『台高』野江股ノ頭・白倉山・大熊谷ノ頭2013.5.3

 2013-05-04
私の山登りは単独が多い。人気のない寂しい山が好きだ。ゴールデンウイークで人気のある山は人が多いだろう。どこか休みの日でも人の少ない寂しい山はないか(なんのこっちゃ)と・・・
以前から気になっていた、台高の江股小屋谷登山口~江股ノ頭~白倉山ピストン。
登りは一般道で下山は滝見台コースだ。

この辺りならゴールデンウイークでも人は少ないだろう。
白倉山は「からすき谷公園」~古ヶ丸山経由で登ったことはある。その時も誰ともあわなかった。アナグマと遭遇したが。
池木屋山への登山口、宮の谷の少し手前、蓮川沿いの橋を渡り江馬小屋谷林道に入り
しばらく走ると少し上り傾斜の砂利道になった。軟弱な車だ砂利にタイヤを取られ進めない、バックしてアクセル全開で行けば良いのだが、あかんかったら立ち往生だ。
ここは諦めてバックで(Uターン出来ない)蓮川の橋まで帰り少し広い所に車を停めて歩き始める。最後はこの場所に停めたのが正解だったが(結果論)。
林道を20分弱歩くと林道終点だ広場があり車が10台位停められる。
林道はそれなりの車なら平気で(私の以前乗っていたワゴンでも楽々の感じ)終点まで走れる。

終点正面の沢を渡れば登山口だ途中分岐がある右へ登ると滝見台コース、宮の谷渓谷の滝が見えると思う。下山は通るつもりだ。
ナンノキ平までは展望のない植林の急坂を登る。ナンノキ平から傾斜も緩くなるが、野江股ノ頭へは急坂下りだその後の登りはキツイ。野江股ノ頭から白倉山まではアップダウンが多い、しかも傾斜がキツイ、歩きながらこの道を引き返すと今下った何か所かの劇下りを登り返すのか、しんどいなぁと思いながら白倉山に到着。昼飯を食べながら地図を広げて他の道を探す。大熊谷の頭まで歩けば楽そうだ駐車地から少し遠いがまあいいか。
これがまた大熊谷の頭までも急坂のアップダウンの連続、なんとか大熊谷の頭へ到着。
庵ノ谷林道にほどなく合流するが林道が長い、かなり上まで延びている林道だ。やっと終点の蓮川に出たが。
駐車地はこれから30~40分先だが、朝林道始点に停めたので終点まで歩かなくて良い。

結局 江馬小屋谷~ナンノキ平~野江股ノ頭~白倉山~大熊谷ノ頭~庵ノ谷林道の周回になった。
一日たっぷり歩いたが誰一人逢わなかった。寂しい山だった。



GPS 軌跡
野江股ノ頭

沢を渡る
CIMG8484.jpg

沢を渡れば登山届ポストがある
CIMG8485.jpg

CIMG8486.jpg

CIMG8489.jpg

ナンノキ平
巨大な木だ何の木か??。調べたらミズナラの巨木らしい。
CIMG8491.jpg

正面のピークが野江股ノ頭
CIMG8492.jpg

山頂 このまま進めば池木屋山
CIMG8496.jpg

野江股ノ頭  三角点
CIMG8497.jpg

CIMG8502.jpg

CIMG8503.jpg

CIMG8504.jpg

CIMG8506.jpg

CIMG8508.jpg

白倉山 池木屋山・迷岳・古ヶ丸山の分岐点
CIMG8509.jpg

山頂全景
CIMG8510.jpg

CIMG8511.jpg

CIMG8515.jpg

CIMG8516.jpg

大熊谷ノ頭  迷岳はすぐ近くだ。反対側へ下り庵ノ谷林道へ
CIMG8517.jpg

CIMG8518.jpg

すこし下ると右手にフェンスが現れる、フェンス沿いに下る
CIMG8519.jpg

庵ノ谷林道に飛び出す。この林道かなり上まで来ている、と言うことは林道歩きが長い
CIMG8520.jpg

CIMG8521.jpg

庵ノ谷林道をやっと下った。あとは蓮川沿いに駐車地まで・・・長い・・・
CIMG8523.jpg

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫