屏風岩公苑(住塚山:国見山)2015.4.23

 2015-04-24
屏風岩公苑(曽爾村ホームページより)
屏風岩(高さ868m)は兜岳の西側にあり、奇鋒がその名の示すように南面にあたかも屏風を立てたように屹立しています。
その幅2km、鋸の刃のように鋭くそびえ、垂直に柱状節理の岩壁が約200mの断崖をなしています。岩盤には、ミツバツツジなどが咲き誇り、麓に広がる公苑は、春には大木の山桜が咲き乱れ、秋には紅葉で彩られる岩壁とのコントラストは圧巻


おそらく近畿地方では最後に桜が咲くと思う屏風岩公苑に行って来た。
今回も相方と一緒だ、相変わらずイマイチの脚力のため、ゆるゆるのハイキングに
徹している今日この頃だ。
8時過ぎに屏風岩公苑の駐車場に到着。一人200円の入園料は良心的だ。
桜は七割がた散っていた、一週間前くらいが満開だったようだ。
それでも大満足の美しさだった、青空に桜は綺麗だ。
公苑で堪能するまで桜を眺め、林道を少し戻ったところにある小さな鳥居の横から
屏風岩の上に上がり上から桜を眺めたが、これも絶景だ。
その後住塚山~国見山と周回して、歩き始めの鳥居の所へ下ってもう一度
公苑のベンチで桜を観賞して家路についた。


GPS 軌跡
国見山4.23


屏風岩公苑
IMGP1197-1.jpg

IMGP1199-1.jpg

IMGP1200-1.jpg


あの崖の上に登ろう(崖の上に登山道がある、覗こむと危険だが普通に歩けば問題ない道だ)
IMGP1202-1.jpg


屏風岩の上からの眺め、綺麗だ。
IMGP1211-1.jpg

IMGP1218-1.jpg

IMGP1219-1.jpg

IMGP1222-1.jpg

IMGP1228-1.jpg


住塚山からみる屏風岩(裏側)、遠くに曽爾高原が・・・久しぶりの青空だ
最近はガスの山行ばかりだったのが嘘のような晴天だ、山登りは青空に限る。
IMGP1234-1.jpg


住塚山
IMGP1241-1.jpg

IMGP1244-1.jpg


国見山  気持ちよく昼飯をたべる。
IMGP1255-1.jpg

IMGP1257-1.jpg


クマタワの閉鎖中のトイレまでくだった。
IMGP1264-1.jpg
ここから林道を下り途中右折して住塚山方向に向かう林道を登る、
地味にしんどい林道の登りが続く・・・もういい加減うんざりしたころ
若宮峠(屏風岩)の標識に従い山を登り返すとアッと言う間に朝登った
若宮峠に到着、あとは急坂を下れば、登山口の鳥居の横に出る。


登山口鳥居の奥にある祠まで帰った。
IMGP1276-1.jpg


帰る前にもう一度、公苑の桜見物。
IMGP1279-1.jpg

IMGP1280-1.jpg

IMGP1281-1.jpg

IMGP1283-1.jpg

IMGP1284-1.jpg

屏風岩公苑約100m手前、鳥居からの登山道は「山と高原地図」に記載なし。
ガーミンのベースキャンプ(日本登山地図)には黒の破線だ、昔の道のようだ。
鳥居の近くに行けば古い標識がある、林道からは良くわからない所にある。
済浄坊渓谷上部の林道も登山地図には乗ってないが、林道に標識はある。
カテゴリ :室生周辺 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫