御池岳(大君ヶ畑~)2014.3.23

 2014-03-24
御池岳に行って来た。2012.2月、藤原簡易駐車地から登って以来だ。
今回も相方は行くという、野良仕事も暇か??。これから草刈担当の私は畑での活躍が多くなるだろう。
登山口は滋賀県側の大君ヶ畑だ。勿論ほぼ高速、上柘植ICから多賀まで、ちなみに霊仙山も伊吹山も同じICからだ。
御在所~藤原岳(御池、三重側)の鈴鹿山系は亀山ICで行く、高速料金ケチケチ作戦だ。

8時前に国道306号線、冬季通行止めゲート手前(大君ヶ畑)に駐車して歩き始める。
鈴北岳方向に登れそうな所から適当に谷沿いを登ったが、中途半端に雪があり尾根に登るのに苦労した。
鞍掛峠からの登山道に合流してからは、最高の展望、おまけに天気は快晴。
伊吹山、霊仙山、横山岳、も良く見えた、肉眼では御嶽山や白山も見えていた。
鈴北岳~御池山頂~テーブルランを歩き、途中寄り道して鈴ヶ岳まで帰ってきたが相方は朝登った道を下るのは怖い、足が滑れば谷に・・・と、と言う訳で鞍掛トンネルの上まで行き、冬季通行止めの国道306を歩いて駐車地まで下った。



通行止の林道を歩き正面の橋を渡って初めての谷から登った。
橋を渡らないで真っ直ぐは御池谷と思う、ここは崩壊していると聞いた。
IMGP1263.jpg

谷から植林の急坂を滑りながら登る
IMGP1265.jpg

鞍掛峠からの登山道に合流。
IMGP1268.jpg

前方は鈴北岳
IMGP1272.jpg

IMGP1274.jpg


IMGP1277.jpg



IMGP1288.jpg

IMGP1289.jpg

IMGP1291.jpg

IMGP1294.jpg

奥の平からの霊仙山
IMGP1298.jpg

IMGP1299.jpg

テーブルランド
IMGP1302.jpg

私の足跡をついて来る相方(夫婦の距離感と同程度)
01.jpg



ボタンブチのケルン
IMGP1304.jpg

IMGP1308.jpg

IMGP1312.jpg

鞍掛峠 右へ下れば三重県側、左の滋賀県側に下る
IMGP1314.jpg

IMGP1315.jpg

鞍掛トンネル手前の登山口に到着、滋賀県側はもうチョイで冬季閉鎖も解除だ、トンネル手前までは通行できる
三重県側は2012年9月の大雨で道路が崩壊して今なお通行止めだ、いつ開通するのか気になる
大阪から御池岳は滋賀県側が近いが、私はほぼ高速を利用するので三重県側が圧倒的に近い
09.jpg


登山口前には広い登山者用駐車場がある
反対側(三重県側)はトンネル手前の少し広い路肩が駐車地になつている
道路崩壊前に停めて、コグルミ谷から周回したことがある
やっと相方も下山してきた(間違いようのない道なので私はトットと下山した)
010_20160107142417b0e.jpg


長い国道歩きも終わった。ヘアピンカーブから通行止の林道、朝この林道から登った 正面の障害物を乗り超えて。
IMGP1325.jpg
登りに使った道はテープも無く、良くわからない道だった。一日中快晴の雪の上を歩いたので顔が真っ赤に焼けた。
次の御池岳はT字尾根から登ってみたい。


おいけだけ





カテゴリ :伊吹・鈴鹿・比良 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫