どんづる峰へサヌカイト探し<2010.9.17>

 2010-09-17
 
先日【二上山の力もち】へ broomstickさんからコメントがありました。
 
broomstick
カヌサイトは安山岩の一種ですが、叩き割ってみると非常につるつるした断面が現われ、しかも鋭い剝片が
 
容易に採取されるため、先史時代においては優良な石器石材とされていました。
 
日本列島においては、香川県白峰山と奈良県二上山がその代表的な山地でした。
 
是非調べておいてくださいね。
 
石器を作るには、サヌカイトか黒曜石の2種類しかありません
 
この夏、蓼科にいったとき、黒曜石を入手しようとしましたが、果たせませんでした。
 
彼は愛読書が辞書それも3種類と言う私とは正反対の人です、何か良く分からないが近いし行ってみるか。
 
まずネットで調べると、どんづる峰~石切場あたりにゴロゴロしてると言う。
 
 

前の道路は綺麗になり、車も5~6台駐車出来るようになっていた、階段も工事中です
 
 

 

 

 

 

 

奇岩の上を登り下りしながらいくと綺麗な登山道がある、看板はないが岩の上だから方向は間違わない
 

頂上のすこし下にある東屋、ボロボロだ 椅子も同じくボロボロ
 

頂上だ、このプレートをみると嬉しくなる、大阪府縦走なんとか、その他なんとか会とか
同じ人種の匂いがする。
綺麗な道はここまで、これから先は藪コキです。
 
 

石切場まではこのような藪、道はあるが下は見えない、ところどころテープがあるので
迷わないが、蜘蛛の巣と葉に付いている水で、シャツもパンツもビショビショ
 
 

途中で気がついたが、サヌカイトと言う石どんな石か知らない、別名カンカン石といい叩くと音がする
ネットにそう書いていた、なんと当たり前のことだが石を叩くと皆カンカンと音がするあぁぁ~~
しゃあない、それらしき石を3個拾い車へ持ちかえるがこれが結構重い(下のデカイ石とちゃうで、笑)
この石を片手に持ち、国道を歩く。
 

石を持ち石切場から国道へ出る
 

この先までは歩道があるが少し行くと歩道が狭いので怖い
 

ここまで来れば安全、向こうにみえる交差点(穴虫)を右へ曲がれば駐車地
 

やって来ました、二上山博物館、さきほどの石を鑑定してもらうつもりです
受付で鑑定お願いしますと言うと、奥から学芸員ですかそれらしき人が出、石をみるなり、普通の石です
見本があるので見せましょうと出してきた、
山へ行く前にここへ来て見るべきだった、全然違う
 

博物館の見本のサヌカイト、表面
 

サヌカイトの断面
 
どこで拾って来たかと聞く、どんづる峰と石切場のあたりと話すと、その辺には無い
 
あるのは近鉄関屋駅から香芝市営プールまでの道を良く見ながら歩くと破片くらいは有るだろう
 
すこし前までは沢山あったが住宅の開発で大きい石は無くなったとのこと
 
 

開発地にやって来ました、正面は、どんづる峰
 
 

開発地で拾ってきた石?これも良く見ると違うようだ
 
中々面白かった、収穫なしだが次は2人で行こう、箒の柄さんと。
 
 
 
 
 
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://cosmos728.blog90.fc2.com/tb.php/151-26625a7b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫