鳳凰山(夜叉神の森登山口から三山縦走)2012.9.10~11

 2012-09-12
南アルプス北部にある鳳凰三山は白砂巨岩の神秘な山々です。
360度の展望は優美な富士、迫力の北岳、八ヶ岳、秩父連山、晴れた日には遥か駿河湾まで見渡すことが出来る。
鳳凰三山は北から地蔵岳(2764m)観音岳(2840m)薬師岳(2780m)の三山で構成されています。
特に地蔵岳の山頂部にあるオベリスクと呼ばれる巨大な尖塔は、鳳凰三山の象徴的存在です。


らしい。


アクセスは遠いの一言。以前来た時(北岳、間ノ岳縦走)はナビが壊れ散々な目にあいましたが、今回は順調に
登山口、夜叉神の森へ到着。
夜叉神の森は南アルプス林道通行止めゲート前(この先マイカー規制)にありトイレや自販機もある無料駐車場。


1日目 夜明けと同時にスタート、夜叉神峠へ向かう。急坂が続く、ブナやミズナラ林を約1時間登ると夜叉神峠に着く、山小屋があり広場から白根三山(北岳、間ノ岳、農鳥岳)の眺望が最高だ。
峠からも樹林帯を登ると杖立峠に着く。その先もひたすら原生林の中を登り詰める。息を切らしながら登り続けると苺平のコルに着く。あとは南御室小屋までは緩やかな下り坂だ。南御室小屋にはテント場もあり小屋の横には
南アルプスの天然水が湧き出ている。冷たくて最高に美味しい。小屋の前で休憩、少し早いが昼飯を食べる、と言っても途中コンビニで買ったパンだが。
小屋裏から急登になり、森林限界を超えると展望が開け(ここまで、6時間チョイほぼ無展望の森林の中を登った)砂払に着く。砂払を少し下ると薬師岳小屋がある。宿泊手続きを済ませ荷物を小屋に置き薬師岳へピストン、明日の朝は早く立ち次の観音岳で御来光の予定なので暗いなか薬師岳を通過するので今日登った。

2日目 予定通り薬師岳~観音岳まではライトを頼りに歩き。御来光は観音岳山頂、観音岳は三山の最高峰でさえぎる物の無い岩峰からの眺望は一級品。
観音岳からは岩稜が続くガレ場を下り稜線沿いに赤抜沢ノ頭へ向かう。山頂から賽ノ河原に降りる。数多くの地蔵さんが祭られている。ここからオベリスクに登る(途中怖くて残念)。この時若い人や(大学生くらい)沢山いてる中で一人だけ登頂成功、40代後半くらいの男性、聞く所によるとクライミングの経験者らしい。
最高にカッコよかった。連れの連れさんなら簡単に登頂出来るだろうと思った。
私もトライしたが最後の岩は怖くて残念。
ここはクライミングの経験があるか腕力でよじ登るかだが、悲しいかなどちらも無い。。
今回の山行き、この岩をよじ登るだったが怖かった。残念無念。。。

これで今回の山行は終わりのような気分になったが、この先 高嶺山頂からの激下り、白鳳峠から広河原までの激下りでヨレヨレ状態で広河原に到着、と同時に雨 よかった雨にあわずに。
広河原からは乗合タクシーで登山口、夜叉神の森駐車地へ。。芦安温泉で汗をながし、片道460キロの大阪まで帰る。大阪到着深夜0時過ぎ(高速深夜割引狙い)。。


ほうおうざん


下の3枚は下山後 広河原アルペンプラザに貼っていたポスターを写した。
CIMG6990.jpg

CIMG6991.jpg

CIMG6992.jpg



拡大 + すると南アルプス林道(バス道)が見える


夜叉神の森 登山口
CIMG6820.jpg


夜叉神峠 白根三山 右から北岳、間ノ岳、農鳥岳 (山小屋前から)
CIMG6822.jpg

CIMG6831.jpg


夜叉神峠と ここだけ展望あり(杖立峠??)今日はほぼ無展望の森林の中をひたすら登る
CIMG6833.jpg


苺平 ここから下り
CIMG6835.jpg


綺麗なおねえちゃんが薪割り、カッコ良い。
今日泊まる山小屋には水がないので小屋の横の湧水をボトルに入れる。兎に角美味しい水だった
テント場もある。
小屋の裏から激登り・・・(流石に南アルプスの山小屋って感じ、北アルプスのオシャレな小屋とは・・・)
CIMG6838.jpg


砂払山 やっと森林限界を超え展望がひらけた
CIMG6854.jpg


砂払からの薬師岳 (薬師岳小屋は砂払山と薬師岳のコルにある)
CIMG6862.jpg


明日この山は暗いうちに通過するので今日登った(小屋にチェックイン後)
CIMG6875.jpg
CIMG6882.jpg


今日の宿 薬師岳小屋(シブイ)小屋に入ると・・・やめとこう想像にまかせます 南アルプスです。
案外好きですこの感じ。。
CIMG6887.jpg


2日目 予定通り御来光前に観音岳 眺望は一級品。
薬師からくる途中南の方で稲光、目線の下に見るのは初めての経験
CIMG6897.jpg


北東に八ヶ岳
CIMG6904.jpg


南に薬師岳と富士山
CIMG6912.jpg


東に浅間山か?な?
CIMG6917.jpg


西に 北岳、間ノ岳、農鳥岳(3000m級の山々)
CIMG6919.jpg


北は稜線続きの甲斐駒ヶ岳
CIMG6920.jpg



CIMG6928.jpg


地蔵岳(オベリスク)
CIMG6941.jpg


オベリスクの上に立っている最高にかっこいい拍手先端は1mほどの広さ風が強いのに立った。。
連れの連れさんなら登れそう。
下には大勢のギャラリー全員拍手と歓声
CIMG6949.jpg


私もトライ(相方撮影 ブルーのシャツ)登る前にやめとき登れるわけないやんと・・・登ってみないと分からないと私
IMG_3993.jpg


グリーンのシャツの人の上にブルーのシャツは私。ここまでは何とか登れたが怖いこの先残念。
後で先端に登った人はクライミングの経験者とのこと。先端に登れるのはクライミングの経験が少しでもあるか
または腕力で登るかどちらも無い私は無理。この山行の目的はオベリスクに登るがテーマだったがあえなく撃沈
誰かリベンジを・・・。
IMG_3994.jpg


中央の岩が先端部です
CIMG6950.jpg


上から下の赤いシャツのおばちゃんは相方
CIMG6951.jpg


賽ノ河原から甲斐駒ヶ岳
CIMG6960.jpg


高嶺への登り
CIMG6966.jpg


高嶺から広河原(北岳、間ノ岳の登山口)
CIMG6970.jpg


仙丈ヶ岳
CIMG6973.jpg


高嶺 山頂
CIMG6976.jpg


山頂から激下り(岩場)白鳳峠
CIMG6979.jpg


広河原への下り
CIMG6980.jpg

CIMG6981.jpg


相方
CIMG6985.jpg

CIMG6986.jpg

CIMG6987.jpg
白鳳峠からの下り約2時間の後半は大峰 行者帰小屋の裏のザレ場のような所を約1時間激下り
疲れました。。


広河原アルペンプラザ 乗合タクシーで駐車地 夜叉神の森へ
料金は終点 芦安駐車場までと同料金(1100円)で乗れる、ちなみに甲府行きバスで夜叉神バス停まで950円 タクシーは9人乗り人数が揃うと発車
このタクシーにイケ面の若い男性が2人乗って来た。テレビでよく見る顔だが名前はわからない。
北岳からの帰りだと思う。
CIMG6994.jpg

タグ :
コメント
鳳凰三山、ですね!
いや〜、実は先々週に行く予定していたら
長期予報では晴れだったのが雨予報に突然変わって断念。
9月は他の予定が入って次回のチャンスは今月末と来月初めのみ。
行けるかどうかは天候次第なので、
いいお天気に恵まれた段平さんが羨ましい。(^^

夜叉神峠から南御室小屋でテン泊予定なので
ご来光が見られないのが残念ですが、
(雲海に浮かぶ朝焼けの八ヶ岳に富士山、見たいなぁ...)
薪割りの綺麗なおねえちゃんが楽しみです。

相方さんが遥か下だからけっこう登られてますよね。
先端に立ったニイちゃんは凄い!
【2012/09/12 16:22】 | 産六 #HfMzn2gY | [edit]
そうなんですか予定していましたか。
南御室小屋でテン泊ですか、水はうまいし、ねえちゃんは綺麗、
テントを担げる人は尊敬します。私のテントは押し入れで泣いています。

テン場はフラットで良さそうでした。景色は360度 森ですが
きっと星が綺麗だと思います。

小屋の標高は2400mだったと思います。寒いので防寒対策はぬかりなく。
オベリスク リベンジお願いします。。
【2012/09/12 17:14】 | 段平 #- | [edit]
鳳凰三山でしたか
我々も狙ってるとこです
クライミングとはオベリスク挑戦だったんですね
確かに我々の周りの方々は行けそうですね
私は無理ですが(笑)
お天気に恵まれ最高でうらやましいです
【2012/09/12 18:21】 | 連れ #- | [edit]
こんばんは。
天気は最高でしたが、悔しいです~(笑。

登れそうですが上へ行くと足がすくみます(涙。

是非リベンジを・・・。。
【2012/09/12 20:18】 | 段平 #- | [edit]
すばらしい展望に最高の天気!
私も今シーズン歩いてみたいと思っていました。
特にオベリスクははじめて写真を見たときは「怖っ」って思いました。
夏~秋はやっぱり3000m級のアルプスを歩いてみたいです。
また登る時は参考にさせていただきます。
賽ノ河原ってあちこちにあるんですね。
恐山みたいですね。
【2012/09/12 21:05】 | キバラー #oWMM.ioY | [edit]
段平さん

こんばんは。
南アルプスレポ、楽しませて頂きました!
夜明けの北岳、間ノ岳、最高ですね!
僕は来年南デビューするつもりです(笑)

オベリスクは残念でしたね、上から撮られたお写真は高度感が凄く出てますね。
これを見て僕も無理だと確信しましたw

3連休はどの山に登るかまだ決められないでいます。
紅葉を見たいのですが少し早そうだし、、、今年は紅葉してくれますかねw
【2012/09/12 21:48】 | COOPER #- | [edit]
こんばんは。
2日共午前中の天気は最高でした午後にガスるのは当たり前ですから
暗いうちから行動していました。
賽ノ河原は御嶽山にもありましたねぇ、あちこちにあるのでしょうね。

高嶺山でキバラーさんに似ている人にあいました。
長野がわ戸台から北沢峠までバスで甲斐駒に登りアサヨ峰~早川尾根小屋にテン泊今日は
鳳凰三山をめぐり南御室小屋でテン泊すると言って大きなザックを背負っていました。
キバラーさんはテン泊ですねぇ、羨ましいです。
体力があればテン泊したいのですがどうしても山小屋に泊まります。
【2012/09/12 22:07】 | 段平 #- | [edit]
こんばんは。
ほんま残念でした。私ごときが登れる所と違います。
今年は紅葉期待できると思いますよ。
薬師岳小屋では寒くてシャツを全部来て寝ました、小屋の中も
外と同じくらい寒かったです(涙。
紅葉・・・どこがいいでしょうかね~・・・。
【2012/09/12 22:12】 | 段平 #- | [edit]
段平さん、おはようございます。

朝の雲海に浮かぶ、四方の山、山、山。
西側には朝日も当たって、
素晴らしい展望が楽しめましたようで羨望です。
こういう景色があるから、やはりアルプスは大きいですね。

オベリスクはお写真で拝見しただけで、お尻がすぼみましたので
絶対に無理です(笑。
【2012/09/13 09:19】 | ke-n #- | [edit]
こんにちは。
展望と天気は最高でした。

星も綺麗でしたが、写せません、真っ黒な画になりました(泣。
写真は難しくもっぱらオート専門です。
上手い人は(ke-nさんやCCOPERさん)夜間も綺麗に撮れるので
羨ましく思っています。
花の写真もずいぶん撮って帰りますが、ほとんどが葉にピントが合って
かんじんの花はピンボケです。
夜と花が撮れると最高ですが・・・


オベリスクは高度感抜群で怖かったです。
下からみると登れそうですが。。
【2012/09/13 11:32】 | 段平 #- | [edit]
鳳凰三山イイですね!
このコース。20kmもあるんですか。
重い荷物を背負ってだとけっこうキツいかもしれませんね。

それはそうと昔は広河原まで車で行けましたよね。
親父と甲斐駒手前の駒津峰まで登った時は
広河原~北沢峠でバスに乗ったと記憶しとります。
【2012/09/14 00:25】 | おのFあびこ #qr7mm/lQ | [edit]
おはようございます。
薬師岳までは辛いですが、その先の縦走はアップダウンが緩く快適です。
そのまま先へ進めば駒津峰に到着です。甲斐駒を登り駒津峰から縦走中の人にあいました。
今の私はテントを担いで縦走は無理ですが、あびこさんの様に若い人は十分可能かと思います。

10年前(もっと前?)は広河原まで乗り入れ可能でしたが、今はゲートがありマイカーは通年入れません。
ゲートは夜叉神峠、早川側も野呂川発電所付近から、長野側は戸台ゲート、どこから行っても車はむりです。

今もバスは広河原~北沢峠は走っています。山梨側から甲斐駒はこのほうが便利なんでしょうか。

それにしても登山歴はかなりのものですね~子供のころからビックリしました。。
【2012/09/14 07:29】 | 段平 #- | [edit]
ご来光の写真素晴らしいですね♪
私は登れても降りれません(笑)
南アルプスは仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳しかいっていないので、北岳とここに要ってみたいです!
【2012/09/14 11:36】 | 連れの連れ #- | [edit]
段平さん

元通り、元気になられて何によりです。
本州の山は懐が深くて険しい山ばかり。
素人の私には夢の夢。

美しい画像をありがとうございます。
これからも楽しみに拝見させていただきます。
【2012/09/14 11:41】 | トレッキング #- | [edit]
連れの連れさんなら登れます。

天気がよく御来光も綺麗に見え最高でした。

中央アルプスは木曽駒~宝剣~空木縦走ですか?
私も5年位前縦走しました。気お付けて行ってらっしゃい。
【2012/09/14 19:15】 | 段平 #- | [edit]
こんばんは。
早く元通りの体になりたいと思いますが
時間が相当必要だと思います。

天気は2日共良かったのでたすかりました。
下山と同時に雨でした。。
【2012/09/14 19:19】 | 段平 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://cosmos728.blog90.fc2.com/tb.php/359-d3888d04

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫