瓶ヶ森(1896m)愛媛:高知県境 2011.11.13

 2011-11-16
久万高原から再び、石槌スカイラインで土小屋まで走り、瓶ヶ森林道(UFOライン)で瓶ヶ森へ
この林道は、土小屋から寒風山トンネルまで石槌山系の山々の中腹を走る、林道とは思えない素晴らしい道路だ。
よそ見して危ない位の景観だ。



Wikipedia
瓶ヶ森林道(かめがもりりんどう)は、高知県吾川郡いの町にある林道。地元ではUFOライン、町道瓶ヶ森線とも呼ばれる。瓶ヶ森沿いの尾根を走る道。旧寒風山トンネル高知県側出口より、石鎚スカイライン終点まで延長27キロメートルの舗装林道である。晴れた日には石鎚連峰はもとより、土佐湾まで見渡すことができる。瓶ヶ森から5キロメートル下った石鎚山側にシラサ峠山荘(標高1406メートル)があり、これより西側は愛媛県側となる。

概要 [編集]
延長:27km。
標高1100-1690mを走り、伊予富士、東黒森、西黒森の山頂も見られる。
冬季は12月-4月上旬は閉鎖。
全線1車線幅。舗装されている。
特に展望台といったものはないが、時々広い駐車場がある。



石槌スカイラインから林道に入り、よさこい峠 辺りから物凄いガス、途中危ないので少し広い路肩に車を停めて
ガスの無くなるのを待つ、ガスは段々少なくなるが、瓶ヶ森登山中もガスが出たり無くなったりの目まぐるしい
天気だった。
ガスの切れ間に見える石槌山系の綺麗な山肌は強烈に印象に残った。前日の男性に感謝です。

林道(UFOライン)駐車場登山口
CIMG4858.jpg


まず男山へ
CIMG4859.jpg

CIMG4860.jpg
男山頂上が見える
CIMG4862.jpg


男山 頂上 ガスで何も見えないので、女山へ 
CIMG4872.jpg

CIMG4875.jpg

CIMG4876.jpg

CIMG4877.jpg


女山 瓶ヶ森 山頂
CIMG4880.jpg
山頂 1896m
CIMG4882.jpg

CIMG4891.jpg

CIMG4894.jpg
時々ガスで見えなくなるが、兎に角景観抜群の山だ、この山の横にある子持権現山も異様な山容で登りたくなる山だ。伊予富士から寒風山まで縦走したら最高だろう。
来年は伊予富士に登ろう。。

子持権現山
CIMG4902.jpg


瓶ヶ森林道(UFOライン)
CIMG4912.jpg

GPSを忘れたので・・・ イメージです
瓶ヶ森

Wikipedia
瓶ヶ森(かめがもり)は、四国山地西部の石鎚山脈に属する山である。日本三百名山および四国百名山の一つに数えられる[1][2]。愛媛県第三の高峰で、四国でも二ノ森 (1,929m)次いで5位、西日本でも八経ヶ岳に次いで7位となる。瓶ヶ森の名称は山頂西側の湧水のたまる瓶壺(かめつぼ)に由来する[3]。

概要

瓶ヶ森を含む石鎚山脈一帯は石鎚国定公園に指定されている。愛媛県と高知県の県境からやや北側に外れた位置にある山頂には二等三角点「亀ケ森」(1,896.22m)が設置されている[4]。最高峰は女山(めやま)とも呼ばれ、そこから南側になだらかな稜線をたどると男山(おやま)山頂がある。南東側に対峙する岩峰の子持権現山(1,677m)と共に古来より石鎚信仰の対象とされ、山頂には蔵王権現、男山山頂には石土古権現の祠が祀られる。石鎚山、笹ヶ峰と共に伊予の三名山とされる。

山頂からは西側のウラジロモミおよびその白骨林の点在する氷見二千石原(ひみにせんごくばら)の向うに石鎚山、北側に瀬戸内海、南側に幾重にも重なる四国山地の山々とその向うに土佐湾を望むことができる。氷見二千石原は隆起準平原の残留物と見られる西側に傾斜した笹原の平坦地で、藩政時代に二千石の石高であった山麓の西条氷見のように広いことから名付けられた[5][6]。

瓶ヶ森は吉野川の源流域にあたり、直下の瓶ヶ森林道沿いに吉野川源流の碑がある。

登山ルート

瓶ヶ森林道沿いの駐車場 (1,670m)から登るのが最も気軽な登山となるが、西条市の石鎚登山ロープウェイより数百メートル奥の西之川 (432m)から鳥越岩を経るルートおよび東之川 (548m)から幾島新道(2010年9月現在は廃道となり旧道を迂回する)を経て登るルートが本来の登山道である[1]。また、東之川より北側の菖蒲峠を経由する登山道も、2010年9月現在は廃道となっているので注意が必要。




タグ :
コメント
おお!石鎚のみならず瓶ヶ森まで!
100名山クラスのみならず、300名山クラスまで手を出さはり始めましたね。
ガスっていたのは残念でしたが、
幻想的な眺めでこれはこれで○ではないでしょうか。
石鎚~瓶ヶ森~伊予富士~笹ヶ峰あたりは、
四国で山好きの方でしたら誰しも一度は繋いでみたいと思うのではないでしょうか。
ただ、瓶ヶ森林道が走っている位置はちょっと稜線に近すぎますね。
山岳景観的な意味ではちょっともったいないかも…
便利な林道なので僕も使わせてもらおうとは思っているので、
そないに声高に文句を言うべきではないかもしれませんが…
【2011/11/17 08:52】 | おの@あびこ #qr7mm/lQ | [edit]
子持権現山はクライマー魂をくすぐられますわぁ~
って言うてもここだけ登りに行くわけにはいかないっすね・・・
【2011/11/17 09:01】 | まさ吉 #- | [edit]
伊予富士~笹ヶ峰~寒風山まで全部登りたいのですが
おっしゃる通り、もうチョイ標高の低い所を通っていれば尚良いのですが
ドライブなら最高の景色をみれますが、登るのはアッと言うまに山頂です
それでも何組ものグループがそれぞれの山へ向かい登っていました。
来年も行こうと思っています。
【2011/11/17 19:14】 | 段平 #- | [edit]
子持権現は石槌と同じような鎖が見えました
ここと瓶ヶ森~伊予富士~笹ヶ森~寒風山、全部1日で回れそうですよ。
【2011/11/17 19:30】 | 段平 #- | [edit]
こちらもいい雰囲気ですね~
最後の写真も山容がアルペンちっくでそそります。
でも林道は確かに景観を損ねているような気が…
【2011/11/18 01:20】 | COOPER #- | [edit]
林道がせめて標高500m位だったら良いのですが
瓶ヶ森は標高1896mですが林道登山口が1670m
アッと言うまに山頂です、伊予富士は林道の標高が少し低いので
多少は登った感じがするかと思いますが・・・
林道沿いは、どの山も綺麗で眺望も良さそうですよ。。
【2011/11/18 16:23】 | 段平 #- | [edit]
はじめまして、四国に来られてたんですね。
僕は今年、町道瓶ヶ森線のガスで何回も泣かされました。
車の中で昼食を食べたり・・・。
この辺りは天候が変わりやすいので、
山へ登れただけでもラッキーではないでしょうか。
伊予富士は旧寒風山トンネル登山口からだと、
そこそこの道程だと思います。
【2011/11/20 03:47】 | syuu #- | [edit]
> はじめましてコメント有難う御座います
> syuuさんのブログは良く拝見しています
> 特に写真センスに感心しています
>
> 瓶ヶ森林道には感動しました、瓶ヶ森も最高でした。
> 旧寒風山トンネルから伊予富士に登ってみたいものです。
> トンネル横の茶店の豆腐田楽も美味しかったですよ。
>
> これからも宜しくお願いします。
【2011/11/20 08:54】 | 段平 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://cosmos728.blog90.fc2.com/tb.php/291-28c6b9ad

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫