.jpg

IMGP3882.jpg


本格的な雨と風は針ノ木岳まで続いた。雨が上がると暑いが、雨に当たると途端に寒くなる。
IMGP3888.jpg

IMGP3896.jpg


針ノ木岳
IMGP3898.jpg


寒い寒すぎだ・・・速攻下る
IMGP3913.jpg


ここで雨が小降りに・・・針ノ木小屋が見えてきた
IMGP3933.jpg


小屋の前から雨の間に紅葉を・・・蓮華岳斜面
IMG_8366.jpg


北葛岳と七倉岳と針ノ木谷
IMG_8378.jpg


蓮華岳の登り口
IMG_8385.jpg


船窪岳と烏帽子岳 奥に赤牛岳
IMG_8392.jpg

IMG_8391.jpg

IMG_8394.jpg


レンゲ谷と今歩いた稜線
IMG_8404.jpg

IMG_8413.jpg

27日(火)につづく・・・








カテゴリ :北アルプス トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫