扇沢~針ノ木岳:蓮華岳 2014.9.12~13

 2014-09-14
裏銀座終点で後立山始点の針の木岳に行って来た。
相方はこの山に興味がないようで今回はパス。
順延で時期が遅くなり、大雪渓も品祖になり、蓮華岳のコマクサも今はほぼ終わりだろう。
今回はパスして南アルプス塩見岳にするか迷った。
雪渓もコマクサも期待できないが、最初の予定通りにした。景色だけでも良いかと・・・。
針の木岳、蓮華岳のピストンにするか縦走して柏原新道で下る周回にするかは
針の木小屋に着いて考えることにした。(縦走になると2日目が連休初日と重なる小屋が混むのは嫌だなぁ、)。

仕事から帰り風呂に入り夕飯を食べて名阪国道から扇沢まで走ったが、何度も通いなれた道なのでナビ無で走っているととんでもない所を走っているのに気が付き急遽ナビをセット・・・そんなこんなで扇沢(駅に一番近い無料駐車場)に予定の時間をかなりオーバーして到着。
仮眠を・・・全然出来ない・・・実は今五十肩で寝返りも出来ない状態だ。
狭い車の中で固まっていたので、腰まで痛くなるという最悪の状態で歩き始める。

通行止めの大町アルペンラインを何回か横切り歩いて行くと大沢小屋が見えてきた
もう営業は終了したと張り紙があった、その横に針の木雪渓は通行止めで高巻ルート
(夏道)を通るようにと、えぇ~時期が遅いので品祖になっているのは分かっていたが、まさか通行止めとは、軽アイゼンを持ってきたのにザックの重りになるだけか。
そんなこんなで雪渓を巻きながら登山道を登って針の木峠に到着した。
受付を済まし、乾燥室に荷物を置き空身で蓮華岳に登った。
小屋は案外綺麗で食事も美味しく頂いたが・・・夜は肩の痛みで一睡もせず朝を迎えた。
今日も雲は多いが晴天だ。この時点で縦走は諦めて、針の木岳へピストンして扇沢に下山することにした。荷物を背負って行くと折角登ったのでこのまま縦走しよう・・・となりそうなので今日も荷物は乾燥室に置いて、針の木に登った。
この山は北アルプスの景色がはぼ全部見渡せる最高の山だ。
もう下山するだけなので、根が生えたよう長時間居座って絶景を堪能した。
皆さん縦走している・・・一瞬荷物を持ってきたらと思ったが、今考えるとピストンが正解だったかも、縦走して種池山荘に泊まったら3日連続不眠になる所だった。
下山中は今日登る登山者の多さにビックリ、種池山荘も混雑するかも、泊まらなくて良かった。





針ノ木峠までの案内は鯉のぼりだ
IMG_1130.jpg


雪渓もこのありさま、通ってくれと頼まれても嫌だ。
同じ時期に白馬の雪渓も登ったが、規模が違うからか??
IMG_1133.jpg

IMG_1134.jpg

IMG_1135.jpg

IMG_1137.jpg


沢を渡って・・・
IMG_1138.jpg


高巻だ
IMG_1144.jpg

IMG_1145.jpg

IMG_1153.jpg


針ノ木峠の標識が見えて来た・・・なかなか到着しない・・・あぁしんど
IMG_1159.jpg


やっと針ノ木峠だ
IMG_1162.jpg


受付を済まして・・・蓮華岳へ行こう
IMG_1173.jpg


あれが山頂と思っていたら偽ピーク  
IMG_1174.jpg

IMG_1177.jpg


あの祠の向こうが 蓮華岳山頂
手前はコマクサの終わった葉が一面に、流石コマクサの群生で有名な山だ、今度はもうすこし早く相方と一緒に
来たいものだ
IMG_1180.jpg


コマクサの終わりかけは初めて見た、同じ形で小さくなるのにはビックリした
あの立派なコマクサもこんなに小さくしぼんでいる(枯れると思っていたが)
IMG_1181.jpg


蓮華岳山頂
三脚もなし ほかに誰もいない、岩の上にカメラを置いて撮ったが傾いている
IMG_1187.jpg



北葛岳~七倉岳
IMG_1184.jpg


蓮華岳山頂~針ノ木岳
IMG_1188.jpg


チングルマも綿毛になっている
IMG_1191.jpg


針ノ木~スバリ岳~赤沢岳  後ろは立山
IMG_1194.jpg


ホシカラスが2~3羽 ハイマツに止まっていたので写真を撮ろうとしたが
落ち着きの無い烏でじっとしていない
IMG_1197.jpg


今日の宿 針ノ木小屋
IMG_1200.jpg


朝 小屋前から 大天井岳~槍ヶ岳 後ろは前穂高~奥穂
IMG_1206.jpg


小屋前から 右は鹿島槍ヶ岳 左は白馬岳
IMG_1210.jpg


槍ヶ岳の後ろに乗鞍岳
IMG_1217.jpg


あかん運動不足で・・・横に太くなった・・・相方に太いと言えないぞ・・・もうチョイ痩せよう・・・。
パンツがずり落ちているのはお腹が出ているので、何回上げても、この体たらくだ。
IMG_1221.jpg


五色が原
IMG_1223.jpg


薬師岳
IMG_1224.jpg


奥左から鷲羽岳~水晶岳~赤牛岳
手前は裏銀座縦走路、烏帽子は見えないが船窪岳~・・・??
IMG_1225.jpg


右が剱岳 立山 針ノ木の岩が写っている・・・岩の向こうから撮れば良かった
IMG_1229.jpg


後立山   中央左 白馬岳~・・・・五竜岳
IMG_1230.jpg


五色が原と立山
IMG_1231.jpg


高瀬ダム
IMG_1233.jpg


スバリ岳~赤沢岳
IMG_1235.jpg


黒部ダム湖
IMG_1237.jpg



鷲羽岳~水晶岳 (鷲羽の後ろ頭を出しているのは笠ヶ岳)
IMG_1250.jpg


赤牛岳(後は黒部五郎岳)
IMG_1252.jpg


後立山全景   右から 爺ヶ岳~鹿島槍~五竜~唐松~白馬
手前はスバり岳~赤沢~鳴沢~岩小屋沢~爺ヶ岳
IMG_1258.jpg


景色を堪能したのでそろそろ下山  振り向いて針ノ木岳と月
IMG_1263.jpg


連休初日だ登山者の列が絶えない・・・人人人・・・
IMG_1265.jpg



IMG_1266.jpg

登り優先だ、待ち時間に雪渓の下に行ってみた

IMG_1267.jpg



1時間前に水を入れていた五目御飯、すこし早いがここで食べよう
小屋の弁当を買うより安いし軽いのでこれにした、本当は縦走中食べる予定だった
結構美味しかったが、やたら喉が渇いた・・・この後大量の水を飲んだ
赤飯のほうが良いかも?
この後(*_*)する・・・今でも半信半疑・・・人違いかも????   (内容は最後に書く)違うかも・・・??。
IMG_1268.jpg


扇沢に到着 黒四トロリーバスの乗車券売り場の行列
IMG_1269.jpg

帰りに大町温泉 薬師の湯に入り、ゆっくり帰ってきた。
チョイ心残りの山旅だったが、絶景がみれたので大満足。。



GPS 軌跡
針の木岳


これまで山に登り、沢山の人と話をした。
山で人に逢えば必ず挨拶はする。時間があれば邪魔にならない程度の短い会話もする。
その中で今でもブログやレコに時々コメントなどしている人もいる。
例えばヤフーブログのPOTさん(冬の金剛山で) 山賊さん(雪の竜ヶ岳 鈴鹿)
ヤマレコのM-kichiさん(霧氷の高見山) PoPoi11さん(雪の武奈ヶ岳)思えばこの頃が絶好調だったなぁ
その後お逢いした S,fujiwaraさんは(モミジ谷の氷瀑)リハビリでヨレヨレの時だった、今もその時とヨレヨレは変わってないなぁ、その内絶好調になると、その時は信じて疑わなかったのに・・・・なんか冬ばかりだ。
その中で例外は3回も金剛山でお逢いしながら未だ会話のないのがFCブログのキバラーさんだ、2回は二人連れで会話をしていたので話しかけなかった、もう1回は動画に夢中のようなので遠慮した、その内何処かの山でお逢いすれば話しかけよう。

前置きが長くなったが、13日(土)下山中に偶然にブログでお世話になっている人にお逢いした・・・写真で顔は何度も見ているので間違い無いような、人違いのようでもある。
もうお目当ての雪渓も無いあの場所に??未だに半信半疑だ。
声をかけていれば良かったと後悔している。見通しの悪い林の曲がり角で急に出会った。
山側に体を除け下山中の私に道をゆずってくれ、後に続く綺麗な奥さんにも人が行くと声をかけてくれた。有難うございますとすれ違った私、ほんの何秒間かの間、似ているなぁ
聞いてみようか?人違いかも、こんなところで??。そのまま別れたが、扇沢に着くまで○○○・・・さんだったのかなぁと考えていた。
あえてハンドルネームは伏せて置く、人違いの可能性があるので。
注意深くブログをチェックしよう、それで分かる(その時はコメント入れます)。
全然違う人かも・・・。
記事が出ない時は、人違いということで。。。

正解でした その時の記事 ↓
yamaフォトライフCOOPER



カテゴリ :その他の山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫