火打山:妙高山と雨飾山(その3) 2011.10.20~22

 2011-10-23
雨飾山


コース 
   
   登り:雨飾キャンプ場前登山口→広河原→荒菅沢→笹平→山頂

   下り:来た道を戻る

広い駐車場にたった1台、昨日の駐車地には10台位停まっていたが
何か怖い(かなり怖がりです)車の中から空を見ると満点の星空だが、今日ここまで来る車のカーラジオでは
全国的に天気が悪い、信越地方も雨の予報、ここまで来れば雨でも嵐でも何でも来い、登ってやると覚悟を決めていたが、後で不幸な事故があるとはこの時は考えてもなかった。この星空もつかの間か?22時ごろには星ひとつない曇り空??
うつらうつらしていると車のライトが明るく照らし、2時ごろには10台位になった

表がやけに騒がしいので外を見ると、観光バスが2台停まっている、別々のツアーらしい、1組は30名位か

もう1組は12~3名名

最初の組は4時30分スタート、辺りは当然真っ暗、そうこうしていると2組目が5時にスタート

自家用車で来ている人は最低2人から5~6名の個人グループ、単独は私ともう一人だけ。
三々五々登山スタート、私は6時にスタート

雨はまだ霧雨程度、誰か1人雨よりも風が怖いと言っていた今日の予報では、山頂は台風並みの強風だと
雨より風の方が良いな~と のんきな私。


CIMG4624.jpg

登山口から沢を渡り少し下ると、大海川に沿った広河原と呼ばれる湿地帯に出る

IMG_3441.jpg

ブナ林の中を一登りし、荒菅沢に下り、ここから本格的な登りになる
5時にスタートしたツアー客はまだ此処で休憩中、本当は此処で休みたい所だが、今追い抜かないと30人抜くのは、足元の悪い中気の毒と思い、先行する
IMG_3443.jpg

イワのゴロゴロした急登を一気に登る
IMG_3446.jpg

やがて岩尾根へ出ると、物凄い強風、あおられてまともに立っていられない、岩から手を離さない用慎重に登る
風の怖さを初めて知った、この時点でもまだ霧雨だが物凄いガスになって来た
IMG_3449.jpg

IMG_3451.jpg

登山道にこんなものが
IMG_3459.jpg
前を行く4時30分発のグループの姿もこの通り、振り返っても何も見えない
だいぶ前にグループに追いついたが、ごめんやっしゃごめんやっしゃと追い抜けない雰囲気、ツアーの責任者も
必死で登山者の面倒を見ながら、後についている私等眼中にない
天気の時なら、一人行きますからよけて下さいと言うが
IMG_3457.jpg

風にあおられながらやっと山頂へ、この写真も座り込んで写した、ツアー客はこのすぐ横の少し広所で記念撮影を
してすぐ下山、結局山頂は踏まずに帰った、あかん先に下りる予定が、山頂を踏まないと言う思いがけない行動でまたしても後ろをついて、その位山頂は風が凄い

後で分かったが、私の後から登った登山者が岩場で滑り足を骨折し動けなくなり救急隊を呼んでいた
登山口で靴を洗っていたら、後から下山した人が大変だ直ぐ事故の連絡をなければ、と電話の通じる所を探していたら
すぐトイレの横で通じ、連絡をしていた、私だった可能性もあり山をなめて雨でも風でもと思っていた馬鹿さ加減に気がついた、色々勉強になったが、ヘリも飛べない強風でどうなったかのか、
ちなみにツアー客では無く個人グループの一人だった。

天気が良ければ、眼下に糸魚川あたりの海岸線、朝日、雪倉から白馬岳は勿論槍ヶ岳まで一望できるらしい。

ツアー客は違う所に下りたのだ、下山はマイペースで下れた。
IMG_3462.jpg

ほぼ下って来たら空が明るくなりこの通り、これでも上は強風でガスだろうと思いこむ
CIMG4628.jpg
滝と紅葉
CIMG4640.jpg

最後に昨日駐車地の少し下から撮った、雨飾山 あの山頂近くの岩場は面白く、また怖かった。
CIMG4621.jpg

GPS 軌跡 「雨飾山」
雨飾山

あめかざりこうど


タグ :
コメント
段平さん

写真の編集だけでも大変ですね~。
私には山の位置関係がわかりませんが、
最終日の雨とガスには苦労されましたね。
山は天候や季節などで、いろんな顔があるんですね。
事故防止の参考になりました。
【2011/10/23 16:52】 | トレッキング #- | [edit]
大変な山行、お疲れさまでした。
ご無事で何よりです。
僕だったらいつものようにあっさり撤退してたと思います。

紅葉が綺麗ですね。
【2011/10/23 20:50】 | COOPER #- | [edit]
写真は順番に適当にです
文才の無いのでこれもいい加減ですが

何時何処で何があるか分かりませんので
勉強になりました、
一応山岳保険には入っていますが
他人に迷惑とお世話にならないよう
思いました。。

雨飾山は新潟県と長野県境で糸魚川の近くです
90分位で糸魚川ICに行けます。
【2011/10/24 07:20】 | 段平 #- | [edit]
最後の日で良かったです
下山は岩場のヤバイ所を過ぎ
安全な道になったとたん
滑ってレインウエアとザックカバーが
ドロドロになりました、笑
毎回そうですが、安全になると気が緩み、こけます
景色にみとれて、下が落ち葉と土ですので
痛くありませんが、とっさに後ろを振り向きました
カッコ悪いですから、パンツに付いた泥で分かりませけど。
【2011/10/24 07:27】 | 段平 #- | [edit]
遠征お疲れ様でした。
このブログでは2000m級の山なんてすっかり珍しくなくなりましたね。
大所帯パーティの後ろについてしまうといろいろ考えさせられますよね。
最後尾に状況判断のできる人を配置してくれているパーティだと、
後続に気づいて譲ってくれたりするもんなんですがね。
もっとも渋滞に巻き込まれたおかげでゆっくり歩けて、
安全上の観点からはそれでよかったのかも、とも。
【2011/10/26 01:10】 | おの@あびこ #qr7mm/lQ | [edit]
えらい遠いとこまで遠征されたんですねぇ~
私的には完全に圏外っすわぁ~( ̄0 ̄;
今年は色んな山に登らせて頂きましたがほんと天気が良いのと悪いのとでは天国と地獄っすよね・・・
特に風は怖いです↓
【2011/10/26 06:36】 | まさ吉 #- | [edit]
1時間前スタートの12~3人は運良く、休憩中追い越しましたが
2時間前スタートの30人位のツアーには参りました
尾根へ出てから山頂まで・・・
後ろからの足音もかき消すような風の音で、リーダーも必死のようでした
記念撮影の間も、危ないから中腰になるように、とか大声で怒鳴っていました。
良い経験になりました

普通に歩いて3時間30分のコースですが、ツアーだと5時間位かけて
登っていますね、ほとんどの人は普通に歩けても中に1~2人異常に遅い
人がいてるのかな~。
【2011/10/26 08:35】 | 段平 #- | [edit]
遠かった~・・・が正直な気持ちです
白馬、蓼科、長野、そのずーっと先でうんざりしましたが
最初の2山は最高の天気で最高の山登りでした
最後は勉強になり、まあ良い遠征だった感じです。
【2011/10/26 08:39】 | 段平 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://cosmos728.blog90.fc2.com/tb.php/285-31cf94b9

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫