白鬚岳(台高山脈)東谷出会~ピストン2012.3.14

 2012-03-14
最近休みの日は天気が悪く、たまの晴天は家庭菜園が忙しく10日ほど山に登っていませんが
今日は快晴の中、以前から気になっていた白鬚岳に行って来ました。


国道169号線、上多古バス停横の橋を渡り右折し10分ほどで神之谷林道、東谷出会登山口に到着、少し広い所に車を停めてスタート
5分ほど林道を歩くと道順の標識がある、沢を渡れば登山口だ。沢を4回渡り返して登って行くと正面に滝が現れる、滝を巻きながら登って行く、最後の水場を右手に見送り尚登って行くと滝の上(横)に出る。
滝を過ぎると植林の急坂だ、ジグザグに登って尾根へ、そこから小白鬚までは緩やかな登りだが小白鬚から折角登ったのに下りになり、その後は崩壊した細尾根でアップダウンの繰り返し、一番の核心は白鬚岳の手前ピークだ
壁の様な所を這い登るやっと登り山頂かと思うと白鬚は又下って登り返しの先だ。

けっこうハードな山登りだったが、面白い山だった。


この近くに車を停め、林道へ
前に何処かの林業会社の広場があるがロープでさえぎり立入禁止の看板がある、この看板の横も広いが吉野警察の
駐車しないで下さい、の看板(駐車禁止でなく協力?)その他の路肩に停めれば問題ないと思う、私も停めて登った。
CIMG5925.jpg


沢を渡り返すと崩壊の跡?岩のゴロゴロした所を進む
CIMG5929.jpg


林道終点で沢を渡り登山口へ(沢は4回渡り返す)
正面に滝が現れる、この滝は巻いて登る、途中足を滑らすと滝壺まで落ちる所があるが岩を掴みながら渡ると問題ないと思う
CIMG5931.jpg


最後の水場
CIMG5932.jpg


水場を過ぎ滝を巻き、急登の植林をジグザグに登れば尾根へ出る
CIMG5938.jpg


尾根の分岐
CIMG5940.jpg

CIMG5947.jpg


尾根へ出ると樹氷が綺麗だ
CIMG5953.jpg


ほぼこの様な細尾根をアップダウンを繰り返しながら進む
CIMG5957.jpg

CIMG5959.jpg

CIMG5961.jpg

CIMG5963.jpg

CIMG5968.jpg


白鬚岳山頂
 ここはとんでもない急坂でおまけに雪、岩と木の根に掴まりながら 這いつくばって登ったので
写真は無い、登りながら下りはヤバイな~と思っていたが、案外簡単に下れたが写真は撮る余裕なし(笑)

山頂の標識は誰かの個人的な物だ(登山家??)
CIMG5970.jpg

よって隣にあった三角点
CIMG5971.jpg


山頂から大台ヶ原方面
CIMG5972.jpg


下山中の景色
CIMG5980.jpg


振り返り 白鬚岳
CIMG5981.jpg

同じ所から 小白鬚
CIMG5983.jpg

CIMG5986.jpg

CIMG5988.jpg


小白鬚から??特定出来ず
CIMG5990.jpg


小白鬚
CIMG5991.jpg



GPS 軌跡
しらが


長さ   8.1Km
最高標高 1368m
最低標高  440m
上り   1165m
下り   1059m
白鬚岳高度
タグ :
コメント
青空、樹氷、さらに見通しよしで最高の山日和ですね。
白鬚岳も気になってましたが、滝を巻くクダリには・・・。
脅かされたので、ちょっと脇に置いときます。(笑)

私も先週ジャガイモを植え付けました。
庭先のちょっとした家庭菜園ですが、それでもこの頃は忙しいですね。
【2012/03/15 09:37】 | 産六 #HfMzn2gY | [edit]
産六さん
滝を巻くクダリはチョットオーバーに書いています、雪が無ければ何でもない所です。

そうですか家庭菜園をやっているのですか、これから草取りが忙しくなりますね。
えっ・・・庭で・・・私の家の庭は狭くてとても菜園は無理です。羨ましい。。。
【2012/03/15 11:52】 | 段平 #- | [edit]
白鬚…なんと読むのでしょうか??
山高(2010)では(アサクラ山)という呼び方も書いていますね。
ここも行ってみたいな~と思って地図を眺めていたことがありますが
結構歩く感じですね。

今年は寒さがしぶとい気がするのですが…。
【2012/03/15 22:24】 | COOPER #- | [edit]
COOPERさん
「しらひげだけ」と思います。
是非行って下さい、お勧めします。
ここも台高ですので夏はヒルが出るのですかねぇ?
秋が良いかと・・・

雪は想定外に多くビックリしました。
【2012/03/16 07:19】 | 段平 #- | [edit]
アサクラ山・・・たしかに地図にそう書いていますね。
気になって調べてみると「しらひげだけ」の事を「アサクラ山」と呼ぶそうです。

「アサクラ」って木の名前ですか??
【2012/03/16 07:36】 | 段平 #- | [edit]
山頂と登山口の気候が
ものすごく違いますね。
登山口は春。
山頂は厳冬の真冬。
・・・山の大きさに驚かされますね。

【2012/03/16 13:20】 | トレッキング #- | [edit]
トレッキングさん
本当ですね~登山口は春でしたが
途中から真冬になりました。
でも尾根に出ると日があたり汗ばむくらいでした。
今年はいつまで雪が降るのでしょう?か。
【2012/03/16 23:17】 | 段平 #- | [edit]
良い天候ですね♪
最近雪山は終わって暖かな方面に繰り出してます(笑)
下りは恐いと思ったらロープがあれば結構楽勝ですよ!
私らすぐにロープ出します。
【2012/03/17 12:03】 | 連れの連れ #- | [edit]
連れの連れさん
ロープですか、情けない事に使い方が分かりません。
その辺にある木か岩にかける?下る距離の倍の長さが必要ですか?

私は和歌山、兵庫は物凄く遠く感じ、中々行けません。
その他の関西の山、参考にしたいので、アッと驚く山に行ってください
昨年?一昨年?の宇治の何とか寺の行場巡りのような。
真似して行きましたけど。。

【2012/03/17 13:47】 | 段平 #- | [edit]
すっかり暖かくなりましたが、
1400m近くまで登ればまだ霧氷を見ることができましたか。
「注意」の看板のところはなかなか険悪ですね。

山頂の個人的な何とかは今西錦司関係のものでしょうね。
今西さんといい梅棹忠夫さんといい、
学者でありながら山にも盛んに登られたようですね。
僕も見習いたいものです。
【2012/03/17 14:47】 | おの@あびこ #qr7mm/lQ | [edit]
おの@あびこさん
今調べてみたら高名な学者ですね。岐阜大学入学の動機が山があるから。

山頂に上がると正面に「白鬚岳」標高、側面に今西錦司先生1500山登頂・・・
もう1方の側面に「一山一峰に偏せず 一意一私に偏せず」

先生と書いているので自分で建てたのではなく、お弟子さんか何か??と

まさか学者の先生が1500山とは思いもせず。てっきり登山家と思っていました。

知っていれば全面写真に撮ったらよかった。

登山もプロのようですね、この先生。。尊敬しますね~。
頭も一流 登山も一流。頭の方はもう手遅れですが山登りだけでも、少しでも近づきたい物です。。

勉強の方も頑張って下さい。息抜きに登山も・・・
【2012/03/17 18:38】 | 段平 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://cosmos728.blog90.fc2.com/tb.php/323-94eef2fb

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫