FC2ブログ

高見山 2017.11.25

 2017-11-26
ここからの高見山が一番好きだ(山頂の北西側)

DSC_2039.jpg


まだ紅葉の季節と思っていたら、いつの間にか霧氷の便りが、、、
我々も霧氷を見に行こうとなった。
行先は高見山、近くで手軽に登れてこの時期霧氷が見れる山と言えば高見山?。
登山口は勿論、山頂に限りなく近い登山口、大峠だ。
山頂の霧氷だが、この時期にしては大満足の霧氷が咲いていた。
(霧氷は咲くとは言わないと思うが)
7時30分に山頂に着くが朝早いので誰もいない
8時過ぎまで山頂付近を歩き回り霧氷を楽しみ下山した。
ピストンでは味気ないので、小峠経由のミニ周回で駐車地に戻った
途中、温泉から登って来た単独の女性と出会ったが、霧氷が綺麗で朝早く登って
良かったと喜んでいた。その後男性一人とすれ違っただけで、静かな高見山だった。
9時に駐車地に戻ると車が3台になっていた。
機会が有れば桃俣から例の間違えて下りた登山口から登りたいが
歳と共に体が楽な方楽な方となびいていく、、、困ったものだ。
そんなこんなの高見山、今日も大満足の山歩きができた。



高見山 2017.11.25 の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

釈迦ヶ岳 (大峰) 2017.11.13

 2017-11-14
DSC_1914.jpg




今年の遠征は休みと雨が重なり予定の日に決行できた山行は皆無だった。
こんなにフラストレーションが溜まる年は初めてだ。
そんな今年最後の遠征も想定外の雪で泣く泣く諦めた。
11月中旬の雪は晴れになれば溶けるので、軽アイゼンとストックで
楽々登れる予定だった、4~5日前までの情報では、、、
行く前の日に山小屋(夏季営業中)に電話して今の状況を聞いた。
今、吹雪だ雪も例年に比べ多く、既に登山道は冬道だ、登ってくるなら
完全な冬装備で来てください、何??軽アイゼン、、、無理です。
北アルプスを舐めていました、潔く諦めました。

そんなこんなで気晴らしに景色を眺めながらの山歩きと言う事で、
鈴鹿の竜ヶ岳か大峰の釈迦ヶ岳と迷ったが最終的に釈迦ヶ岳に決めた。
青空の中、景色を眺めながら山頂に着いてコーヒーを飲んで休憩して
孔雀岳に向かったが、相方が山頂手前で疲れたので帰ろうと言う、
もうチョイの所で引き返した。
帰りに登り返した釈迦山頂は大勢の人で賑わっていた。
話によれば前日は冷え込み、霧氷で綺麗だったそうだ。
霧氷は無いがポカポカ陽気の、ひだまりハイクで大満足の釈迦ヶ岳だった。

釈迦ヶ岳 (大峰) 2017.11.13 の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

家庭菜園

 2017-11-09

家庭菜園
今植えている野菜


家庭菜園 の続きを読む

カテゴリ :家庭菜園 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

桧塚奥峰(千秋林道の紅葉) 2017.11.7

 2017-11-08
千秋林道からの桧塚奥峰に行ってきた。
8月には青谷栃谷線全面通行止めで引き返したリベンジだ。
台風の大雨で心配していた千秋林道だが雨量観測所までは
いままで通り多少の落石はあるが、ユックリ走れば問題ない。
観測所前の鎖から先はオフロード車でも無理な位凸凹になっている
道路の上を川のように水が流れたの無残な状態になっていた。
いつものように観測所の横の駐車地に車を停めて歩き始めた。
マナコ谷までの林道の紅葉は今が見ごろの美しさだ、
登山口から嫌な杉林の急登を登りきると解放感抜群の支稜線にでるが
この辺りの落葉樹は全部落ちて紅葉の欠片もない。
桧塚奥峰で昼飯を食べて、来た道を引き返した。
山の紅葉は終わっていたが林道で綺麗な紅葉に巡り合えて、
今日も大満足な山歩きだった。

DSC_1810.jpg

桧塚奥峰(千秋林道の紅葉) 2017.11.7 の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

大台ヶ原  2017.11.1

 2017-11-01
黄葉は御覧の通りだが。天気は最高

DSC_1523.jpg


3~4日前、テレビで蓬莱さんの紅葉情報を見ていたら
大台ヶ原は見頃になっていたので、ほんまかいなもう終わってるんと違う?
と半信半疑で今日行ってきたが、完全に終わっていた。
辛うじてシオカラ谷に申し訳程度の黄葉があったが、それも黄葉と言うより
黄色い枯れ葉だった。
昨日も休みだったが、昨日は先日の台風で畑に行く畔道沿いにある
池が崩壊して畑に行けないので、別の所に道を付けるのに忙しく
山には行けなかったが昨日大台に行っても結果は同じだったろう。

大台ヶ原  2017.11.1 の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫