葛城山 2012.3.1

 2012-03-02
3月1日、今日は昼過ぎから仕事。普通なら家でじっとしているのだが、3月2日の休みは雨の予報だ
明日雨では山も行けない、と言うわけで近場の山へ行って来ました。

いつものように水越峠に駐車して、天狗谷コースで山頂へ、天気は薄曇り見通しはかなり良く大峰やその他の山も良く見えた(その他とは悲しい事に特定出来ない)。

山頂から葛城ロッジの方へ行き、ロッジ横から櫛羅の滝コースで一度 奈良側へ下り、北尾根コースで登り返し
ダイトレへ、山頂の方へダイトレの階段を登り、キャンプ場より天狗谷コースに入り下山する。

アホみたいなハイキングだ。

中途半端な雪のため滑って歩くのが大変だった。蛇の目でお迎え、状態だった。

天狗谷コース
CIMG5883.jpg

CIMG5885.jpg


葛城山 山頂
CIMG5889.jpg


山頂から
CIMG5890.jpg

CIMG5891.jpg


高原ロッジと大峰山脈
CIMG5892.jpg


ロッジからの金剛山
CIMG5897.jpg


櫛羅の滝コース登山道
CIMG5898.jpg

CIMG5899.jpg

CIMG5900.jpg

CIMG5901.jpg


櫛羅の滝
CIMG5902.jpg


分岐を北尾根コースで登り返し
CIMG5903.jpg


北尾根コース展望ベンチからの大峰山脈
CIMG5909.jpg


北尾根コース登山道
CIMG5910.jpg


ダイトレとの分岐
CIMG5911.jpg


ダイヤモンドトレール登山道
CIMG5914.jpg

CIMG5915.jpg


GPS 軌跡
かつらぎさん


葛城高度
タグ :
コメント
強烈な山行ですね。
以前にもされてましたよね。
というか昼過ぎから仕事で、早朝にこの行程を行かれたってことですよね?
素敵過ぎます!!!
北尾根ベンチの展望…いいポイントですね。
【2012/03/02 00:47】 | COOPER #- | [edit]
山頂から見えているのは畝傍山ですか?
いい雰囲気の写真ですね。

北尾根コースの登り返し、あれはしんどいですね。
それだけでも1日くたくたになるのに午前中にこなされたとは...!
葛城山に思いのほか雪があったのはびっくりしました。
【2012/03/02 07:18】 | 産六 #HfMzn2gY | [edit]
昨年も同じようなコースで行きました。
その時より若干短いと思います。

近場の山に行くのに恥ずかしいほど早朝から・・・

天気はイマイチでしたが、展望は最高でした
山名と場所を勉強しなくては、どこの山かサッパリわかりません。
【2012/03/02 13:20】 | 段平 #- | [edit]
そう言われてみれば、手前の山は畝傍山ですね。

私も雪の葛城山にビックリしましたが。
グチャグチャで滑るし最悪でした。
【2012/03/02 13:25】 | 段平 #- | [edit]
こちらは朝から雨。
近所のホームグランド行きも中止。
一日中、コタツの番人をしてましたが、
昼過ぎに温泉に行ってきました。
帰りは、大分名物「鳥天」を食べ、
疲れを癒しました。

段平さん

体調は完全にリセットされましたね~。
何時もながらハードスケジュールに感服です。
【2012/03/02 16:53】 | トレッキング #- | [edit]
こんばんは。

大阪も朝から雨でした。

温泉ですか、本物の温泉。羨ましく思います。

鳥天ですか、美味しいでしょうね~
私は大分でも田舎でしたので食べた事がありません。。
【2012/03/02 21:10】 | 段平 #- | [edit]
私の中では葛城山はダイトレチャレンジの通過点と化しております(笑)
一度まともに山頂を歩いてみたいとは思いますが・・
【2012/03/04 16:57】 | 連れの連れ #- | [edit]
これだけの標高を登り返すってのが、さすが段平さんですねえ。
ちょっとしたお散歩がこれでは我々はついていけません(笑)
【2012/03/04 17:30】 | 連れ #- | [edit]
たしかにチャレンジ登山の通過点ですが
山頂は気持ちがいいですよ。
ツツジの季節に是非登ってください。
綺麗ですよ、難点は人が多過ぎますが。
【2012/03/04 20:20】 | 段平 #- | [edit]
中途半端な山ですねぇ
中途半端な山登りでした(汗)。

雪も中途半端でしたが、景色は最高でした。
【2012/03/04 20:39】 | 段平 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://cosmos728.blog90.fc2.com/tb.php/321-8463e417

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫