宮ノ谷~池木屋山~赤倉山(赤嵓山)2012.11.4

 2012-11-05
最近は家庭菜園のアシスタント業が忙しく思い通りに山へ行けない日が続いていたが(何日や・・)
やっと玉ねぎの植え付けも済み、久しぶりの山へ??。

昨年の10月以来2度目の池木屋山へ行ってきた。
宮ノ谷渓谷は中々面白い変化に富んだ良い所だ、1年に1回は行こうと思っている。
夏はヒルが多いので行けないが、ここはお気に入りの場所だ。

谷から一気に登る(急坂)池木屋山は今回もへろへろになったが山頂の斜面に寝転がり太陽に当たり
疲れが取れたので、今回は少し足を延ばして、赤倉山まで行ったが、赤倉山の山頂は何も無い所だった。

霧降山まで戻り、宮ノ谷尾根コースで下山したが、とちゅう三重県松阪市の山岳救助隊の皆さんに逢い。
フェンスの所から林道までモノレール?に乗せて頂いた。
急坂なので少し怖かったが良い経験をした。楽ちんだった。
救助隊の方の話によれば2週間前、この隣の谷「奥の平谷」の滝で滑落事故があったらしい。

宮ノ谷も下山は尾根コースを下れば安全だが、宮ノ谷から池木屋山ピストンは疲れた足で高滝の巻道を下るのは
危ないので、出来るだけ尾根コースで下るようにとの事だ。

紅葉は上はもう落ちて何もない、途中にそれなりのがあったが、皆さんの紅葉写真で満足していたので別に残念とは思っていない(ほんまか??)。



最後の尾根から林道まではモノレールです。登山道は林道に向かい右側にマーキングがあると思う
池木屋山


宮ノ谷渓谷は高滝までは、水量豊かな奇岩、絶壁の続く、そこそこ整備されたハイキング道だ(所々崩壊している所は河原の岩の上を歩くが)
CIMG7442.jpg

所々岩の上を歩く
CIMG7444.jpg

CIMG7445.jpg


高滝の巻道にある注意書き
CIMG7452.jpg


巻道からの高滝
CIMG7453.jpg


高滝の巻道 足を滑らすとアウトだが、普通に歩けば滑らないと思う
CIMG7455.jpg
巻道途中のお地蔵さん
CIMG7456.jpg

猫滝??(地蔵さんから撮る)
CIMG7457.jpg


谷から池木屋山への登り ほぼ山頂まで急坂だ
CIMG7463.jpg

所々紅葉もあった
CIMG7465.jpg

CIMG7467.jpg

CIMG7469.jpg


池木屋山 頂上三角点
南側の斜面の落ち葉の上で30分ほど昼寝と言ってもまだ10時30分
時間も早いので今日は赤倉山まで足を延ばそう
CIMG7470.jpg

CIMG7472.jpg


これが池か??
CIMG7474.jpg

CIMG7475.jpg

奥の平峰 
CIMG7483.jpg

あの山は何?気になった、斜面が綺麗だ
CIMG7484.jpg

千里峰
CIMG7487.jpg


赤倉山 頂上と言っても縦走路上のピーク、神戸の何とか山の会の人が7人いた。
今日会う人はこのグループのみ。ちなみに山の会の皆さんとは登山口で挨拶ずみ、駐車地手前2~200mの所で
追いつかれた車のグループ2台で駐車地に着くと即登山開始、すでに車に乗っている時からヘッテン装着
やるき満々の方たち、ちなみに今5時30分真っ暗だ45分にスタートした、私は明るくなるのを待ってスタート6時15分
このグループに追いついたのは高滝の巻道途中、休憩していた。
池木屋山で落ち葉の上で寝ていたら、バンダナショットで全員写していた黄色の生地に何とか山の会??と
コースは私と同じで下山は尾根コースとの事。私はトットト引き返したが休憩していた。
CIMG7488.jpg

CIMG7489.jpg

CIMG7492.jpg

CIMG7493.jpg


霧降山  宮ノ谷尾根コース 
CIMG7496.jpg

ワイヤーロープを食う木
CIMG7497.jpg

動物のよう
CIMG7501.jpg

ヘリポート
CIMG7504.jpg

標高が低くなって紅葉もそれなりに綺麗だった
CIMG7507.jpg

CIMG7510.jpg

CIMG7511.jpg

コブシ平 ここで松阪市山岳救助隊の人と出会う、今日はヘリポートの見回りとフェンスまでの案内のテープ(登山道と印刷した黄色のテープ)を貼っていた、この方々は今日人に会うのは2人目との事、その方は昨日からのテン泊らしい
そう言えば無人の車が駐車地にあった
CIMG7515.jpg

フェンスの扉(登山者用)これを見逃すと大変なことに・・・
CIMG7516.jpg

フェンスから林道までモノレールで、物凄く急なので少し怖かったが、楽ちんで林道へ
CIMG7517.jpg

CIMG7524.jpg

CIMG7525.jpg

CIMG7526.jpg

駐車地 休日だから今日は多い方だ
CIMG7527.jpg

登り:宮ノ谷渓谷~池木屋山~霧降山~赤倉山~霧降山
下り:霧降山~(宮ノ谷尾根コース)
タグ :
コメント
ラッキーでしたね!
段平さんが怖いとおっしゃるくらいだから余程の急傾斜なのですね。

母公堂のおじさんに聞いたところでは、
山上ヶ岳に行くモノレールは1人5000円だったような。

高滝の高巻きは下を見ただけでクラクラっとしそうです。(泣)
【2012/11/05 11:43】 | 産六 #HfMzn2gY | [edit]
段平さん、こんにちは。

台高の盟主と言われる池木屋山には、ぜひそのうちに登りたいと思っています。
このコースで何Kmくらいになりましたでしょうか。
ドッサリ滝までは行ったことがあるので、
懐かしいお写真に誘われているようでまた行きたくなって参ります。

山頂辺りでは綺麗に輝く紅葉も見られたようですね。
モノレール乗車とは羨ましいです。
【2012/11/05 18:09】 | ke-n #- | [edit]
ちょうどタイミングよく載せてもらいました。
ちょっとスリルのある乗り物でした。

高巻は実際には大したことはありません。
誰でも登れますよ。
【2012/11/05 21:14】 | 段平 #- | [edit]
こんばんは。
これで12~13キロです。
谷から山頂までは急登ですが
その他は楽しく歩けるハイキングです。

モノレールはラッキーでした。
【2012/11/05 21:18】 | 段平 #- | [edit]
段平さん、こんばんは。

モノレール、山にそんなのがあるんですね!
載せてもらえるなんて、そんなことあるんですね!

池小屋山、山奥感があり是非登ってみたいと思っているのですが、
もうちょっと経験値を積んでから行く山かなと思っています。(特に冬は)
毎年登られてるなんて、さすがですね。

写真7492は山肌全体が紅葉して僕好みですw
【2012/11/05 22:31】 | COOPER #- | [edit]
おはようございます。

松阪市の山岳救助隊用のようです。
山岳救助隊と言っても市役所の職員のようですが
富山や長野の警察の山岳救助隊とはちょっと違いますが。
それでも下山しないと連絡があるそうです
だいたい夜8時ごろだそうです。
お世話にならないよう気をつけたいですね。
それには早立ちが一番だと思います(歳ですから朝は早いです、笑)
【2012/11/06 08:00】 | 段平 #- | [edit]
段平さん

久々の山歩き。
爽快な一日を過ごすことができましたね。
中腹の紅葉が綺麗ですね。
それにしても本州の山は深い。
道を間違うと大事になりそうな感じがします。
【2012/11/06 15:01】 | トレッキング #- | [edit]
こんばんは。
紅葉も最後の残葉?がありました。

気持ちの良い山歩きが出来ました。
【2012/11/06 23:20】 | 段平 #- | [edit]
なつかしいです。
危険な旧道の高滝から登って、ネットをくぐってこちらに下山しました。
一昨年のことになります。
その頃にはモノレールは無かったような気がします。
一度乗ってみたいです。
ネットからの駐車地まではけっこう距離があった記憶があります。
【2012/11/07 21:46】 | キバラー #oWMM.ioY | [edit]
池小屋山には行った事がありませんが、山深くて良い所の様ですね。
しかしモノレール乗車とは貴重な体験ですね。
良く山の中でモノレールの軌道を見かけることはありますが、乗ることが出来る事は
滅多に無い事だと思います。最近膝の調子の良くない私は是非乗りたいと思ってしまいます。
【2012/11/07 22:07】 | hawks #Si8ZmVdM | [edit]
こんにちは。
そんなに前でしたか、その記事を見て私がのぼったのが昨年です。

ネットから林道まで急坂で距離もかなりありましたね。
ラッキーでした。貴重な体験ができました。
モノレールに乗れるには、みかん、柿農家くらいでしょうから(笑)
【2012/11/08 15:41】 | 段平 #- | [edit]
こんにちは。
ほんと。貴重な体験でした、少し怖いですが、急坂をガタガタと
モノレールのシートは前向きに設置しているので、下りは後ろ向きに乗ります
体が反り返り・・・。

hawksさんは膝ですか、私は腰ですヘルニアは厄介で中々思うように歩けません。
【2012/11/08 15:47】 | 段平 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://cosmos728.blog90.fc2.com/tb.php/369-c11e48a9

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫