北沢峠~甲斐駒ヶ岳と仙丈ヶ岳(南アルプス)2011.7.22~23

 2011-07-24
GPS 軌跡
かいこませんじょうGPS

甲斐駒:仙丈

長さ   19.61Km
最高標高 3036
最低標高 2009.3
登り   2243
下り   2180


7月22~23
南アルプス 甲斐駒 仙丈に1泊2日で行って来ました
21日中央道、伊那ICから約40分南アルプス林道バスの出発地、戸台の仙流荘横、登山者専用 無料駐車場に車を停め、6時前 北沢峠行き始発に乗車 7時前に北沢峠到着、すぐ最初の目的地、

甲斐駒へスタート

コメツガやシラビソ原生林の中を登ると露岩帯に出て、仙水峠へ着く。
摩利支天が白く聳え立っている、峠から駒津峰への登り、駒津峰からは狭い尾根道

登り下りを繰り返し、六万石のコルの先で右の巻き道を行く、そのうち、歩きにくい白砂のザレ場になる
摩利支天への道を過ぎると最後の直登りで甲斐駒ヶ岳山頂だ。

下山は駒津峰まで戻って、北沢峠へハイマツの尾根からガレ場を下り、双児山を登り返し
シラビソの原生林の展望の無い道をジグザグに下り、今日の宿、北沢峠、長衛荘の横に下る。

六万石からの直登と右への巻き道は、相方の一言で巻き道へ、相方曰く巻きの巻きは無いのか?
真っすぐ登りたかったが。。。

駐車地から鋸岳
CIMG3621.jpg

北沢峠 後ろの山小屋は長衛荘
CIMG3772.jpg

CIMG3624.jpg

仙水峠からの摩利支天
ここで休憩し「おの@あびこ」さんに聞いていた物を探すが分からなかった、有るのは石楠花だけだった
CIMG3630.jpg

遅れましたが天気は曇り時々晴れ、山はほぼガス、期待していた他の山は全然みえない
雨よりましだが・・・
CIMG3638.jpg

この先は相方の指示で巻き道へ(涙)・・・
CIMG3645.jpg

CIMG3647.jpg

駒ヶ嶽神社本社より、甲斐駒ヶ岳山頂
CIMG3652.jpg

CIMG3656.jpg

CIMG3659.jpg

CIMG3663.jpg

双児山を経て北沢峠 1時間50分の標識は間違いです。
山と高原地図も下り1時間50分 登り2時間50分とありますが、実際は登り下り共+1時間です
長衛荘で夕食の時、小屋のオーナーのお話で、明日 甲斐駒に登る人に注意していました
あの標識は間違いなので、早く下山したいのであれば仙水峠からテン場経由で下山するようにと言っていました

私も下るのに普通に歩いて2時間40~45分かかったので 1時間50分って走るのかと、相方と話していました。
CIMG3665.jpg

下山のハイマツ帯
CIMG3666.jpg

双児山
CIMG3667.jpg

甲斐駒ヶ岳は想像以上に厳しい登りだった、特異な山容と共に強烈に印象に残る山だ
長野県側ではこの山の事を東駒ヶ岳と言うらしい、ちなみに何年か前登った 中央アルプス木曽駒ヶ岳を西駒ヶ岳

中央アルプス空木岳の隣の山は南駒ヶ岳だ、この山はそのまま他に呼び名は無いと思うが?
木曽駒に比べ甲斐駒の方がずいぶんキツイと思った。

今日の体調は普通悪くは無かったが、疲れました初めに登って良かった
あすは千丈ヶ岳、標高は少し高いが、楽に登らしてくれるかな?



小屋もお客さんが、そう多くなく布団1枚もらえた、明日は4時スタートだ。

2日目 仙丈ヶ岳

朝3時過ぎ小屋で作ってもらった弁当を食べ、4時前、北沢峠から樹林帯を登る、夜明けは4時30分だ
昨日天気がイマイチで景色がほとんど見えなかったので、早く山頂に着き、他の山々を心行くまでみるつもりで

昼前からはガスになるので、ところが今日も朝からほぼガス、今回の山行きはオールガスだった。

北沢峠から登り少し下って二合目に着き北沢駒仙小屋への分岐。さらにジグザグに登ると四合目だ
五合目が大滝ノ頭で、右へ仙丈藪沢小屋への道が分かれる

さらに尾根を詰めると森林限界になり、目の前に小仙丈が聳え、ハイマツ混じりの岩稜を伝う
小さな岩場を下り、登り返すと避難小屋への分岐で、眼下に大きなカール底が広がる

ここで雷鳥親子と出あう

またも稜線を登ると仙丈ヶ岳山頂だ。

下山は馬ノ背へ下る。沿道はお花畑一色、カールに下り、さらに沢沿いに下ると馬の背の細い稜線歩きになり
馬の背分岐に着く。ここもお花畑が凄い、チングルマ、シナノキンバイ、黒ユリが絨毯を敷いたよう

ここから馬ノ背ヒュッテへ下る、そして藪沢沿いの(藪沢は崩壊で通行不可)道を見送り
仙丈藪沢小屋から、朝登った五合目へ向かう。後は北沢峠まで同じ道を下る。

仙丈ヶ岳はさほど厳しい登りは無かったが約3時間30分の登り、それなりの登山だった
そう楽では無かった。下りは2時間30分、途中、雷鳥親子と遊び、またガスが消えるのを待ち等で

下山時間は10時30分、バスは6時10時13時で10時のバスが出た後、ところが今日は土曜日
お客さんが多いので臨時に11時40分にバスがで、

駐車地に12時40分到着、仙流荘で風呂に入り大阪到着19時


四合目くらいから、北岳、この時点でもうガスがかかっている、今日も景色は駄目だ
CIMG3674.jpg

CIMG3678.jpg

CIMG3679.jpg


CIMG3683.jpg

雷鳥 子供連れを二組見た (写真は相変わらずピンボケばかり、花とか鳥を撮ると写真の技術がもろ出る)
CIMG3697.jpg

雷鳥とカールの下に建っている仙丈小屋
CIMG3709.jpg

カールと雷鳥(三連発)
CIMG3711.jpg


CIMG3717.jpg

CIMG3737.jpg

CIMG3721.jpg

CIMG3742.jpg

チングルマのお花畑(仙丈小屋下)
CIMG3743.jpg

藪沢を横切り五合目へ
CIMG3761.jpg

五合目に行く途中、甲斐駒ヶ岳がガスの中から山頂を少し出した
CIMG3764.jpg

下山後、写真を撮った 登りは真っ暗で撮れなかったので
CIMG3774.jpg

帰りのバスの中から  オオビランジ
CIMG3777.jpg


甲斐駒ヶ岳:登り 北沢峠~北沢駒仙小屋~仙水小屋~仙水峠~駒津峰~摩利支点分岐~甲斐駒ヶ岳頂上

      下り 駒津峰~双児山~北沢峠

仙丈ヶ岳: 登り 北沢峠~五合目(大滝ノ頭)~小仙丈岳~仙丈岳

      下り 仙丈小屋~馬ノ背分岐~馬ノ背ヒュッテ~仙丈藪沢小屋~五合目~北沢峠      


今年はこのあと北アルプスの予定、南アルプスは毎年行こうと思いながら、未だ未踏の最南部

聖岳:光岳を登ろう、どうしても車で行くので登山口が登りも下りも同じで二山行こうと思うので
ここは駐車地から登山道へ直接いけるので、林道があまり良くないようだが
大峰で林道走りをマスターするか。。。

タグ :
コメント
段平さん

爽快です。
まさに夏山の清清しさが写真から伝わってきます。
私も家族と久住山系に登りますが、
この行程を相方さんもこなすとはたいしたもんです。

恐れ入りました。
【2011/07/24 08:31】 | トレッキング #- | [edit]
トレッキングさん

写真がイマイチで沢山の花や雷鳥を撮りましたが

ほぼピンボケで使い物になりません

おまけに風景はガス一色(涙)でしたが

それなりに楽しめました。
【2011/07/24 09:40】 | 段平 #- | [edit]
トウモロコシ(?)。探していただいてありがとうございますw
僕の書き方が悪かったかもしれませんが、
見かけたのは北沢駒仙小屋のあたりから仙水小屋方面に入ってすぐのあたりだったような。
といってもやはり情報が少なすぎてアレだったな、と反省いたすところです。

双児山の方も回られましたか。
これで北沢峠側からのルートは制覇ですね。
あとは反対側にある日本三大急登とかいう噂のあのコースですかね(ニヤニヤ
ガスっているとはいえ、やはり山のスケールが違うなぁと思いました。
来年こそ僕も日本アルプスへ行きたいと思いました!
【2011/07/25 06:15】 | おの@あびこ #qr7mm/lQ | [edit]
おの@あびこさん

おはようございます
ごめんなさい、仙水小屋のほうでしたか、あの辺りは花も一杯咲いていましたし
良く探せばあったかも・・・

黒戸尾根は私の様な軟弱物にはチョット無理ですよw

北沢峠行きのバスを待っているあいだ、神戸から来たと言う2人ずれに
面白いコースを聞きました、私も興味津津で聞きましたが

まず北沢峠~仙丈ヶ岳~間ノ岳~農鳥岳(引き返し)~北岳~広河原~鳳凰三山~広河原~北沢峠~甲斐駒ヶ岳
北沢峠~戸台仙流荘、駐車地
全部小屋泊まりなので、30リッターの小さなザックを持っていました。

昨年白根三山の予定が林道の崩壊で二山になったので、このコースも休みが嫌と言うほど出来たら
トライしてみたいと・・・
【2011/07/25 06:54】 | 段平 #- | [edit]
段平さん、お疲れ様でしたー。
行ってこられたんですね。
少しガスっておられますね。
双児山経由だと時間がかかるとのことで下山を急いでた自分たちはピストンでした。
実際はいかがでしたか?
私とはまた違った写真ばかりなので新鮮で楽しめました。
【2011/07/25 22:48】 | キバラー #oWMM.ioY | [edit]
キバラーさん
天気がイマイチで他の山はまったく見えませんでしたが
山は良かったです、初めに甲斐駒正解でしたが
かなり疲れました キバラーさんは六万石~直登でしたが
私は、相方の一声で巻道で登りました
双児山経由は遠かったです、標識は間違った時間を書いていました
写真ですが、お恥ずかしい 特に雷鳥はボケボケでした
キバラーさんの写真の雷鳥は綺麗に撮れていますね
距離的には同じくらいと思うんですが・・・。
【2011/07/25 23:22】 | 段平 #- | [edit]
こんばんは~。
ここはこの二つを1泊して登るのが王道なんでしょうか?
抜群のお天気、とはいかなかったようですが、素晴らしい景色ですね。
カールの写真が素敵です~。
ダダダダ~~っと駆け下りたくなりますね(笑)
【2011/07/25 23:44】 | ぱろやん #- | [edit]
ぱろやんさん

普通一泊で二山登りますが、若い山ガールやボーイは
日帰りで、どちらかの山を登っています
普通に甲斐駒ヶ岳で8~9時間で登れます
仙丈ヶ岳は6~7時間です。
始発のバスで登山口に7時に着き3~4時には下山できます
バスの最終は4時ですので十分日帰りできます(若い人は、私はもう無理ですが、笑)

大阪で言えば、水越峠から金剛山へ登り水越へ下り葛城山に登るような感じです。

カールをダダダダ~~ですか?恐ろしい(笑)

ぱろやんさんの様に写真が上手くなりたいのですが・・・

老眼でカメラのモニターはほぼ見えません、雷鳥の写真には参りました。


【2011/07/26 12:34】 | 段平 #- | [edit]
ガスっててもやっぱアルプスと呼ばれるとこは素晴らしいですなぁ~
オマケにナイスなタイミングで雷鳥君も現れてくれて最高ですやん♪
私もどないか3連休が取れたら即スクランブル発進するんですがねぇ~
今のところそんな兆候すら有りません。。。
【2011/07/27 07:49】 | まさ吉 #- | [edit]
まさ吉さん

雷鳥親子に二組会いましたが
写真の腕が・・・

この時期仕事が忙しいとは
羨ましい限りですよ。。。
【2011/07/27 11:45】 | 段平 #- | [edit]
こんにちは。

一日違いの翌日に(23~24)僕も行って来ました。

僕のほうは、初日仙丈ケ岳、二日目甲斐駒でした。

駒ケ岳は絶対直登ルートですよー。
見た目ほど恐怖感もなく危険もなく、なによりマキより楽な上に楽しい^^
こんどは直登ルートで登ってみてください。

【2011/07/28 12:09】 | ミナぴ #mQop/nM. | [edit]
ミナびさん
コメントありがとうございます

おっしゃる通り、直登が面白いと思います
次行く機会があったらトライしてみます

ところで天気はどうでしたか?・・・
【2011/07/28 17:38】 | 段平 #- | [edit]
初日は段平さんと同じで曇り時々晴れって感じで、二日目の早い時間はかなり天気いい時間がたびたびあって、運良く富士山が見れました^^

ただ、北側方面はぜんぜんダメで北アルプスが見えなくて残念でした。
【2011/07/30 10:36】 | ミナぴ #mQop/nM. | [edit]
ミナびさん
よかったですねぇ
富士山がみえましたか
何処から見ても同じ山容の
富士山はいいですね~。
【2011/07/30 22:28】 | 段平 #- | [edit]
こんばんは。
先日はコメントありがとうございました。

2山のピストンは厳しそうな行程ですね。
ガスって残念でしたが十分迫力が伝わってきました。
逆に晴れたら、尾根歩きが長そうなので日差しでヤラレそうな感じがします。
南アルプスはレベルが高い山が多いようなので僕にはまだ無理そうです。
【2011/07/31 20:44】 | COOPER #- | [edit]
COOPERさん
こんばんは
天気はイマイチでしたが中々面白い山でした
南アルプスでも比較的アクセスが良いので
トライして下さい。
思っているほどの事はないと思いますよ。
【2011/07/31 23:53】 | 段平 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://cosmos728.blog90.fc2.com/tb.php/259-98c30658

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫