【大峰】 大普賢岳 (無双洞周回)2017.6.15

 2017-06-16
IMG_3668.jpg


和佐又ヒュッテに入り駐車料金を渡し登山届を書いている時
前に停まっている観光バスのお客さんは出発したかスタッフの女性に聞いた。
団体さんは朝食を食べて、1時間前に大普賢ピストンで登ったそうだ。
1時間の時間差があれば山頂で会う事は無いだろう、狭い山頂に大勢いると
ユックリ休憩も出来ないので。登山道にはドウダンツツジとコイワカガミが
咲き乱れ青空の中花を見ながらヨタヨタと登って行くが山頂手前まで行くと
タイミング良くヒュッテ泊の団体さんが下山してきた。
最後に歩いていた若い女性のガイドさんが、今山頂は誰も居ないですよと
声をかけてくれた。大普賢周回は過去3回来ているが、いずれも秋だ
この時期の大普賢は初めてだが、シロヤシオの美しさは一番と思う。
チョイ時期が遅かったが、最盛期は凄い事だろう。
和佐又から大普賢まではドウダンツツジ、コイワカガミ大普賢から
国見岳までは、シロヤシオとシャクナゲの群生と目を楽しませてくれる。
残念なと言うか当たり前だが、シャクナゲはほぼ花を落とした後だった。
そんなこんなで団体さん以外は誰とも会わないで七曜岳~無双洞と
周回して駐車地の和佐又まで帰った。
ヒュッテ上の和佐又山登山口横にはオオヤマレンゲが咲いていた。
最後の無双洞からの登り返しでは、ボロボロのヨレヨレになったが
今日も青空のなか、大満足な山歩きになった。

【大峰】 大普賢岳 (無双洞周回)2017.6.15 の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ジャガイモとニンニクの収穫 2017.6.10

 2017-06-10
今日はニンニクとジャガイモの収穫を手伝った。
家庭菜園と言っても、プロ顔負けの立派な野菜を育てる人や
タマネギはラッキョと間違えるは、ジャガイモは大豆かと見間違えるような
物を作る。人それぞれです・・・(涙)。

ジャガイモとニンニクの収穫 2017.6.10 の続きを読む

カテゴリ :家庭菜園 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

学能堂山のベニバナシャクヤク 2017.6.9

 2017-06-09
IMG_3563.jpg


今日の学能堂山はベニバナシャクヤクの数よりハイカーの方が
多い・・・(我々が山頂にいる時はソコソコだったが)。
朝7時過ぎに浄水場前に着くと、既に先着の車が停まっていた。
登山口付近で単独の男性が下山してきた、駐車地に有った車の人だろう。
その後山頂まで誰にも会わず、今日も静かな山頂かと思っていたら
反対側から登って来た人か?数人がシャクヤク撮影に没頭していた。
コーヒーを飲みシャクヤクの写真を撮って下山するが、
登って来るハイカーの多い事。
昼前の山頂は物凄い人だろうと余計な心配をする。
その中に朝登山口付近で出会った、単独の男性が登って来た。
「早いですね~」と言われたが、この言葉を久しぶりに聞いた。
ヨタヨタとユックリ歩く我々は、普通に遅いのだが・・・。
私「どこから登ったのですか?おもろい道でもあります?」と聞いたら
私らと同じ道を歩き、途中食事休憩1回とコーヒー休憩1回の合計2回の
休憩で今やっと稜線まで登ったと・・・。
この方は夜空を撮るためテントを担いで登る、カメラマン?だった。
そう言えば朝話した時、山頂には行った事は無いが、登山口付近までは
登った事があると話していた、登山口で急用ができ帰ったのかと思っていたが
撮影で林道を歩いていたのか納得。
今日は月が一番遠く見える日らしい、そのため星を撮ると話していた。
色々聞いたが良くわからない、とにかく今日は星の撮影に良い日だろう。
そんなこんなで駐車地に戻ると、物凄い数の車が停まっていた。
浄水場から10m位進むと少し広い所があるが、満車、、、その上にも停まっていた。
コンパクトな山登りのため昼すぎには家に戻った。
この山は周回も、縦走も出来るがヘタレな夫婦はコンパクトが一番と最短距離で登った。
今日も花と青空と絶景で大満足の山歩きになった。

学能堂山のベニバナシャクヤク 2017.6.9 の続きを読む

カテゴリ :室生周辺 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

桧塚奥峰(ヒキウス平・桧塚)のシロヤシオ 2017.6.5

 2017-06-06
IMG_3458.jpg

先週の行者還に引き続き、シロヤシオ鑑賞は桧塚奥峰へ。
登山口は当然の事だが、山頂に一番近いマナコ谷だ。
楽な登山道を体が要求する情けない今日この頃だ。
木漏れ日の中、杉林の杣道を気持ちよく登る、
植林は味気ないとかなんとか言っていたが、楽な道が一番いい。
植林の林を抜ければ、解放感抜群の尾根にでる。
振り返れば、室生の山々、珍しく青山高原の風車まで見渡せる絶景。
展望のいい尾根を登り主稜に着くと、お目当てのシロヤシオが迎えてくれる。
奥峰に行く前にヒキウス平に寄り、その後、奥峰、桧塚と回り
来た道を引き返した。今日も青空の中気持ちよく歩いた大満足の山行だった。

桧塚奥峰(ヒキウス平・桧塚)のシロヤシオ 2017.6.5 の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫