学能堂山(奈良三重県境) 2014.6.13

 2014-06-13
今日は「秘密の〇〇」を探しに学能堂山に行って来た。
行く時物凄い雨で登山口まで行き雨が止んでなかったら登るのを辞めようと思っていたが。
登山口手前で青空になり、山歩き中も晴れたり曇ったりだった。

探し物の結果は失敗に終わった。全然違う所から登り山頂から秘密の場所へ行くつもりだったが
何時もの事だが最初まるっきり反対側へ下り、途中で気が付き登り返し山頂から再び下って行ったが
もうチョイの所でヘロヘロになり今日3度目の山頂めざして登り返した、そんなこんなで山頂で飯を食べ下山。
簡単な山だから山頂からのピストンで簡単に行けると思ったが、結構な急坂、常に登り返しの事を考えながらの
下りは疲れる。最初の道間違いで余分な体力をつかったのが悔やまれる(体力不足は否めない)

場所は分かったので来年は行こう、もっと簡単な道で。



手入れの行き届いた杉林 途中からよく滑る急登に変わる。
IMGP1901.jpg

自然林になったら山頂は近い
IMGP1902.jpg

ツチアケビ
オ二ノヤガラ  ツチアケビと思っていたが調べてみるとオ二ノヤガラのようだ
初めて見た。この辺りに大小合わせて7~8本あった。
IMGP1905.jpg

IMGP1907.jpg

IMGP1913.jpg

1回目の山頂
IMGP1914.jpg

べ二バナヤマシャクヤク(山頂)
IMGP1920.jpg

IMGP1921.jpg

IMGP1922.jpg

IMGP1923.jpg

IMGP1927.jpg

山頂はウノハナが満開(♪夏は来ぬ・・・)山頂付近はほぼ全部ウノハナの木
IMGP1931.jpg

2回目の山頂  急坂を汗をかきながら登った、急な上、滑りやすい泥道だ。間違えたので余計しんどい。
懲りん人です良くわかってないのに地図もGPSも見ないで、思い込みで行動に移す悪い癖だ。
IMGP1935.jpg


山頂からバリエーションルートで目的地付近まで下り、登り返してきた。
3回目の山頂  昼飯を食べしばし昼寝・・・

山頂から○○は最初傾斜の緩い歩きやすい道だが途中から急な下りだ、その先は急な登り、このまま下まで縦走出来ればいいが
車は山の反対側、当たり前だが今まで下った所を登り返す。ちなみに踏み跡は薄い有るような無いような・・・
林業の方の鮮やかなピンクのリボンがいたる所にあり紛らわしい、尾根の分岐には必ず全方角にリボンがある。
IMGP1937.jpg

駐車地に下山中 ツルアジサイ
IMGP1951.jpg

フタリシズカ 
花穂が枝分かれして2本になり、柄のない白い花が穂状にたくさんついて、下のほうから開花する。花穂の本数は2本とは限らず、1本から5本と一定しない。花には花弁も萼もなく、白い3本の雄しべが丸くなって雌しべを包んでいる。
らしい
IMGP1961.jpg

サンショの実
IMGP1977.jpg

サンショ お土産ゲット・・・そうです今日は相方と一緒。私はどれがサンショの木かわかりません
IMGP1981.jpg

マタタビの花
IMGP1978.jpg
カテゴリ :室生周辺 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫