涸沢~穂高?<2010.9.26>

 2010-09-28
今回の登山計画は、涸沢~北穂~奥穂~涸沢の逆三角形の予定でしたが
 
思わないアクシデントがあり少し変更しました。
 
2010.9.26
1日目、 平湯温泉:アカンダナ駐車場からバスで上高地へ
 
上高地を出発し約3時間で横尾へ至る。横尾から梓川に架かる橋を渡り横尾谷に入る。
 
白砂の広い河原に出ると目の前に屏風岩が姿を現す。
 
岩小屋跡を過ぎ、沢から離れ徐々に高度を稼ぎながら歩くと本谷橋に到着。
 
橋を渡った先で昼飯を食べ休憩をする(ほぼ全員ここで昼にしている)。
 
本谷橋を過ぎ樹林帯に入る。若干の急登を過ぎると、山肌の側面をトラバースする緩やかな登り道になる。
 
ガレた沢をいくつかトラバースしながら進むと、涸沢と合流する、ここから涸沢ヒュッテの旗を見ながらの登りとな
 
る。ヒュッテはすぐそこに見えるが1時間くらいかかる。
 
 

       梓川

横尾  梓川に架かる橋、この橋を渡れば涸沢:穂高。真っすぐ行けば槍ヶ岳
 

 

             屏風岩
 

本谷橋、ここで昼飯を食べる
 

もうすぐ涸沢ヒュッテ
 

涸沢ヒュッテから北穂岳、紅葉のカケラくらい期待していたが
 

正面はザイテングラード、涸沢岳、涸沢槍、左側は奥穂高岳
 

              奥穂高岳
 

 

右の岩山は、屏風ノ頭(2565M)遠くに見える山は右から横通岳(2767M)東天井岳(2814M)
大天井岳(2722M)
 
動画を撮って来ました。スタートは北穂~360度のパノラマ。
 
 
 
26日は朝から快晴、天気予報では26日曇り時々晴れ:27日曇り:28日曇り、でしたが
 
相方が横尾を過ぎたあたりから膝が痛いと言い、何とか小屋までたどり着きました、その上小屋のテレビを
 
見ると、明日雨、明後日雨の予報(最近山小屋で天気予報専門チャンネルを1日中放映している)
 
相方の足と言い天気と言い最悪の状態だ、
 
(1)雨だったら帰ろう  (2)天気なら相方を小屋に残して北穂~奥穂~小屋
 
相方と相談のうえこのように決めた。
 
夜中の大雨が朝止み少しだけだが青空も見える(2)で行こうと心の中でガッツポーズ
 
相方に言うと膝は昨日薬を塗りほとんど良くなったから行ける所まで行くと言う。
 
北穂、奥穂の縦走は無理なので、とりあえず奥穂へ行くことにする。
 
続きは明日にします。
 
 
 
 
 
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://cosmos728.blog90.fc2.com/tb.php/145-02007f5b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫