大杉谷(第三発電所~七ツ釜滝ピストン)  2015.10.30

 2015-10-31
21日の下ノ廊下情報によると今年の通り抜けは無理らしい。
9月17日の情報で無理そうなのは分かっていたが残念だ。
仕方がないので憂さ晴らし(?)に近くの馬見公園に行ってきた。

10月26日の馬見公園
IMG_3863_20151031074731ff5.jpg


10月30日(金曜日)そうだ下ノ廊下がだめなら大杉谷がある。
という事で大杉谷に行ってきた。
車の回収が面倒なので第三発電所から七ツ釜滝ピストンにした。
晴れの中気持ちよく峡谷歩きを満喫した。前に行った時は人が少ない峡谷だったが
今日は山ガール&ボーイそれから山ババア&ジジイ(当然私もジジイだ)と沢山のハイカーにお会いした。


GPS ログ
大杉谷 アプリ



熊谷つり橋??つり橋が多すぎて・・・??
IMG_3899.jpg


紅葉はイマイチ
IMG_3900_20151031075012974.jpg


自分的には一番好きな千尋の滝
IMG_3904_2015103107501316c.jpg

IMG_3915_20151031075014e93.jpg


平等嵓つり橋
IMG_3921_20151031075016cae.jpg


平等嵓
IMG_3929.jpg


桃の木山の家 大きな山小屋だ風呂もあるし評判も良いようだ一度泊まってみたい。
IMG_3934.jpg

IMG_3940_2015103107511799d.jpg

IMG_3941_2015103107511955b.jpg

IMG_3943_20151031075120b0b.jpg

IMG_3946_20151031075122561.jpg



七ツ釜滝  すこし早いが昼の菓子パン1個とインスタントコーヒーを食す。
IMG_3948_20151031075235cfb.jpg

IMG_3951_20151031112107feb.jpg


崖に咲いていた リンドウ
IMG_3967.jpg


ダイモンジソウ
IMG_3969.jpg

IMG_3973_2015103107535509c.jpg

IMG_3989.jpg


猪ヶ淵
この写真は下山中だが、
朝ここで長い木材を担いで上(桃の木方面)から下ってくる5~6人の人と出会った。
帰るとき途中に立派なハシゴ(5段くらい)が出来ていた。
登山道の整備も大変だ、こんな人がいるので快適に歩けるわけで有難いことだ。
ちなみにこのグループ全員こんにちは~とか気を付けて~とか声をかけてくれた。
IMG_3993_20151031075359c28.jpg

IMG_4036_20151031075401672.jpg

IMG_4040_20151031075559f86.jpg

IMG_4063.jpg

IMG_4066_20151031075602e32.jpg

IMG_4067.jpg



発電所裏の登山口
IMG_4072_201510310757125b0.jpg

前に行った時は、なんとなく楽に歩ける峡谷だと思っていた。
だが今日は疲れた。小さなアップダウンが多く帰りの第三発電所が遠く感じた。
体調により同じ登山道でもずいぶんイメージが変わるものだ。

何度も足を運びたい好きな所だが・・・遠い・・・歩く時間と同じくらいの車の運転が。


新大杉橋  床がスケルトンぽい変わった構造だ。
IMG_4080_20151031112248e8f.jpg


カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

大台ヶ原   2015.10.19

 2015-10-20
近所の人と春にシロヤシオを見に大台ヶ原に行く約束をしていたが
まさかの「花が咲かない春」になり中止した。その時、代わりに秋の紅葉に行こうと
再度約束していた。幸い紅葉便り(テレビによると)は順調のようなので今日行ってきた。
駐車場に到着時間は9時前、平日というのに広い駐車場はすでに満車
仕方なくバックして路肩に停めたが路肩も物凄い数の車、
日曜を外してゆっくりと紅葉見物と思っていたが見事に外れた。
肝心の紅葉はほぼ終わりだった。木道遊歩道横のシロヤシオは全部葉を落としている
初めから紅葉していなかったのか紅葉後かは定かでない。
辛うじて大蛇嵓から見る向かいの山の紅葉が見頃だった。
車から見る大台ヶ原ドライブウエイの紅葉も素晴らしいものだった。



珍しく 熊野灘が良く見えた
IMG_3818c.jpg


青空で気持ちがいい   
IMG_3821c.jpg


海が見えると嬉しくなる・・・海をみると子供のころを思い出す。
IMG_3832c.jpg


MBSのクルーがドローンで空撮をしていた。
IMG_3843c.jpg


何の番組か聞かなかったが、写っているかも??
IMG_3850c.jpg

CIMG9107c.jpg

CIMG9113c.jpg


大蛇嵓  このあたりからの紅葉が今日一番だ
CIMG9123c.jpg

CIMG9125c.jpg

CIMG9131c.jpg

CIMG9138c.jpg

CIMG9156c.jpg

CIMG9165c.jpg

CIMG9167c.jpg

CIMG9168c.jpg


下の2枚はドライブウエイの紅葉だ
CIMG9186c.jpg

CIMG9188c.jpg


13時ごろ車に帰ると、路駐の車が物凄く増えていた。
最後尾は川上辻ちかくまで!。
私の車は駐車場から100mチョイまだ駐車場に近い方だ。
ここの駐車場はよく整備された気持ちのよい駐車場だ。
今日は路肩に停めたが・・・。
IMG_3862c.jpg




カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

釈迦ヶ岳 (大峰山系) 2015.10.14

 2015-10-14
釈迦ヶ岳の紅葉はイマイチだった。まだ早かったのか、
遅かったのかその辺は分からない?。
写真に撮るとそれなりだが、葉が枯れているのが多いのと
紅葉前に散っている木も多々あった。
山頂で休憩しながら孔雀岳か大日岳どちらに進むか考えた。
紅葉が綺麗なら孔雀岳に行こうと思っていたが。全然駄目だ。
上から見ると大日岳の方がマシのようだ。
大日の鎖場も久しぶりに登りたかったので深仙ノ宿に下った。
鎖場を登り大日岳山頂に立ち休憩もなく写真を撮って巻き道で下り
深仙ノ宿で昼飯(菓子パン1個)を食べて下山した。
紅葉はイマイチだが青空の釈迦ヶ岳は良かった。
今日も大満足の山行ができた。(腰がもうチョイ良ければ言うことなしだが)。


ガーミンGPSログ  山と高原地図
釈迦が岳 ヤマコー



大好きな登山道だ。なんたってアップダウンが優しいのが最高だ。
IMGP2287p.jpg

紅葉はイマイチだ。
IMGP2303p.jpg

山頂は近い。
IMGP2306p.jpg


山頂からの孔雀岳方面・・・アカン紅葉はダメダ。
IMGP2313p.jpg


山頂の紅葉
IMGP2316p.jpg

久しぶりの お釈迦さま
IMGP2317p.jpg


深仙ノ宿に向け下る
IMGP2318p.jpg

IMGP2322p.jpg

IMGP2324p.jpg

IMGP2325p.jpg

IMGP2329p.jpg

IMGP2331p.jpg


大好きな行場
IMGP2334p.jpg


大日岳 正面の岩場を登る
IMGP2335p.jpg


天気が良いので足場は滑らない最高のコンデション って距離が短いが
IMGP2336p.jpg

大日岳から
IMGP2338p.jpg

IMGP2339p.jpg

IMGP2340p.jpg


山頂は狭いので巻き道でとっとと下る
IMGP2344p.jpg

IMGP2345p.jpg

IMGP2346p.jpg

IMGP2350p.jpg

IMGP2357p.jpg

IMGP2360p.jpg

IMGP2363p.jpg

IMGP2366p.jpg

IMGP2368p.jpg

IMGP2390p.jpg

今日は8時前に峠の登山口に到着したが、すでに車が7~8台停まっていた。
山頂や登山道でも珍しく人にお会いした(4~5人)。
平日の山登りでこんなに賑やかなのは人気の山だからかな。
薬師・釈迦ときたら次は阿弥陀岳か・・・チョイ遠いなぁ八ヶ岳は。。
カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

家庭菜園  2015.10.12

 2015-10-12
畑の草刈りをしてきた。
何年か前は美味しいミカンが取れていたミカン畑も手入れをしていないので、
森になった自然に帰るのは早い。今は森と化したミカン畑の下の段は現役の野菜畑だ。
その間の斜面の草を刈った。結構しんどい・・・大汗を流した。
労力 > 収穫・・・は言うまでもない(涙)。


愛用の中国製草刈り機。
ススキが背の高さほどある、草刈り途中・・・綺麗になった時は疲れて写真もない。
IMGP2257ha.jpg


白菜
IMGP2259ha.jpg


キャベツ
IMGP2260ha.jpg


大根
IMGP2262ka.jpg


サツマイモ  ミニトマト(アイコ)  枝豆(完全自然農法で作った枝豆の種で出来た貴重品?)
(1) サツマイモは大変美味しゅうございます。
(2) ミニトマトは昨年の種が落ちて芽が出たものだ、硬いので料理用ならいいかも。
(3) 友人にもらった自然農法で作った種、やっと食べれるようになったが、硬いの一言だ
    残りは大豆になるまで植えたままにすることに決めた。
    わざわざ持ってきた友人には悪いが・・・ダメダはこの枝豆。
    次に会ったら本当のことを言う・・・.。
IMGP2263ha.jpg
カテゴリ :家庭菜園 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

薬師岳  【2】   2015.10.8

 2015-10-10
一晩中吹き荒れていた強風は朝になって益々強くなる。
強風と寒さで表に出るのも嫌になるほどだ。
ここは富山湾からの吹き上げで有名らしく、小屋の西側には
石積みの塀がある。小屋の主人もこれだけの強風は珍しいと話していた。
予定では朝食前に山頂でご来光・・・と思っていたがこの風で登るのをやめた。
昨日登ってよかった。ゆっくり朝食を食べて風の中折立に向かい歩き始めるが
真直ぐ歩くのは至難の業だ。風は崖からの吹き上げで安全な方に体が持っていかれ
るので怖さはない。稜線の終わり薬師平(東側)まで強風の中歩く。
その後は景色を眺めながらゆっくり下る。、
薬師峠まで下ると静かな無人のテント場だ、シーズンオフを感じる。
キャンプ場から登り返して太郎平小屋で小休止。
樹林帯に入ると紅葉が綺麗だった。今回行く予定だった山は紅葉狙いのため順延続きで
紅葉には遅くなったので中止、その代わり薬師岳にした。
ここの紅葉は有名どころの目を見張るような紅葉ではなく
関西の山に行けば普通に見れる紅葉だがそれなりに満足した。
昼前に折立に無事下山 帰りに白樺ハイツで温泉に入り帰宅した。

薬師岳の印象は気楽に登れる優しい登山道で私のような腰痛持ちも無理なく登れる山だ。
途中の急登でヨレヨレになったのはご愛敬。(ちなみに二上山でも同じようにヨレヨレになる)
そんなこんなの薬師岳は大満足の山行だった。


薬師平
IMG_3711y.jpg


薬師峠に向かって下る
IMG_3715y.jpg

IMG_3716y.jpg

IMG_3723y.jpg


薬師峠キャンプ場
IMG_3724y.jpg

IMG_3725y.jpg


振り向いて薬師岳
IMG_3729y.jpg



太郎平小屋 前で小休止
薬師の方にある薬師岳山荘の水は雨水のため、歯磨きも洗顔も駄目だが
この小屋は水が豊富にある、トイレの横には流れぱなしの綺麗な水が出ていた
yyyy.jpg


駐車地(登山口)の有峰湖が見える
IMG_3750y.jpg


樹林帯に入り紅葉が綺麗だ
IMG_3751y.jpg

IMG_3765y.jpg


トンネルは有峰林道、(有料 往復1900円)トンネル手前に無料駐車場がある
IMG_3780y.jpg

IMG_3782y.jpg

IMG_3790y.jpg

IMG_3794y.jpg

IMG_3796y.jpg


登山口 無料のキャンプ場と駐車場がある
IMG_3802y.jpg

薬師岳に行くなら 立山→五色が原(泊)→薬師岳→折立 が一番だと聞いていたが
公共交通機関が苦手な自分は車で行くので、難しいコースだ。
折立には定期バスもある。
折立→太郎平→薬師岳 のピストンは、急登はなく(谷のごく短い区間が少し急だが普通の人には問題ない)
全コース危ない所は皆無で緩やかな所は木道だ、今回は早朝歩くと木道に霜が降り転倒事故続発と
注意書きがあった程度だ。北アルプス西の端から見る景色は感動ものだった。
此処から見る山は槍ヶ岳を初め登った事がある山がほとんどなので、なおさらよかった。

カテゴリ :北アルプス トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

薬師岳 【1】   2015.10.7

 2015-10-09
晴れに見放され遠征を諦めた途端に晴れになった。
一度気持ちが切れたので本命の山は見送る。どこでも良かったが薬師岳に行ってきた。
折立から樹林帯の気持ちの良い登山道を登る。気持ちの良いとは急登ではなく、整備も、ほどほどで、それでいて荒れてない丁度いい感じの道を登る。森林限界を過ぎると傾斜は
さらに緩くなり太郎平小屋の前に飛び出す。
小屋前の広場ですこし休憩をする。右に行けば黒部五郎岳、雲の平だ。
左は薬師岳、五色が原~立山だ、薬師に向かい木道を進み薬師峠キャンプ場へ下って行く。
それまでこの先進む道が遠くの方まで見渡せたが、キャンプ場の先に道が見えない。
正面に岩のゴロゴロした谷が一直線に山の上まで伸びている、まさかあれを登るのか?
まさかの道を登るが、太郎平小屋までの楽勝ペースがこの沢の急登で一変にヨレヨレに変わる。
帰りに同じ道を下ったが、大した距離でもなく、なんてことは無い谷だったが・・・。
谷を登り切ると後は薬師まで抜群の景色を見ながらの稜線歩きだ。
薬師岳小屋で宿泊の手続きを終え休憩後、山頂へ登る。眺望は文句なしの山頂だ。


この先 木道に変わり程なく太郎平小屋前の広場だ。(太郎兵衛平)
IMG_3552y.jpg


右に進むと黒部五郎岳 雲の平方面
IMG_3554y.jpg


左は薬師岳 五色が原 立山方面  正面の薬師岳に向かう。
IMG_3563y.jpg


太郎兵衛平から薬師峠キャンプ場まで下り、正面に白く見える谷を登った所が薬師平だ。
写真でも分かると思うが距離は短い・・・ここまでの楽勝ムードがいつものヨレヨレモードに変わるのに
時間はかからなかったのは言うまでもない。昨今の体力低下は目を覆うばかりだ。
IMG_3566y.jpg


問題の谷を登っている、谷の水は日当たりの悪い所は少しだが凍っていた。
IMG_3576y.jpg


薬師平から   右から双六岳・三俣蓮華岳・槍ヶ岳・鷲羽岳・ワリモ岳・水晶岳 その手前が雲の平
IMG_3584y.jpg


薬師のカール
IMG_3595y.jpg


黒部五郎岳
IMG_3602y.jpg



薬師平 
富山湾から吹き上げる風で、ハイマツの背が低い。
富山側の斜面のハイマツはライチョウが隠れても首から上は出るだろう。
IMG_3614y.jpg


今日の宿   まだ新しく気持ちのよい小屋だった。
IMG_3616y.jpg


明日早朝登る予定でゆっくり休んでいたら、
同室の京都から来た若いご夫婦(前方の二人)が明日の天気は分からないので
今から登るという。
時間も早いので我々も後を追うよに登った。
IMG_3622y.jpg

IMG_3626y.jpg

IMG_3627y.jpg

IMG_3628y.jpg

IMG_3629y.jpg


いつもの事だが・・・たしかこの中に大好きな針ノ木岳も入っていると思うが・・・
IMG_3633y.jpg


偽ピークに騙されながら登る、奥のピークが薬師岳。
IMG_3635y.jpg


山頂から  槍・鷲羽・ワリモ・水晶・赤牛
IMG_3640y.jpg


北薬師岳
IMG_3641y.jpg

IMG_3654y.jpg


山頂の祠  石で鐘を鳴らしたら良い音がした。
IMG_3656y.jpg


立山  劔はガスの中 頭が少しだけ見える。
IMG_3658y.jpg


この下の二枚と思うがなぁ・・・撮っている時は分かっているつもりだったが
こうして見ると自信がない。
IMG_3662y.jpg

IMG_3663y.jpg


IMG_3667y.jpg


富山側は終始ガスだが薬師が壁になり、もう午後四時だというのに
他の山はくっきり鮮明に見える
IMG_3674y.jpg


槍ヶ岳と穂高連峰
手前は雲の平と小屋。 近くでみると??・・・ 
薬師~雲の平~黒部五郎の周回もいいかと思っていたが
太郎兵衛平から見ると行かなくても良いかに変わったのは何故だ?。
何故だって・・・わかっているくせに・・・
太郎兵衛平から谷に下り劇登りを見た途端に気持ちが折れた。
黒部五郎は三俣から行こう。
IMG_3682y.jpg


黒部五郎岳の後ろに笠ヶ岳
IMG_3684y.jpg


富山側の雲海に沈む夕日。
IMG_3691y.jpg

つづく

薬師岳




カテゴリ :北アルプス トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫