明神山 聖徳太子送迎の『送迎(ひるめ)越え』

 2010-06-29
    2010/6/29
明神山(王寺町)へ行く。
明神山は金剛山脈の最北端で、大和川をはさんで信貴山と相対し、西は大阪府に属し、
南は二上、葛城山へと連なっています。
付近一帯は奈良県条例による景観保全地区に指定され、晴れた日には瀬戸内海を眺望することが可能です。
植物分布ではガンピ、カワチハギが注目されています。
山頂近くの社は、西山明神さんともいわれる水神社で、山中には古くから大和と河内を結ぶ道があり
聖徳太子送迎の『送迎(ひるめ)越え』といわれています。
    自然とふれあう大寺町より
 

 
              ここを左へ
 

 
             お茶とポール
 

 
              自然そのまま
 

 
              曇り空です (すこし暗い)
 

 
             ここを下ると R25 大和川をはさんで JR河内堅上へ行く、急坂だ、冬になると下り
       また登りかえす、暑いので今日はパス。
 

 
       この道を聖徳太子が歩いたのかな~
 

 
              すこしだけ日がさしてきた。
 


          
 
 
    もうすぐ頂上                          ユリの群生地、時期がおそいのでもうない。
 

 
                  いつものように霞んでいる 二上、葛城山
 

 
               水神社の鳥居
 

 
              頂上
       折り返し帰る、往復3時間30分
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://cosmos728.blog90.fc2.com/tb.php/204-9c6e7bd5

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫