三輪山  大神神社(三輪明神)

 2010-07-10
 
 
三輪山(461m)は大神神社(三輪明神)狭井神社の御神体である。
 
登山口は狭井神社(さいじんじゃ)の横から登る、
 
狭井神社の社務所で『三輪山参拝証』の襷をもらい、登山の説明を聞く、
 
山が神体なので、一木一葉に至るまで神宿るものとする。
 
登山中の飲食、喫煙、写真撮影など禁止、と説明を受け、300円を納める。
 
往復2時間かかるとのこと、
 
【受付9時~14時まで】
 
 

この大鳥居をくぐる、後の山が三輪山
 
 

大神神社(おおみやじんじゃ)
 
 

左側の参道を行くと、狭井神社(さいじんじゃ)
 
 

参道を行く
 
 

参道に咲いていた、ノカンゾウ
 
 

 
 
 

狭井神社(さいじんじゃ)門前
 
 

狭井神社
 
 
 

社務所の前ここが登山口
 
鈴のついた、襷をかけ登山これから写真は当然写していない。
 
5~6分登ると、なだらかな道になる少し下ると沢(谷)が有り、沢沿いに登っていくと小さな小屋につく
 
小屋は滝修行の為の更衣室になっている様だ。
 
その横を尚登ると、社が有る、登山者の皆さん手を合わせ拝んでいる、
 
社から ほぼフラットな道になり10分ほどで、頂上の社につく。
 
標高461mの三輪山、あなどれない登山道だ、2~3年金剛山の本道は登ってないが、
 
匹敵するくらいかと思う。
 
ここに登って一番驚いたのは、若い(20歳)前後の女性が多いのと(50パーセント以上)
 
全員挨拶をしてくれることに、感激したことと、
 
鳥居をくぐる時  帰りに鳥居をくぐると、鳥居のほうに向きなおし頭を下げる、老若男女ほぼ全員
 
この私でも最後のほうでは知らず知らずに頭をさげていた。
 
往復1時間20分でした。
 
今日はこの近くに所要があり、ついでに三輪山にきたが、もういちど登り来るぞ、
 
他の山では見られない、若い女性を一杯見れるし、
 
いやもちろん拝みも、え~と何の神様だっけ?。
 
 
 
 
 
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://cosmos728.blog90.fc2.com/tb.php/193-100258cc

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫