御在所岳:国見岳 (2015.4.29)

 2015-04-29
今日の山行は三人でアカヤシオを求めて国見岳にいった。
一人は以前、御在所岳に行ったが、時間的な問題で登りはロープウエイを使い
下りは裏登山道で下山したので、今回国見岳に行くなら御在所岳の中登山道を
登ってみたいとのリクエストで、
中登山道~御在所岳山頂~国見峠~国見岳~下山は全員初めての国見尾根で下りた。
この日は終始ガスで(最近ガスが多いなぁ)展望はイマイチだったが、
目的のアカヤシオも今年は花付が悪く、昨年のような華やかさはないが、それなりに綺麗で大満足の山行だった。
初めて使った国見尾根登山道はデンジャラスな面白いコースだ。
中道の奇岩も素晴らしいが、この尾根のそれはダイナミックと言うかビックリの連続だった。

今日は久しぶりに派手なトレランシューズでヨタヨタと歩いてきました(涙)。
ヨタヨタは靴を変えて治るものではないので、こんなものでしょう。
久しぶりのトレランシューズはやっぱ楽です、特に下りは最高です。
私の場合下りで足の親指の爪を死にいたらすが、この靴は最高に履きやすい。
勿論登りも楽です。ソックスのTABIOもバッチリだ。


カシミール
御在所国見カシミ―ル

GPS 軌跡
御在所~国見

7時30分到着で駐車場は満車。
この駐車場が中登山道に一番近いので到着時間の7時30分ですでに満車。
近くには路駐の車が多数、その間をパトカーが路駐は違反なので停めないでと
スピーカーのボリュウムを上げて巡回中。
この駐車地に来るまで何か所かある駐車地も満車だった。
上まで走り武平峠まで行こうかと思ったが、来る時一か所一台分の空が有ったのを
思い出し、あわててUターン、運よく空のまま(トンネルを出たところ)。
中道と裏道の中間点だ、丁度良い場所だ。そこに停めて歩き始める。
IMGP1286-2.jpg

地蔵岩。
IMGP1303-2.jpg

中道のアカヤシオ。
IMGP1306-2.jpg

ガスで展望は・・・
IMGP1313-2.jpg

ロープウエイもガスの中。
IMGP1318-2.jpg

ザゼンソウ 御在所山頂下に水芭蕉の池が出来ていた。その近くに咲いていた。
IMGP1320-2.jpg

山頂
IMGP1321-2.jpg

国見峠  右へ下れば裏道登山道だ。今日は登り返して国見岳に行く。
IMGP1328-2.jpg

IMGP1331-2.jpg

石門の上からのアカヤシオ
IMGP1337-2.jpg

石門の上で飯を食べた、上は天気が良ければ絶景だが。
IMGP1344-2.jpg

国見岳山頂。
フデリンドウ?ハルリンドウ
IMGP1365-2.jpg

ハルリンドウ?の花。
IMGP1351-2.jpg

山頂の岩場から。
IMGP1352-2.jpg

国見尾根の分岐、尾根で下山。 中々ハードなコースだ。
IMGP1357-2.jpg

IMGP1361-2.jpg

IMGP1367-2.jpg

天狗岩?だったかな?凄い岩だ、この前も後も奇岩が次々と・・・圧倒的なスケールだ。
IMGP1371-2.jpg

IMGP1374-2.jpg

IMGP1376-2.jpg

IMGP1377-2.jpg

IMGP1379-2.jpg

IMGP1380-2.jpg

あれっ山頂に青空が・・・
IMGP1382-2.jpg

IMGP1383-2.jpg

IMGP1384-2.jpg

IMGP1388-2.jpg

IMGP1389-2.jpg

藤内小屋が見えてきた、やっと国見尾根が終わった。
国見尾根はてっきり破線と思っていたが実線だ、きつい実線だなぁ。
IMGP1393-2.jpg

IMGP1394-2.jpg

IMGP1396-2.jpg

何年か前来た時は、この砂防ダム工事中の為大きく巻いて(鉄の橋を何か所も通り)いたが
今は藤内小屋からそのまま沢沿いを歩きダムの下を通るように道が有る。ずいぶん楽になった。
IMGP1398-2.jpg

裏道登山道に咲いていた、イワカカミ。
IMGP1399-2.jpg

行く時名阪国道で雨にあい、どうなることか心配したが、雨が降らなかったので
良しとしよう。アカヤシオもイマイチだったが、見れたので、これも良し。
藤内小屋まで下ってきたら、山頂は晴れていた。いつものことだ。
それなりに楽しいハイキングだった。


カテゴリ :伊吹・鈴鹿・比良 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫