Kohechi Trail  2015.11.19

 2015-11-20
今日の天気予報は昼から晴れ、特に南部はいい天気になる。
少し遠いが南部に行きました。
林道の少し広い所に車を停めて歩き始める。
周りはガスでほぼ景色は見えない。
そんなこんなで山頂到着、ガスの山頂は当然だが展望なし。
山頂は寒いので馬酔木の木陰で、すこし早いが昼飯を食べる。
ガスが切れるのを待つが一向に晴れそうにない。
諦めて下山の準備をしていると一人の外国人が登ってきた。
挨拶をして山頂を後にしたが今日一日お会いしたハイカーは外国の男性一人だけだった。
小屋の前まで下り山頂を巻いて駐車地に戻る予定だったが
まだ行った事のない赤谷峰に行くことにする(嫁が嫌がったのは言うまでもない)。
タイトルの「コヘチ トレイル」はその時登山道にあったテープの文字だ。
歴史の有る道と横文字のアンバランスが面白いと思ったので。
このテープは毎年開催している「小辺路トレラン」の時の物かなぁ?
決して私がトレランに参加したのでは無い。
もう昼を過ぎているが一向にガスが切れる気配がない。
そのうえ冷たい小雨が降り始め、急いで駐車地に戻った。
伯母子岳には二度登っているが二度とも山頂からの大展望に感激したものだ。
今日は終始ガス昼からミゾレと何ともシンドイだけの山行になった。


登山口にある標識も二年前と違い新しくなっていた
IMGP2546_20151120082749d55.jpg


ガス  この時は昼から晴れると信じて疑わなかった
IMGP2548.jpg


景色がないので見えた標識はほとんど撮った
IMGP2552.jpg


そういうわけで標識だ
IMGP2555.jpg


牛首山(稜線上だが)を過ぎた時一瞬ガスが切れた
IMGP2556.jpg


モノトーン一色の中唯一カラーはこの一枚(なごりの紅葉)
IMGP2560.jpg


伯母子岳山頂3Km手前から500m間隔でこの標識があった
IMGP2565_2015112008284741a.jpg


あと一登りで山頂だ
IMGP2568.jpg


伯母子岳 山頂
IMGP2573_20151120082850907.jpg

IMGP2576_20151120082851e1c.jpg

IMGP2577.jpg


伯母子峠の小屋に向かって下る
IMGP2580.jpg


避難小屋とトイレ
IMGP2584_20151120082949dd1.jpg


伯母子峠
IMGP2586.jpg


赤谷蜂の二等三角点
IMGP2592.jpg


山名板
IMGP2593.jpg



赤谷峰 山頂
IMGP2594.jpg



タイトルに使った 小辺路の横文字テープ
IMGP2596.jpg


まだガスの中
IMGP2597.jpg

この後冷たい小雨の中駐車地に急ぐ・・・。


山と高原地図アプリが有れば簡単だが 1エリア500円する。
安いような高いような・・・。
紙の地図は嫌というほどあるので中々アプリ購入に至らない。
今持っているのは、大峰・台高・鈴鹿・比良の4エリアだけだ。

カテゴリ :紀北・奥高野・熊野周辺 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

入道ヶ岳(鈴鹿山系) 2015.11.12

 2015-11-12
入道ヶ岳の山頂に立ったのは2回あるが2回とも鎌ヶ岳からの周回途中で立ち寄ったような物だ。
この山だけを登るのは初めてだ。距離もコースタイムも短いが、ヨタヨタ歩きの自分にはお似合いの山行かも。
登山口は最もメジャーな椿大神社からだ。ここには無料の広い登山者駐車場と綺麗なトイレが有る。
登りは北尾根コースで登ったが距離は短いが中々の急登で登り応えがある良いコースだ。
山頂で早い昼飯を食べて休憩していると、椿大神社の信者の人が大勢登ってきたので我々夫婦はトットと下山の支度を始める。
上る途中に見た井戸谷は紅葉が綺麗だったので下山はこのコースに決めた。
遠目に見ると綺麗な紅葉も近くで見ると残念な紅葉だった。
コースが短いので朝遅く出発したが、大阪に帰って来たのが14時過ぎだった。
コンパクトな入道ヶ岳ハイキングもそれなりに楽しんだ。今日も満足な山行だった(???)。


山と高原地図+GPS 軌跡
入道 アプリ


北尾根コース 登りはじめから椿の木が嫌というほどある、流石 椿大神社だ。
IMGP2394.jpg


避難小屋から自然林に代わり登山道が明るくなる。
IMGP2395_20151112190127ae3.jpg


それなりに綺麗な??紅葉・・・チョイ残念なかなぁ。
IMGP2401.jpg

IMGP2405.jpg

IMGP2407.jpg

IMGP2409_20151112190230af9.jpg

IMGP2413.jpg

IMGP2419.jpg

IMGP2423.jpg


山頂手前からアセビのトンネルを通る。
IMGP2429_2015111219023686d.jpg


アセビと笹が綺麗だ。
IMGP2434_2015111219034120a.jpg


雲母蜂の斜面がパッチワークのようで綺麗だったが写真で見ると残念な感じだ。
IMGP2438.jpg


山頂の鳥居  バックに鎌と御在所。
IMGP2458_20151112190344190.jpg


足元は少ししか写っていないが今日もトレランシューズだ。
ヨタヨタのジジイだが・・・もう慣れて人の目など気にしないし誰も見てないわ。
履き心地は抜群だ・・・しかし似合わんなぁ足元が(汗)
IMGP2467ookura.jpg


少し霞んでいたが伊勢湾も綺麗に見えてヨカッタ。
IMGP2469.jpg


ろっこんしょうじょう・・・と掛け声をかけ登ってきた椿大神社の信者さんが続々と山頂へ
なんで山頂に鳥居があるのか不思議だったが、椿大神社の物か、納得。
信者さんは二本松コースを登ってきた。
我々夫婦は邪魔になるのでトットと下山。
IMGP2472.jpg


鎌ヶ岳と御在所山
IMGP2473.jpg


下山は井戸谷コースで。
IMGP2475.jpg

IMGP2477_20151112190543ad1.jpg

IMGP2481.jpg

IMGP2482.jpg

IMGP2483_201511121905479b7.jpg

IMGP2484.jpg

IMGP2508_201511121906487f6.jpg

IMGP2525.jpg

IMGP2527_201511121906517c1.jpg


今日一番の紅葉は駐車地の前にある椿大神社の紅葉だ(下の2枚)。
IMGP2537_20151112190652f59.jpg

IMGP2540_20151112190654cce.jpg
体には(脚)にはこのくらいが丁度いいが・・・頭のほうは何か物足りない山行やなぁと・・・。
ちなみに家に帰り、風呂上りに体重測定したら朝より増えていた。
カテゴリ :伊吹・鈴鹿・比良 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

迷岳~大熊谷ノ頭   2015.11.6

 2015-11-07
迷岳登山口駐車場~飯盛山~迷岳~柚子の木平(P1285)~大熊谷ノ頭~登山口駐車地

GPS ログ

迷岳アプリ


今日は(11月6日)伯母子岳に行く予定だった。
グレートトラバース2の陽希さんが登るというので見に行こうと
思っていたが、一日順延で今日は釈迦ヶ岳になった。
釈迦ヶ岳はつい最近登ったのと人気の山で狭い山頂は凄い人で
混雑すると思い行くのを辞めた。
その点伯母子岳は山頂も広いのと若干マイナーな山なので狙い目だったのに残念。
そんなこんなで迷岳に行ってきた。下山は久しぶりの唐谷コースか
大好きな布引滝コースにするか決めかねていた、山頂でどちらにするか考えようと
登り始めた。天気は最高で暑いくらいの陽気、稜線に上がると一面の紅葉が目に飛び込む。
ベストタイミングで来たようだ。紅葉を撮りながら山頂に到着した
休憩していると引き返すのが嫌になりそのまま大熊谷ノ頭まで行くことにする。
初めからこのコースと分かっていれば自転車を積んで来るのに・・・。
庵の谷からスメールまで舗装道路を1時間40分歩き駐車に帰った。
予定変更で迷岳に行ってよかった。最高の紅葉と青空、
それからいつもは対岸の道路を車で走るだけの蓮ダム湖も湖畔を歩き楽しかった。
大満足の山行だった。


登る時はガスに包まれていたが段々ガスが消えて幻想的な景色になった
蓮ダムが眼下にみえる
IMG_4088_20151107081530b63.jpg


紅葉も最高だ
IMG_4096.jpg


急な岩尾根を登り最初のピーク飯盛山北峰に着いた
IMG_4100.jpg


紅葉の中を気持ちよく歩く
IMG_4104.jpg

IMG_4105.jpg

IMG_4107_20151107081702e73.jpg

IMG_4110_20151107081704004.jpg


先ほど立っていた北峰も、まるで大台ヶ原の大蛇嵓からのそれのように綺麗だ
IMG_4113.jpg


布引山の斜面もパッチワークのようだ
IMG_4123_20151107081707390.jpg

IMG_4130.jpg

IMG_4140_20151107081810449.jpg

IMG_4146.jpg


唐谷コース分岐のマーキング
この時は此処から下り廃墟となった遊園地を通り駐車地も良いかなぁと思っていた
IMG_4147.jpg

IMG_4149_20151107081814d8c.jpg

IMG_4152_20151107081816834.jpg


これまで細かった稜線が急に広くなるともう一登りで山頂だ
IMG_4153_20151107081933427.jpg


一番広くガスが出たら方向が分からなくなりそうな所に布引滝コースの分岐がある
大好きなコースで唐谷とどちらを下るか迷っていた
IMG_4157.jpg


下山コースが決まらぬまま山頂に到着
ここまで誰とも会わないのは言うまでもない
休憩していたがあまりにも天気がよいので、そうだこのまま前進しようと歩き始める
下山後の舗装道路歩きは長くなるが天気がいいので何とかなるさの心境
ちなみに足元はトレランシューズだ
迷岳にぴったりだ。誰の目も気にすることなく、ヨタヨタと歩ける。
IMG_4160.jpg


大熊谷ノ頭までは小さなピークが数か所あるが全体的に歩きやすい登山道だ
その先 白倉山~野江股ノ頭までは相当キツイアップダウンがあるが。
IMG_4166.jpg


古ヶ丸山~白倉山の山並み(白倉山は写ってない)
IMG_4169.jpg


柚子の木平
IMG_4177.jpg

IMG_4180.jpg

IMG_4185_20151107082040611.jpg


写真を撮ってないがこの先に(柚子の木平と大熊谷の頭の中間点くらいの所)
かなり広いピークがある、右手に真新しいテーピングがあった、地図を見ると布引山に行ける
バリルートのようだった。機会があれば歩いてみたいものだ。
IMG_4196.jpg

IMG_4203.jpg


大熊谷ノ頭
前に来たとき表示場所が違っていたと書いたが
今日は正しい所に表示していた
IMG_4205.jpg


長いベンチ状の木 10人くらい並んで座れそうだ
IMG_4206.jpg


庵ノ谷も紅葉真っ盛り
IMG_4217.jpg

IMG_4231.jpg

IMG_4232.jpg

IMG_4237.jpg

IMG_4240.jpg

IMG_4241.jpg

IMG_4243.jpg

IMG_4247.jpg

IMG_4249.jpg


蓮ダム湖
左岸の道路は一般車が普通に走っている私も宮の谷に行く時利用する
右岸は途中に車両通行止め部があり車は走ってない(林業の方が時々走るようだが)
ダム湖と紅葉の山並みを眺めながら気持ちよく歩く
IMG_4252.jpg


いつも利用している陸橋
IMG_4255.jpg


途中に公園がありヘリポートもある
IMG_4259.jpg


公園
IMG_4260.jpg


布引川 (布引滝は反対側だ)
地図で再確認したら布引滝はこの川の上流だ、登山口が反対側にあるので勘違いしていた
IMG_4288_20151107082557322.jpg


蓮ダムの上にでた、下の吊り橋は布引滝へ行く時使う橋だ
IMG_4293_201511070825586b7.jpg


駐車地に帰ってきた
見えているピークは最初に登った飯盛山北峰
IMG_4302_20151107082600563.jpg

予定変更大正解の紅葉ハイキングでした。初めてのダム湖畔歩きも新鮮で最高でした。
下山まで会った人は庵の谷林道でチェーンソウを使って作業をしていた、林業の男性2人と
蓮ダムの上で紅葉見物に来ていたご夫婦2組。ハイカーとは1人も合わない静かな山歩きだった。

余談ですが。。。
30日に大杉谷に行ってきたが予定では比良山系の武奈ヶ岳でした。
この日は陽希さんが登る予定でした・・・これも1日順延・・・残念で大杉谷でした。
2回振られたので執念深く追いかけるのは辞めたわけで・・・(笑)。

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫