迷岳:台高山脈(樹氷と氷漠)2012.2.17

 2012-02-17
昨年6月以来の台高山脈、迷岳へ今回は登りは前回と同じ岩場の飯盛山から山頂へ。下りは今回初めてのコース
布引の滝コース。

登りも下りもかなりのハードコースだ。

駐車地の前に橋があり橋の横に登山届ポストがある。橋を渡らず川沿いの荒れた道を行く、段々道幅が狭くなり
荒れた沢を二か所横切り進んでいくと、前方行き止まり、右飯盛山の標識がある。ここからテープを頼りに急な
道を登って行く、最初は手入れをしていない植林の中だが途中から自然林になり、此処からは岩場をよじ登る
所々ロープもある、この山は足の短い私の様な人は少しハンデがある(笑)。迷岳まで大きなピークが三か所あるので、ピークから次のピークまでの登り返しがキツイ(折角這うように登ったのに下りがあり・・・)
迷岳の由来は良く迷うから?らしいが、まず迷う心配は無い。テープが導いてくれる。
それよりも岩場の登りは注意が必要だ、しつこい様だが足の短い人は岩場で苦労する、これも又楽しいが。
この山の登山道は自然そのもの、ほぼ人の手は行ってない、細尾根の稜線も木と木の間を縫うように歩かなくてはいけない、これは背の低い人が有利かかも。
迷岳手前で、最後の急登りがある、登った所が迷岳山頂だ展望はほぼ無いがかなり広い、休憩には最高だ。
途中の道にシャクナゲが有ったので春には綺麗だろう、夏はヒルがいてるので来れないが。

下山は最後の急坂を下って行くと地図では迷いマークの所にでる。ここはかなり広いので方向が分かりにくいが
テープを見落とさないように歩けば問題ない。布引滝へは細尾根の急斜面を下って行けば滝の上に出る、登山道は
滝の横を下り段々滝から遠ざかるので適当な所から滝へピストンすればよい(足元が不安定なので注意)

滝の下に下りてみると沢山の足跡があった、今日は貸し切りだが、この滝に来るのには蓮ダムから近いのでそちらから来るのだろう。残念だが完全氷爆ではなかったが十分綺麗だった、滝から元の登山道に上がり、ダムの方へ下って行くのだが、山を巻くように歩くので中々標高が下がらない、何処まで横へと思うほど、道は最悪ザレや崩壊
涸れ沢、腐った橋など色々あり気を抜けない。そんなこんなで作業小屋まで下って来た。
この小屋から本格的な下りだ今度は反対側の巻くように歩く、最後は鹿よけネットに沿いながら下るとダムサイドだ、左に立派な橋があるので渡り、川沿いの車道を40分歩くと、駐車地のホテルスメール前だ。

雪は少ないだろうとの予想通り、飯盛山は積雪なし、迷岳の登りから足首までの積雪があったが、表面が凍って
アイゼンが良く効いた。。

7時30分スタートして15時30分車まで帰った、ちなみに休憩は合計30分ほど、滝で時間を取ったが
久しぶりに疲れた山歩きでしたが、来てよかったと満足の迷岳だった。。

前山の飯盛山
CIMG5731.jpg

登山口の写真を忘れたので、昨年6月の写真です、草が枯れている他は同じ
CIMG3350.jpg

急坂の杉林を過ぎると岩の急登だ
CIMG5735.jpg

左右が切れ落ちた一枚岩の尾根
CIMG5737.jpg

東下に ホテルスメール付近
CIMG5738.jpg

西下に蓮ダム
CIMG5741.jpg

CIMG5742.jpg

CIMG5743.jpg

飯盛山北峰 飯盛山へは一度下り登り返す
CIMG5744.jpg

CIMG5747.jpg

飯盛山 ここも一度下り、迷岳への最後の登りがある
CIMG5752.jpg

下りの途中初めて顔を出す 樹氷の迷岳
CIMG5753.jpg

最後の登り
CIMG5769.jpg

CIMG5770.jpg

迷岳山頂 山頂と西斜面は台風並みの強風だ、東斜面に少しくだり昼飯を食べる
CIMG5772.jpg

CIMG5775.jpg

CIMG5779.jpg

布引滝への下り、テープがあり道迷いの心配はいらない、滝の手前までは細尾根の急坂だ
CIMG5786.jpg

山の神の下辺り、滝の横の足場の悪い凍った道
CIMG5788.jpg

CIMG5795.jpg

登山道から見える名も無い(あるかも?)滝は完全に凍っている
歩いている横の滝は布引滝、これは真横なので見えない
CIMG5799.jpg

登山道は段々離れて行くので、途中下へ行けそうな所を探し滝坪まで下りた
布引滝
CIMG5804.jpg

残念だが中央は凍って無い、下で写真を撮っていると氷の塊が時々落ちて来るので
早々と退散した
CIMG5807.jpg


布引滝コースはザレ場あり崩壊の跡あり沢ありザレた涸れ沢あり腐った橋ありと、ありとあらゆる悪路のコースだ
CIMG5808.jpg

蓮ダムまで下りた、橋を渡り川沿いを歩きホテルスメールまでの車道歩き(約40分)
CIMG5811.jpg
登りの飯盛山コースは足場の悪い岩場を這うように登り、それもかなりの急坂。
下りの布引滝コースはこれも足場は最悪、ザレ場、涸れ沢、崩壊の跡、腐った橋、

登り下りとも登山道は自然のまま、ロープと怖い橋以外は一切手入れしていない、これぞ登山道と言う道だ
好きな人にはたまらなく素敵な登山道だ。最近山に行っても刺激が無いと思っている人には
超お勧めコースです。。


GPS 軌跡  滝の近くでGPSがロストしている。
mayoi

迷岳高度


タグ :
コメント
整備されていない登山道、すごく刺激的なコースですね。
滝が綺麗ですね。
【2012/02/18 03:39】 | COOPER #- | [edit]
昨日はいいお天気で、迷岳でしたか。
ガッツリと歩かれたようで満足感が伝わってきます。

ここは以前から気になってましたが、皆さんの山行記を見ると高所恐怖症の私にはハードルが高そうと躊躇していました。
段平さんの記事と写真で、さらにその思いを強くしました。(笑)
【2012/02/18 08:02】 | 産六 #HfMzn2gY | [edit]
またハードなところを行かれたんですね(笑
去年の夏、唐谷川を遡行し源流付近から激登りで調度最後のラスト3つほどのピーク手前のコルに出ました。
遡行後だったので『まだかーピークは!』と喘ぎながら登った記憶があります。
下山は段平さんが登りに使われたとこを取ったんですが、どしゃぶりの雨の中
『なんちゅう尾根に従順なルートやねん!』とズルズルの中下山し結構キツかったです。

前衛峰の飯盛山のトンガリっぷりがカッコいいんですよね!

蓮川一帯は結構台風の被害が多いみたいです。布引谷だけでなく
野江股谷も一箇所完全にゴルジュが埋まりヌタハラ谷も夫婦滝付近で崩落があったようです。
【2012/02/18 08:40】 | 中村 #CofySn7Q | [edit]
迷岳は面白いですね~。

またヒルの出て来るまでに
行きたいと思っています。
【2012/02/18 11:28】 | 段平 #- | [edit]
途中、高見山登山口、三峰山への林道を横目に見ながら
マイナーな山へたどり着きました。

流石にマイナー約8時間誰とも逢いませんでした(笑)

面白いですよ、是非行ってください。
【2012/02/18 11:32】 | 段平 #- | [edit]
唐谷川ですか!私等 尾根道でヒーヒー言っています(笑)

布引滝のコースですが、滝から下は台風の影響でしたか
崩壊した斜面をヒヤヒヤしながら渡りました。
その他も凄い道ですね、もし雪が積もってたら谷へ落ちますね。

しかし良く知っていますね~関心します。
それも沢系・・・怖いですねぇ。。
【2012/02/18 11:39】 | 段平 #- | [edit]
段平さん

完全に体力回復ですね。
8時間の山行に標高差1300mを踏破。
いつもながら恐れ入ります。
【2012/02/18 12:26】 | トレッキング #- | [edit]
いや~もう歳ですので、一杯一杯です。

少し寒かったですが、楽しく歩いてきました。
【2012/02/18 12:53】 | 段平 #- | [edit]
迷岳いいですね~
迷岳でも霧氷が見れるんですね。
氷瀑。真ん中は凍っていないとはいえ綺麗です。
写真のウデが上がりました?
【2012/02/21 06:21】 | おの@あびこ #qr7mm/lQ | [edit]
面白い山ですよ~
この山と池木屋山はヒルの出るまでにもう一度行きたいと思っています。

写真はオート専門です、後の処理も分からないのでシャッターを押したそのままです。
カメラも安物のカシオです・・・。

【2012/02/21 08:17】 | 段平 #- | [edit]
迷岳 怖そうなお山ですね どこら辺の山域になるのでしょうか?

しかし氷縛 見事ですね とても綺麗です!
【2012/02/21 18:33】 | 山賊 #kLCZl7R6 | [edit]
迷岳は三重県です、奈良県との境にあります。
台高山脈の端のほうになります(大台ヶ原からの山脈)

この山は面白いのですが、あまり人気が無い様で他の登山者にあった事がありません。
山頂が展望無、迷いそうだから?その辺りはわかりませんが。
【2012/02/21 19:25】 | 段平 #- | [edit]
産六さんのブログから、貴ブログを知りました。
最近、台山脈が気になっていて、少し前に高見山から北尾根を下りました。
三峰山・八丁平から南方見える、迷い岳や池木屋山周辺にも関心があります。
迷岳、岩場や距離があって、かなりハードな感じですね。
貴ブログを読んで行って見たくなりました。
岩登りの経験がありませんがどうですか。
この付近では大峰の大普賢岳や鉄山、弥山・双門コースに少し岩場があった感じですが、これ以上ですか。
またヒルはいつ頃から出ますか。
【2012/02/22 06:06】 | アンニョン annyon #- | [edit]
こんにちは、はじめまして。
かなりオーバーに書いています(笑)
本格的な岩登りは私もやっていません。
大普賢その他と同じ様な物ですよ全然大丈夫です。
是非トライしてください。
ヒルは7月ごろからと思いますよ。

大普賢、鉄山、弥山、双門、ですか。凄いですねぇ
もう絶対大丈夫です。↑に比べもっとやさいいかも?です。

これからもよろしくおねがいします。。
【2012/02/22 12:21】 | 段平 #- | [edit]
いや~、ここ面白そうですねえ♪
車があればなあ(涙)
【2012/03/04 17:01】 | 連れの連れ #- | [edit]
連れの連れさん
この山は確かに面白いですよ、
下山は唐谷からでも、どちらも中々のものです。
【2012/03/04 20:29】 | 段平 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://cosmos728.blog90.fc2.com/tb.php/317-ee3298a3

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫