スバリ岳~針ノ木岳~蓮華岳~七倉岳 縦走(Ⅰ) 2015.8.3~6

 2015-08-06
この休みに予定していた山行は色々あり中止した。
代わりに昨年単独で行き、すっかり気に入った針ノ木・蓮華岳に行った。
前回は雪渓のない針ノ木雪渓?ピストンだった。
今回は柏原新道~七倉尾根、縦走で七倉ダム着地だ。

タイトルのマイナーピークだが無知な私の基準です。
昔から知っていたのは針ノ木岳で昨年行ったので蓮華岳、かろうじてスバリ岳
今回登ったその他のピークは聞いたことも無い山名だった。
柏原新道を登っていると、水平道で休憩していた人に、あの山は何と言う山ですかと
聞かれたが、サッパリわかりませんと答えた。その方は爺ヶ岳~キレットに行くと言ってた。
今思うと赤沢岳だったような??真剣に覚える気が無いので、秋間偏。


扇沢(柏原新道)~種池小屋~岩小屋沢岳~新越山荘(泊)~
鳴沢岳~赤沢岳~スバリ岳~針ノ木岳~針ノ木小屋(泊)~
蓮華岳~北葛岳~七倉岳~船窪小屋(泊)~
(七倉尾根)~七倉ダム

ガーミンベースキャンプ  GPS軌跡
七倉縦走





昨年、蓮華岳でみたコマクサの群生を(時期が遅く咲き終わっていたが)
嫁さんに見せたくこのコースに決めた。
今回は天気に恵まれ最高の山歩きができた。
展望、花、変化に富んだ縦走路、新越乗越では展望と花、新越から針ノ木岳
まではザレ場のアップダウンだが、展望に癒されて楽しく歩ける。
針ノ木岳から蓮華岳は緩い登り山頂付近のコマクサの群生に嫁さんも大満足。
蓮華岳から七倉岳までが今回の核心だ、歩く人が極端に減り、この日も
前方に一組見えていただけだ。登山道は今まで歩いたアルプスで一番悪いと
言うか、(今まで危険なところを歩いた事がない私の基準)ザレ場、ガレ場、細尾根、階段、ワイヤーロープ何でもありの縦走路。
悪戦苦闘の末に七倉岳に登ると、山頂は表情が一変する、素晴らしい趣だ。
その中を歩いて行くと、有名なランプの山小屋、船窪山荘の青い屋根が見える。
到着すると暖かいお茶のサービスと小屋の前の鐘を鳴らし歓迎してくれる。
人気の料理も最高、小屋のお母さんお父さんも噂通りの良い人だ。
この小屋に来て良かった。本当は翌日、烏帽子岳に行き1日泊り、
高瀬ダムに下りたかったが、仕事の事もあり七倉尾根を下り七倉ダムに着地した。
七倉ダム駐車場のタクシー乗り場でタクシーに乗り扇沢に無事帰ってきた。
帰りに薬師の湯で汗臭い体を洗い、午後6時ごろ家についた。
今回の山旅は小屋と小屋の間隔が少し近いのが気になっていた。
そうかと言って一か所飛ばすと長すぎる。
だが結果論だがこの距離は丁度良い距離だった、今回天気に恵まれたと書いたが
全日、午後から落雷大雨警報が出ていた。針ノ木小屋以外は小屋に到着後大雨だった。
早立ちのおかげで雨具は一切使用しなかった。全日翌朝は昼前までは快晴だった。




扇沢から5~6分で柏原新道登山口だ。平日だがかなりの人だ。
縦走する針ノ木岳までの稜線を眺めながら登ると種池山荘の前に飛び出す。
小屋の前も人で溢れている。
始めの日は右に立山・剱岳を眺めながら咲き誇った花々の中を歩く
マイナーピーク ペンタックス 016aa


柏原新道から、今から歩く縦走路の一部
マイナーピーク キャノン 005aa

稜線上にある種池山荘に到着、ザックを置いて種池山荘と剱岳を撮るため少し爺ヶ岳方向に登る
マイナーピーク キャノン 014aa

種池山荘と立山・剱岳  どこかのポスターで見た構図だが素人が撮るとイマイチだ
マイナーピーク キャノン 024aa

爺ヶ岳南峰
マイナーピーク キャノン 029aa


鹿島槍ヶ岳
マイナーピーク キャノン 032aa


チングルマ
マイナーピーク キャノン 036aa

チングルマ
マイナーピーク キャノン 038aa

種池山荘に帰り少し休憩して新越乗越山荘に向かい歩き始める。
ほとんどの人は爺ヶ岳・鹿島槍に向かうが自分と同じ方に向かう人も思いのほか多かった。


ハクサンフウロ
マイナーピーク キャノン 039aa


ハハコグサ
マイナーピーク キャノン 042aa

マイナーピーク キャノン 043aa


アオノツガザクラ
マイナーピーク キャノン 046aa

ヤマハハコ
マイナーピーク キャノン 048aa

マイナーピーク キャノン 050aa


二ッコウキスゲ
マイナーピーク キャノン 054aaa


キヌガサソウ
マイナーピーク キャノン 056aa


マツバソウ
マイナーピーク キャノン 057aa

マイナーピーク キャノン 058aa


シナノキンバイ
マイナーピーク キャノン 059aa


リンドウ
マイナーピーク キャノン 062aa


ヨツバシオガマ
マイナーピーク キャノン 065aa

マイナーピーク キャノン 069aa

マイナーピーク キャノン 075aa


今回の縦走中、岩小屋沢岳はなんの特徴もないピークだった
何時もなら昼から上がるガスも今日は10時ごろから上がりはじめ、山頂に着いた時はガスの中
遠くで雷の音も聞こえる、稜線での雷は一番怖い。いそいで新越乗越に下る。
マイナーピーク キャノン 076aa

マイナーピーク キャノン 077aa


トウヤクリンドウ
マイナーピーク キャノン 080aa

マイナーピーク キャノン 089aa


新越山荘まえに咲いていた???
マイナーピーク キャノン 111aa


今日はここで(新越乗越山荘)泊まって明日早朝、針ノ木岳まで歩く
マイナーピーク キャノン 090aa
山荘到着後、雨が降り出す。


翌朝は快晴・・・だがこの日も午後は雷と雨の予報だ。

つづく・・・




カテゴリ :北アルプス トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫