池木屋山(台高山脈北部)2011.10.13

 2011-10-13
今なら、もれなく付いてくる。

遠征も天気が悪く中止、中途半端で無く、3日の内2日雨・・・気持ちよく諦めました。

遠征中止で以前から興味のあった、池木屋山(いけごややま)に行ってきました。

夏の間はヒルが嫌で、その後は台風による林道の崩壊などでなかなか行けない山域でしたが

林道も開通したし、ヒルはもう居ないであろうと思い行きましたが

もれなく付いてくる、と言われるヒルが付いてきました 足をやられました靴下から靴まで血で染まっていました

痛くも痒くもなく、全然気が付きませんでした。


うかつにもジョニーを忘れていました。


本題の山登りですが、疲れました久々にへろへろになりました。

4時に自宅を出約2時間 6時に登山口に到着、登山届をポストに入れスタート、沢の横を歩いたり沢を歩き

右へ左に沢を渡ったり、鉄の梯子や桟橋、散策路の回廊など、飽きが来ない素晴らしい登山道だ

高滝、猫滝の高巻き道のスリルなど、登山の面白さ満載でした。

奥の出会いから沢を渡り物凄い急登、この急登の長い事、中々山頂に到着しない。

そんなこんなで山頂到着は9時45分、登り3時間45分。

山頂は東面のみ眺望があるが今日はどんより曇りあまり良く見えない、少し早いが昼飯にする

珍しく45分間の休憩、息もつかせぬ急登で疲れまくり。

10時30分下山のため霜降山へ向かうここから尾根伝いに下り宮の谷まで、だがこの尾根が一筋縄では・・・

おまけに雨が降り出す・・・

駐車地にたどり着いたのは3時間後の13時30分。下山でこんなに疲れたのは初めてだ。

下山の尾根はアップダウンの連続でなかなか高度が下がらない、そのうえ最後の藪でシャツはボロボロ(トゲの植物)

宮の谷、奥ノ出会いまでは、最高だったがその後は地獄を見ました(おおげさな)

次に行く機会があったらピストンにしょう。相当時間短縮できるだろう。

登りに通る滝の高巻き部が怖くなかったら、下山も登った道を下るピストンの方が楽だと思います。

霜降山からの下山はキツイですよ~。。



CIMG4359.jpg

要所要所にある鉄の梯子と桟橋
CIMG4360.jpg

渓谷沿いの散策路
CIMG4363.jpg

高滝
CIMG4366.jpg



CIMG4368.jpg

巻き道からの 高滝
CIMG4370.jpg

CIMG4371.jpg

CIMG4372.jpg

地蔵さんに安全に登山出来るようお願いする
この下は滝、下を見なければどうってことないが、すぐ下を見る(怖い物見たさ)・・オォ~
CIMG4373.jpg

猫滝?
CIMG4374.jpg

ここから息もつかせぬ急登(しんどいので、写真とりまくり、休むため)
CIMG4377.jpg

古い木の中から新しい木が
CIMG4381.jpg

CIMG4382.jpg

CIMG4383.jpg

山頂
CIMG4386.jpg

CIMG4388.jpg

霜降山、そうとう歩いたのに霜降山に着かないし、この尾根を過ぎると遠くに行きそうなので
地図とGPSを出し調べていて、なにげなく上を見ると、標識がある、分かりにくい標識だ、ここを右へ下る
CIMG4389.jpg

チョット変わった木だ
CIMG4391.jpg

青空平 ヘリポート
CIMG4392.jpg

CIMG4394.jpg

こぶし平 小屋跡のようなものがあった
CIMG4395.jpg

↓通り下ったが最悪 鹿よけのフェンス手前の植林を下った方がいいのかな~
それとも植林は通れないのか??
CIMG4396.jpg

最初はレール沿いに良い感じだが、遠くに見える林は最初だけその後は藪それもトゲのある
CIMG4397.jpg

無事に駐車地に帰ったので、朝出した登山届を回収して帰る。

今日1日貸切登山でした、猿を見ただけ、登山口に帰ると、ワンボックスと原付が駐車地に止めていました。
CIMG4399.jpg

GPS 軌跡 途中ロストしてるが。(滝の所にあるブルーの線はGPSのロスト部、谷ではありません)
いけごややま

いけごややま

タグ :
コメント
こんなに寒くなってもヒルが居るんですねぇ~

このエリアだと登山口から既に紅葉してるのかと思ってましたが・・・
今年は意外とゆっくり紅葉が楽しめそうですね♪
【2011/10/15 07:13】 | まさ吉 #- | [edit]
たまたま一匹だけいてたのかも??
良い経験になりました(笑)

紅葉ですが山頂も散っている木も未だ青い葉も色々でした。
渓谷は未だのようですが。
【2011/10/15 08:23】 | 段平 #- | [edit]
こりゃまた!
まいった。 まいった!!

段平さん。
スゴイコースばっか選んでるんですか?
滝あり、急登あり、尾根や沢ありで、
初級者には難しそうですね。
【2011/10/15 14:06】 | トレッキング #- | [edit]
この山は関西100名山の一つで登ってみたい山でした
登山口まで2時間、登山口から山頂まで何処から登っても
遠いので今まで未踏でしたが
遠征中止で行って来ましたが、しんどかったです
谷からの突き上げでよれよれになり、下山でへろへろになりました
歳ですねぇ~~。
【2011/10/15 19:24】 | 段平 #- | [edit]
池木屋山、気になっている山でしたがちょっとキツそうです。
もっとレベルアップしてから行きたいと思います。
そういえば前にモンベルの店員に、冬は危ないから気付けた方が
いいですよ、と言われたような気がします。
【2011/10/16 01:52】 | COOPER #- | [edit]
高巻きは怖いと皆さん言いますが、案外どうってこと無かったです。
誰でも慎重に登れば問題ないと思いますが
最後の突き上げは、かなりのものです、距離が長いので
冬は怖いでしょう凍って滑るので、私は無理です。
【2011/10/16 16:47】 | 段平 #- | [edit]
おお! 池木屋山に行ってきはりましたか。
行くなら僕もこのルートで周回にしたいと思っていました。
しかし、高滝の巻き道については、どの方のレポを読んでも
どの程度の危険度なのかよくわかりませんね。
きっと写真でうまく再現するのが難しいのでしょうね。
【2011/10/18 00:41】 | おの@あびこ #qr7mm/lQ | [edit]
おはようございます。
高巻きは、かなり怖い所と言うイメージが強すぎた為か
どの辺が怖いのか良く分からない感じでした。
お地蔵さんの辺りかと思いましたが
通過する時まだ先に怖い所が有ると思い下の写真は撮りませんでしたが
その先は快適な道(変化に富んだ)
言われてみれば、どんな所か分かりずらいですねぇ(汗)
万が一落ちたらアウトなのは間違いありませんが。


【2011/10/18 06:58】 | 段平 #- | [edit]
コメント欄が無いと思ったらこんなところに。。
失礼しました。
昨年秋に同じルートで登り、生きた心地しなかったのが
ブログを拝見しているとリアルに蘇ってきまして、手に汗握りました。
段平さんのチャレンジ精神は雲の上の人です。
ひと目お会いしたいのです。
【2011/10/18 21:44】 | キバラー #oWMM.ioY | [edit]
返信遅れて申し訳ありません
遠征から今帰った所です
池木屋山は、関西100名山、カテゴリー(高見、台高、大峰)で
未踏の山でした。
最後の突き上げでヨレヨレになり、下山でシャツがボロボロになりました。
下山は間違えた??かと思っています。

【2011/10/22 20:44】 | 段平 #- | [edit]
お久しぶりです。
4月中旬に連れと二人で池木屋山に登る予定で、この記事を読ませて頂きました。
宮ノ谷を登るルート危険箇所もあり相当しんどいルートですね。
目的は、池木屋山から南西に大黒尾根をP1258まで行った付近の水場を確認する山行きです。
下りを池木屋山から東尾根で野江股ノ頭へ、そしてナンノキ平から江馬小屋谷を予定しています。
ピストンした方が良いでしょうか。
時間やコース等、アドバイスをお願いできますか。
また、段平さんは、GPS機を使われていますがどのような機種でしょうか。
スマートフォンGPSでしょうか。
【2012/03/26 17:32】 | アンニョン annyon #- | [edit]
アンニョンさん
こんばんは、アンニョンさんの指摘しているコース
私もトライしようと思っていました。
アンニョンさんでしたら、まして山友と2人でしたら間違いないと思います。
私も参考にさせて頂きます。
このコースを行くのに躊躇した理由は下山地から宮ノ谷駐車地までの林道歩きが遠いと思いましたが
2台で行けばこの問題も解決ですね。

宮ノ谷~池木屋山はテープがあるので迷う心配はありません。
色々な方のレポートで高滝の巻きが怖いとありますが(写真のロープが写ってお地蔵さんの所)
普通に歩けば問題ない所です(よそ見しなければ)
谷からの突き上げも、少しオーバーに書いています。先日の三峰~高見、縦走を拝見しましたが
その体力なら問題ないと思います。

GPSですが GARMIN GPSMPA 62SJ 地図は Japan TOPO10M Plus (日本登山地図10m等高線仕様)ですが
アナログ人間の自分は未だ使いこなしていません(涙)
【2012/03/26 20:34】 | 段平 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://cosmos728.blog90.fc2.com/tb.php/281-ed4f1ebe

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫