金剛山 2015.9.30

 2015-09-30
「なんてこった」・・・今日はソコソコだが明日は雨予報。
もうどうでもいい行く気が失せた。遠征登山中止決定。
遠征が流れた時は、鈴鹿の御池岳に行く予定で用意していた。
が!朝5時に目は覚めたが布団の中で名阪国道~306号~鞍掛トンネル・・・
頭の中を走馬灯のように駆け巡る、遠いなぁ・・・しんどいなぁ・・・で二度寝した。
鈴鹿も中止。そんなこんなで金剛山に行ってきた。


今日は丸滝から登る。
林道から見る空はすっかり秋だ。

IMGP2215k.jpg



鉄板の橋が流されてずいぶん明るくなった谷。

IMGP2218k.jpg




東谷との分岐、今日は丸滝へ・・・。

IMGP2219k.jpg




スリル満点のハシゴがある。使うのは怖い。

IMGP2221k.jpg

IMGP2222k.jpg

IMGP2224k.jpg

IMGP2225k.jpg




下の丸滝  ここを登った事があるがヤバイほどの急登でその先、中尾の背まで藪漕ぎだ。

IMGP2226k.jpg



丸滝  横にあるトラロープを使えば難なく登れる。

IMGP2227k.jpg



山頂から肉眼で明石海峡大橋も見えた。

IMGP2235k.jpg

IMGP2237k.jpg

IMGP2238k.jpg




大日岳のススキ。

IMGP2241k.jpg




大日岳から今日は大峰も見える、特徴的な山だが・・・わからないのは情けない。

IMGP2242k.jpg





下山は石ブテ尾根。

IMGP2246k.jpg





テープの方は植林の下り。
今日は自然林を下る、どちらも石ブテ尾根?。自然林のほうが自分は好きだ。

IMGP2248k.jpg





西谷に真新しいトラロープが設置されていた。

IMGP2254k.jpg





ここの橋も流されて跡形もない。

IMGP2255k.jpg






駐車地に戻ると大勢(約20名くらい)の警察官、パトカー5~6台とその他にステーションワゴンも駐車していた。
青崩道登山口付近に警察犬も匂いを嗅ぎまわっている、何か事件かと思ったが、
警察官の表情に緊張感はない。沢渡茶屋の奥さんが表にいたので聞いてみたら
東大阪在住80才代の方が行方不明でGPSの電波が水越峠のトイレ付近で切れているらしい。
老人の俳諧のようだ。緊張感のなさから大事件ではないと思ったが・・・人騒がせな老人やなぁ。

(近くで撮るのは気が引けたので離れた所から・・・警察官が大勢)
IMGP2256k.jpg

この前(25日)に倶留尊山に行ったが目的は曽爾高原だった。生憎のガスで何も見えなかったが。
その時停めた所は路肩で当然無料だ。高原側には有料駐車場もあるが私は無料の中尾峠に停める。
曽爾高原に行くと必ず倶留尊山にも行く、山頂は展望もなく好きな山ではないが3~4回登った事がある。
途中に番屋(小屋)があり入山料500円と書いてあるが一度も払ったことはない、私の行く時はなぜか無人だ。
無人の時はポストに入れるように書いてあるが入れる気はない。もし誰か小屋にいてたら迷わずUターンするだろう。
いつもはピストンだがこの前通り抜けて三岩に下った、その時反対側にも番屋があった。
山頂を挟んで両側に番屋がある、なんでやねんと思っていたがヤマレコで他の人の記事を読んでビックリした
500円払い下山時に半券を渡すシステムらしい・・・ようは通り抜けの時「反対側で払った」は通用しないと言うことだ。
納得できない金は払いたくない、二上山の雄岳でも払ったことはない、今もお兄ちゃんが通行料を徴収しているのかなぁ。
行者還トンネル西口の駐車場も1日1000円は高い、せめて1回1000円ならと思う。
弥山で泊まる人は2000円だ、私は関係ないが何とかならんのかなぁ。
カテゴリ :金剛紀泉の山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫