明神平(赤ゾレ山~馬駆ヶ辻~国見山~水無山)2014.1.16

 2014-01-16
駐車地付近のグリーンの橋を渡り赤ゾレ山経由、明神平を歩いている方がいる。皆さん当然だが、わかって登っている。
私は初めて明神平に行くのに、何の疑いもなく左のグリーンの橋を渡り階段状の道から右のアベ山谷へ行き沢沿いを登り、途中間違いに気が付くという何とも情けない思い出がある。
ちなみに地図もGPSも持っていた、ザックの中に・・・。この時は相方も一緒だった。
谷の途中で間違いに気が付き(遅い)GPSを出し確認すると上の方に登山道があったので谷から逃れ植林の中を稜線まで登った所が、赤ゾレ山だった。5月の中旬だったか稜線までの急登中ギンリヨウ草の群生が綺麗だった。国見山、水無山と歩き、初めての明神平は上から眺めたあしび山荘だ。予定通り桧塚奥峰に行き昼飯を食べて本来の登山道で駐車地に帰った。
その時の記録「明神岳:桧塚2011.5.25」

先日、高見山の帰り道、大又林道の駐車地まで試しに行ってきた。その時は難なく駐車地まで登れたので今日は自信満々でやって来たが、駐車地手前100mほどにある橋を過ぎた登り坂でスリップして登らない。何とかバックで橋まで下り
すこし広い路肩に駐車して歩き始める。高見山の帰りは昼過ぎだったので登れたのかなぁ。

青い橋の所で、ここで間違えたな~と思いながら写真を撮っていたらなぜか?よし今日はココから登ろう。
予定は明神平~桧奥峰ピストンだった。
登りはじめは雪もなく快調に登っていたが、途中から膝上くらいの雪になり滑りまくり。這う這うの体で稜線まで這い上がる。ここから踏み跡のないフカフカの雪、アップダウンでスノーシューが滑りまくり、明神平までラッセル、でヘロヘロになる。雪は綺麗だったが足跡は獣のみ、疲れました。明神平は曇り空、朝は青空だったが、最初から普通に登ったらよかった。





もうすぐ稜線だ
IMGP0895.jpg


赤ゾレ山 綺麗
IMGP0897.jpg

IMGP0899.jpg

IMGP0900.jpg

IMGP0902.jpg


奥に見えるのは国見山
IMGP0903.jpg

IMGP0904.jpg


馬駆ヶ辻
IMGP0906.jpg


振り向き 自分の足跡
IMGP0907.jpg

IMGP0908.jpg


桧塚方面が見えてきた
IMGP0909.jpg

IMGP0911.jpg

IMGP0912.jpg


国見山  雪の中から三角点がすこしだけ見える
IMGP0914.jpg


明神平か見えてきた
IMGP0916.jpg


桧塚
IMGP0917.jpg

IMGP0918.jpg


水無山の山名坂は雪のなか? 上から眺めるあしび山荘
この辺りからソリやスノーシューの古い踏み跡があった。休日は賑やかだったのか。
IMGP0922.jpg


山荘前から
今日初めて人にあう、犬を連れた男性だ。
IMGP0923.jpg


半分くらい下った所で、青空・・・いつものパターン
IMGP0924.jpg

くにみやま

朝7時15分ころ スリップで蛇行している。運転席側後ろのタイヤが凍った雪に入り動かなくなった。
黒くアスファルトが出ているのは空転で溶けた?そのためバックできたようだ。
IMGP0886.jpg

20mほどバックして、ここに停めた。
IMGP0885.jpg
カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫