武奈ヶ岳  2016.1.24

 2016-01-25
待望の寒波到来は嬉しいが、およそ山には相応しくないセダンだ。
一応スタッドレスは履いているが、チョットした坂道でも滑る・・・。
登山口まで辿り着けそうな山を選ぶ事から始める。
登山口まで辿り着いて尚且つ登りたい山は、武奈ヶ岳・・・
高見山周回のリベンジも考えたが、天気予報の晴れを信用して武奈に決めた。
心配していた湖西道路もレインボー道路も雪がなく快調に走り367号線から
雪は有るが除雪車で綺麗に路肩に積み上げているので走るには問題ない。
テレビでは大変な寒波で近畿の平地でも雪とか言ってたが道路は普通の冬状態で
良いほうに裏切られたかなぁ。
葛川市民センターの駐車場に着いたらすでに10台以上駐車中だ、皆さん早い。
ただ今日は快晴だが私達が登る時、下山中の人に会ったのは数人だ、
駐車地の車は登山者のと違うのかなぁ、その後も人は少なく
静かな武奈ヶ岳だった。

登山口からアイゼンを装着(初めから凍った登山道)御殿山の急登をヨレヨレで登り
武奈ヶ岳への西南陵を眺めるが例年に比べ雪は少ないが、天気は快晴。
快晴で最高と言いたい所だが、風が強く雪の粉を容赦なく顔に叩きつける。
強風に耐えながら山頂に到着するが、身の危険を感じる(チョイオーバー)ほどの強風。
山頂の写真を撮って即下山。他の登山者も全員、山頂到着、即下山のパターンだった。
昼飯は下山途中、御殿山で食べた。休憩が少ないので
家に着いたのは午後3時過ぎだった。


IMGP2777.jpg

武奈ヶ岳  2016.1.24 の続きを読む

カテゴリ :伊吹・鈴鹿・比良 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

霊仙山  2016.1.16

 2016-01-17
天気の悪いのは分かっていたが、霊仙山に行ってきた。
今畑の登山口に雪は無い、例年この時期には河内風穴を過ぎると雪だが。
前回は今畑~反時計回りで歩いたので今回は落合~時計回りで歩き始める。
今日も嫁と二人だ。荒れた谷沿いを渡渉しながら汗ふき峠に着くも雪は無い。
7合目付近から粉雪が降り始める、その後,前が見えないくらいのガスに包まれる。
ガスで前が見えない上に風が強くなる、このまま進んでも食事が出来る所は無いので
昼には早いが避難小屋に向かった。食事が終わり話をしていると少しガスが晴れてきたので
経塚山に向かって歩き始める、その後山頂~最高点と回り、西南尾根から今畑に下った。
先日馬鹿をやったので、今日はGPS:地図を持って行ったのは言うまでもない。

霊仙山 頂上
IMGP2765.jpg

霊仙山  2016.1.16 の続きを読む

カテゴリ :伊吹・鈴鹿・比良 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

高見山 遭難記  2016.1.10

 2016-01-11
10日は武奈ヶ岳に行く用意をしていた。
9日の武奈の様子をヤマレコでチェックすると、雪は少ないようだ。
雪の西南陵歩きを楽しみにしていたのに残念、今回は中止にしよう。
どこに行くか迷ったが高見山の霧氷はソコソコ有ったので高見山にきめる。
荷物も用意していた45Lのザックから必要最小限の荷物を25Lのザックに入れ替えた。
本来なら地図は用意している比良山系から台高山系に変えてGPSと一緒に
小さいザックに入れる所だが、高見山に行くのに地図やGPSは不要だろうと
持って行かなかった。そのまま就寝。

高見山2016.1.10

高見山 遭難記  2016.1.10 の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

高尾山 (かしわら水仙郷) 2016.1.5

 2016-01-09
正月は仕事、昨年もそうだった、カレンダーを見ると来年も同じようだ。
今日は台高の山に行くつもりだったが、寝過ごして里山歩きに変更した。
寝過ごしたと言うより「山<寝る」雪が有れば逆だが・・・
今年は異常に暖かい、行きたい山も雪がないので中々気合が入らない。
週末からの寒波に期待しよう。

日本一登山者の多い東京の高尾山と同じ山名の我が街の高尾山。
この時期は水仙が咲いているので人も多く、10人位のハイカーと会った。

今日は嫁も一緒に来た、八ヶ岳以来の山歩きだ。
彼女は畑が一番、山はどうでもいいようだ。

高尾山 (かしわら水仙郷) 2016.1.5 の続きを読む

カテゴリ :里山ハイキング トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫