竜ヶ岳(鈴鹿山系) 2015.1.16

 2015-01-16
今日は竜ヶ岳に行って来た。
何処に行くか迷っていたが、天気予報ではこの方面は晴れという事で決めた。
竜ヶ岳は2012.2.12以来の2回目だ。3年前は吹雪で景色は全然駄目で
山頂では恐ろしいほどの強風と、この山は寒い、風が強いと良い印象はない。

寝過ごして遅めのスタートで焦っていたら、名阪国道の柘植インター付近で大渋滞
トラックが荷物を落としたらしくノロノロ運転で目的地の宇賀峡キャンプ場の駐車場に
予定時間を大幅に遅れて到着した。駐車場まで雪は無い、この時期除雪された雪が道路側面に積まれているが
それも無い、ここに来るまで入道ヶ岳、御在所岳、鎌ヶ岳と横目で眺めながら走って来たが
どこも雪は少ないようだ。
そんなこんなで歩き始めたのは9時前だ、最初は長い林道歩きだ。


登山道は4本あるが、冬季は一番安全らしい遠足尾根を
登ったが遠足尾根とソフトなイメージだが、これが中々手強い。


見ての通り林道は勿論だが植林の急登も雪はない。
IMGP0475-1.jpg


植林の急登が終わると小さな岩場がある、ここで初めて雪をみた。
IMGP0476-1.jpg


岩場を超えると今度は自然林の急登だ、息を切らして登るとやっと稜線だ。
IMGP0477-1.jpg


目的地の竜ヶ岳が見えてきた(一番奥の山)
IMGP0480-1.jpg


3年前は何も見えなかったが今日は天気がいいので辺りがよくみえる。
天気は良いが今日も以前に増して風が強い。煽られながら歩く。
残念なのは霧氷は無い。高見山より強い風が吹いているのに・・・霧氷は風だけではないのか・・・。
IMGP0483-1.jpg

IMGP0486-1.jpg

IMGP0487-1.jpg

稜線はそこそこのアップダウンがあり歩きごたえがある。
以前吹雪の時はスノーシューが有ったので山頂まで行けた。
そのため今日も持ってきたがただの重りになった。
つぼ足で十分歩けた、時々踏み抜いたが。

IMGP0490-1.jpg

IMGP0491-1.jpg


あれを登れば山頂だ。
今この場に登って来たのは壁のような急坂だった、帰りに写真は撮ったが、登りは余裕なしだった。
IMGP0492-1.jpg

IMGP0493-1.jpg

山頂は体を飛ばされそうな強烈な風だ、雪も飛ばされて地面は凍っている。

IMGP0494-1.jpg

飛ばされそうなのでトットと下山だ。

IMGP0496-1.jpg


山頂付近の登山道は凍てついている。
IMGP0500-1.jpg


次は春に羊を見にくるか・・・。
IMGP0503-1.jpg

IMGP0504-1.jpg

IMGP0505-1.jpg

IMGP0508-1.jpg


御池岳と藤原岳
IMGP0510-1.jpg

IMGP0511-1.jpg

IMGP0512-1.jpg

風が強いので雪が綺麗・・・なんっていうのかな?風紋か??な?。

IMGP0514-1.jpg


急坂・・・写真でみると・・・?
IMGP0518-1.jpg

山頂手前の急坂を下から。
IMGP0519-1.jpg

IMGP0521-1.jpg

IMGP0524-1.jpg

駐車場に着いた時、広い駐車地に三台停まっていた。時間が遅いのに係員もいないので詰所前で登山届を
提出して歩き始める。
今日は私が最後に登ったハイカーのようだった。登る途中3名の方とすれ違った、皆さん山頂は立っていられない
ほどの強風で山名坂にタッチして早々と下山だと言っていた。私の後からは誰も歩いていない。
3時過ぎ2時頃か?に駐車地に帰って来ると、
係員が詰所に座っていたので、駐車料金(入山料含む)500円を渡した。
下山したので、登山届を返してもらう為ポストを明け探していると、係員の方が警察に提出するので
返せないと言う・・・それはそれで別に良いのだが・・・なんか変だなぁ・・・。
帰りは順調に走れたので4時過ぎに帰宅した。

竜ヶ岳は春のシロヤシオの咲く時は賑やかそうな山だが、今の時期は人気が無いのかなぁ。
風が強いので食事もままならないから人が少ないのか?。
今日も昼飯は、稜線が終わり樹林帯付近の風の無い(当然景色も良く無い所)所で食べた。
人の少ない山は好きだが、強風は・・・。

山と高原地図  GPSログ
鈴鹿山系 竜ヶ岳
カテゴリ :伊吹・鈴鹿・比良 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫