スノーシュー 2012.1.24

 2012-01-24
CIMG5515.jpg


最近山へ登り、スノーシューがあったら良いのになぁと思うようになった。

来シーズンには購入しよう。今年は車の乗り換え年なので、今は我慢をしょうと思っていたら
思わぬ所から、そんなに欲しいのなら購入前に試し履きをしたら、暫く使わないので貸してあげる。

貸りて来ました。スノーシューは「MSR」スノーシュー用トレッキングポールは「アトラス」です。

昨日の夕方、仕事の帰り大和川の河原ですこし歩く練習をしたが、
私はかなりのガ二マタ、でチョット慣れるのに時間が必要か?、これはウチマタ、の人は楽??・・・

そんなこんなで今日、試し履きは明神平にしょうと勇んで出かけました。

話は変わりますが、登山のガイドブックに「山慣れた人向き」とか「健脚向き」または「登山上級者向き」などと
書いてあるのを良く見かける。
その時、俺はもう初心者、シロートと違うこの山も行ける。
近郊の低山で2回に1回は道迷いし、なんでもない沢で滑って骨を折る人の思う(言う)言葉ではない。

今日はあらためて自分はまだ初心者だ!の話です。

明神平へ行くのに今日は少し遅めに家を出る、早朝は路面凍結が怖いので、東吉野役場を過ぎたころから
猛烈な吹雪あっと言うまに屋根や路肩に雪が積もってくる。
やはた温泉のすこし手前にあるトンネルを越えた所で車を路肩に停め、タイヤチェーンを装着しようと車外へ出ると、寒い(当たり前だが)のでもう一度車に入り、どうしょう??行こうか、引き返そうか?・・・

結局、この吹雪の中、明神平に登っても寒くてスノーシューの練習は出来ないと決めつけた。
つい最近5×2=10分で装着完了と言ってた同じ人とは思えない軟弱さ。

そんなこんなでトンネルでユーターンし今来た道を引き返すが、このまま帰るのはと、まず談山神社近くの
龍門岳(和歌山の龍門山とは違う)へ行こうと・・・あかんこの辺りも物凄い吹雪(かなりオーバー)

しゃあない金剛山に行こうと水越峠へ向かう、祈りの滝の少し上、陸橋のすこし下辺りでトレーラー車が
スリップして道路に斜めに止まって、運転手がうろうろしている。
ヤバイこのまま走ると、この車もと此処でもユーターン、竹之内街道は大丈夫だろうと、そちらに向かう
竹之内は少し小雪が降っているが、走るには問題ない、やっと大阪側に入り千早赤坂村に行くと、ここも吹雪
道路に雪が積もり始めている・・・ここで最終ユーターン・・・そんなこんなで長時間車の運転をしていたと言う
なんとも情けない話でした。


何が「山慣れた人」や。完全に初心者やんか。シロートやんか。

試し履きは何時、どこで、どの山で、考えよう。

雪は多いが雪が降って無い山って、今の気象条件では無いかも。

寒くてもタイヤチェーンを躊躇なく装着せよ。

またスノーシューの試し履き本番で(近日中)笑。。



スノーシューをザックに装着してみたが。
かなり年代物のゼロポイント(35ℓ)には装着出来ない。
遠征用オスプレー(58ℓ)と金剛山用ゼロポイント(20ℓ)は装着可能だが

オスプレーは大きすぎる、20のゼロポイントはスノーシューの方が大きい、不細工だ
本当は35ℓに装着出来れば一番良いのだが悩ましい問題だ。
同時購入は痛い・・・

同時購入と言えば、アトラスのトレッキングポールも中々優れ物だ、私のポールと全然違う、軽しワンタッチで
長さ調節できる。他のメーカーも同じかも知らないが、今のポールはイマイチだ。

カテゴリ :その他 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫