鶏足山 (徳島県西祖谷)2014.11.24

 2014-11-26
昨日は(11.23)は1人で天狗塚に行って来た。
そして今日は全員そろって(5名)「鶏足山」に行く。
この山は穴場と言うかマイナーと言うか地元の一部のマニア?しか知らない?
さびれた山だ。



大歩危峡の道の駅 対岸の崖にある線路(高知行き)
すごい所を電車が走っている。

IMG_2121.jpg


登山口までの道路沿いにある、神社の大杉。

IMG_2132.jpg

IMG_2133.jpg


山登りと言うより行場巡りだ。
行場巡りと言えば「宇治の金胎寺」 三重の「伊勢山上」などが有名で、その2か所とも行った事がある(好きですこんなの)。
その中で今回の「鶏足山」は伊勢山上と同じくらい面白かった、久しぶりに興奮を感じながら登った(どんなんや)。

IMG_2137.jpg


駐車地は「鶏足山キャンプ場」だ。今は誰も利用していないような静かな山の中だ。
一応トイレもある。
10時すぎに着いた時、愛媛ナンバーの車が1台停まっていた。

IMG_2138.jpg

この辺りを知っている(道路から岩肌を見た事がある程度らしいが)リーダーを先頭にテープを探しながら登る。
ほとんど人の入らない山のようで踏み跡もなく、古いテープも思い出したようにある程度だ。

IMG_2141.jpg

登山道の標識が隠れるようにある。

IMG_2142.jpg

IMG_2143.jpg

ここが行場のスタート地点のようだ。
斜めに立っている木の向こうに初めてのロープがある。

IMG_2144.jpg

まず私が偵察によじ登り、状況を説明すると2人は、そんな所は登れないので巻道で登ると岩山を
右の方へ行く(言うまでもないが相方は巻道だ)。
リーダーは巻道組のサポートに一緒に巻道へ行く。残った1人は私と直登を登る。

初めのロープ場を登った所から、見えている足は私の足。

IMG_2145.jpg


ここはオーバーハングになっている。鎖も頼りないように見え、チョイ、シビレタ。

IMG_2146.jpg


次は垂直のクサリ場だ、ここはちょっとした岩の割れ目に足を置きながら登る。

IMG_2147.jpg

クサリ場を登った所。(直登組の彼女)

IMG_2148.jpg

次もクサリ場だ、頑張って登っている。

IMG_2149.jpg

登った所にトンネルのような穴がある。後で聞いたら巻道組はこの穴をザックを渡しながら登ったそうだ。

IMG_2151.jpg


今度はロープだ、ここは足場もあり楽に登れた。巻道組もその後ここから登って来た所だ。

IMG_2153.jpg


岩を登れば頂上だ、彼女は登れるが降りるとき怖いのでシュリングで確保してくれたら登ると言う、勿論OKだ。
写真で見ると簡単そうだが、そこそこ怖い(下りは)

IMG_2162.jpg


登った所は鶏足山 山頂ではなかったが、最高の眺望に感激した。

IMG_2165.jpg

祖谷の集落

IMG_2167.jpg


岩の上から降りて山頂へ向かう。
IMG_2172.jpg

少し登れば 鶏足山 山頂に到着。展望は無いが、落ち葉が気持ちよい広場だ。
ザックを置き後から登って来る、巻道組を迎えに行く。

IMG_2173.jpg

巻道組の到着だ。


IMG_2178.jpg

下山は三角点の方へ進み、左手の緩やかな涸れ谷沿いに下ると
スタート地点のキャンプ場にたどり着く。
登りと違い平和な道だ。

IMG_2179.jpg

IMG_2186.jpg

到着した巻道組も、これは巻道と違うと言う。
リーダーはかなり苦労して2人を連れて登ったようだ。
岩に足が届かないと言えば下から押し上げたり、上から
引っ張り上げるのに、ベルトを外して引き揚げたりと苦労したそうだ。
私は楽しかった。皆楽しんだようだ。口ではもう嫌だと言いながら。

今日も大満足の岩登りだった。
距離は超短いが内容のある登りだった。

ちなみに金胎時も伊勢山上も入山料金がいる、たしか500円だと思う。(調べたらもう少し安い)
この鶏足山は無料で登り放題だ。


帰り道で写す、祖谷峡の小便小僧

IMG_2196.jpg


IMG_2198.jpg

チョイ寄り道で竜ヶ岳の名水に行く。
竜ヶ岳は岩登りのゲレンデだったが、死亡事故があり今は禁止だそうだ。

IMG_2202.jpg

竜ヶ岳の近くの温泉に入り家路に着いた。
楽しい連休だった。。

IMG_2207.jpg
カテゴリ :その他の山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫