木曽駒ヶ岳  2015.7.21

 2015-07-22
中央アルプスの木曽駒ヶ岳に行って来た。
7年前に菅の台から木曽駒・宝剣~空木岳の周回を歩いた事がある。
今回は宝剣・木曽駒の日帰りハイキングだ。
今回は色々なことがあり中止も考えたが行ってよかった。
梅雨明け十日と言うが正にそうだった。またとない快晴の一日だった。


ガーミンベースキャンプ GPS軌跡
木曽駒

Yamakei Online コースタイム&登山計画付き地図 注:GPSではない、登山計画地図だ
木曽駒スキャン





コースは千畳敷から極楽平~宝剣岳~中岳~木曽駒ヶ岳~農ヶ池~乗越浄土~千畳敷。
日帰りハイキングで無理のないコースと思い決めた、農ヶ池は初めて行ったが思いのほか綺麗だった。


極楽平に登る途中からの南アルプス
甲斐駒ヶ岳~赤石岳まで勢ぞろい、その後ろに富士山も良く見えた。
抜けるような青空で最高だった。
木曽駒ペンタックス 001a

木曽駒ペンタックス 011a

極楽平 御嶽山も良く見える
左は空木岳への縦走路、今日は反対方向の宝剣岳へ
木曽駒ペンタックス 017a

宝剣岳
木曽駒ペンタックス 026a

頑丈な鎖の他に足場の悪い所にはステップがあるので簡単に登れる(南斜面)
木曽駒ペンタックス 027a

宝剣岳から見る空木までの縦走路、一番奥が空木岳
木曽駒ペンタックス 031a

宝剣岳から千畳敷駅(ロープウェイ)
木曽駒ペンタックス 032a

木曽駒ペンタックス 033a

反対側から今下りた宝剣岳を・・・(北斜面は岩の坂道に近い緩い斜面)
木曽駒ペンタックス 034a

木曽駒ペンタックス 038a

中岳からの木曽駒
山小屋は駒ヶ岳頂上山荘だこの小屋の食事はワースト3に入る、個人の感想だが
7年前なので今はどうだかわからない・・・。
木曽駒ペンタックス 045a

コマクサ
木曽駒ペンタックス 048a

木曽駒ヶ岳
山頂で早い昼飯(途中で買ったコンビニのおにぎり)を食べて、中岳の巻道を通りそのまま下山の予定だったが
平日と言うのに物凄いハイカーにビックリ。人の少ないのは宝剣岳だけ、そのほかは・・・。
急遽予定変更、農ヶ池回りで乗越浄土まで歩く事にした。
思惑通り静かなハイキングが出来た、二人の他には若い男性一人だけだった、見通しが良いので、その他に人影なし
池には数組のハイカーがくつろいでいた、皆さん逆(乗越浄土)から池までのピストンのようだ。
池からの登り返しは辛かったが行って良かった所だ。

地図は「木曽駒・空木」の山と高原地図と上に掲載の山と渓谷社のコースタイム・・・を印刷して
持って行った。あくまで参考程度に、まさか農ヶ池に行くとは思ってなかったのでこの地図を持って行ったのは正解だった。
結局このコースタイム地図通りの山行になった。
このヤマケイのオンライン地図は無料で中々の物だ。北海道~四国九州までの主な山域はあるのだが、
残念なのは未だ近畿地方のコースタイム(地図はある)がない事だ。そのうち出ると期待している。
木曽駒ペンタックス 053a

木曽駒から農ヶ池に行く途中からの宝剣と中岳
木曽駒ペンタックス 061a

木曽駒ペンタックス 067a

農ヶ池  雪溶け水で思いのほか美しかった。
ただこの先登山道は雪溶水で川のようだった。
木曽駒ペンタックス 073a

このような雪渓を三か所横切った。お疲れぎみの相方。
木曽駒ペンタックス 082a

乗越浄土
木曽駒ペンタックス 109a

千畳敷
木曽駒ペンタックス 113a

木曽駒ペンタックス 120a

クロユリ
木曽駒ペンタックス 126a

ミヤマキンポウゲ
木曽駒ペンタックス 009a

イワツメクサ
木曽駒ペンタックス 010a

ナナカマド
木曽駒ペンタックス 066a

ヨツバシオガマ
木曽駒ペンタックス 092a

ハクサンイチゲ
木曽駒ペンタックス 114a

ゴゼンタチバナ
木曽駒ペンタックス 138a

この二枚はキャノンで撮った。こちらの方が綺麗なような?気がする?
チングルマ
木曽駒キャノン 038a

林道
木曽駒キャノン 050a

約2ヵ月チョイで7.5kg痩せた私、相方は病気とちゃう検査にいったらと・・・馬鹿を言うな努力の結果やと私。
体重と脚力は別物というのがわかった今日この頃だ。
乗越浄土   バックは宝剣岳
昼過ぎにはガスになるのが当たり前のことだ。今日は良く晴れた一日だった。
バスとロープウェイは往復3900円、朝は平日でも並んでいるが、人が多いと臨時便がでるので大丈夫だ。
文明の力を使い、お気楽に高山気分を味わえる最適の山だと思う。
木曽駒ペンタックス 111a

カテゴリ :八ヶ岳・中央アルプス トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

八経ヶ岳   2015.7.14

 2015-07-15
今日は八経ヶ岳に行って来た。
目当てはオオヤマレンゲだ。この花も今年の花付はイマイチのようだ。
花の数が例年に比べ少ないようだったが、それなりに楽しめた。
コースはもっともポピュラーなトンネル西口ピストンだ。
虫に悩まされることのない快適なトレイルだ。
帰りは奥駆を行者還岳に向かって歩いたが、相方の反対で駐車地に急降下。
今日はトレランシューズだ急降下なんのその、足の指に無負荷で快適に下れた。


山と高原地図   GPSログ
弥山 八経ヶ岳

スタート地点は有料駐車場のチョイ下の広い路肩だ。
1000円は高いように思うが公営なら村にお金が落ちるので納得だが・・・民間らしいので停めなかった。
弥山で堺から来た人の話では駐車料金1000円払いトイレで100円徴収されたらしい、トイレは駐車料金に入っているでしょう。
私のような他に停めた人はトイレ料金を取るのは当たり前だが。

そんなこんなで駐車地から約5分で登山口に。
八経ヶ岳 7.14 001

八経ヶ岳 7.14 003

天気は最高

八経ヶ岳 7.14 005

奥駆道出会いだ、今日は絶好調だ、いつものヘロヘロではない、これって何年振りか?
八経ヶ岳 7.14 011

八経ヶ岳 7.14 017

弥山が見えてきた
八経ヶ岳 7.14 020

八経ヶ岳 7.14 028

???・・・草

八経ヶ岳 7.14 034

八経ヶ岳 7.14 037

八経ヶ岳 7.14 039

弥山に到着 階段地獄も今日はスイスイ
今日は相方の来るのを何度となく待つ・・・この快調も今日だけのような気もするが
八経ヶ岳 7.14 041

弥山奥宮からの八経ヶ岳
八経ヶ岳 7.14 043

八経ヶ岳 7.14 044

弥山 奥宮
八経ヶ岳 7.14 046

カラマツソウ
八経ヶ岳 7.14 051

オオヤマレンゲ
八経ヶ岳 7.14 058

八経ヶ岳 7.14 061

八経ヶ岳 7.14 064

八経ヶ岳山頂からの明星ヶ岳
八経ヶ岳 7.14 069

山頂から
八経ヶ岳 7.14 071

山頂の錫杖越しに弥山小屋
八経ヶ岳 7.14 081

下山中にもう一度オオヤマレンゲを撮る
花は少ない
八経ヶ岳 7.14 088

八経ヶ岳 7.14 089

八経ヶ岳 7.14 090

八経ヶ岳 7.14 093

八経ヶ岳 7.14 101

バイケイソウも今年は花がほとんどない
八経ヶ岳 7.14 110

八経ヶ岳 7.14 113

八経ヶ岳 7.14 117

上の笹の中に咲いていた花  フジイバラ?

八経ヶ岳 7.14 120

この先でトンネル西口に急降下
八経ヶ岳 7.14 123

今日は調子が良かったので行者還岳に行きたかったが、こういう時は単独がいいなぁ。
もっとも急登が短くアップダウンの少ない登山道だったのが良かったのか?
大峰で楽な登りは稲村ヶ岳が一番だと思う、なんたって急登はないのが好きだ。
その次位かなぁ八経ヶ岳は。

きっと次のハイキングはヨレヨレの・・・。

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

金剛山 2015.7.4

 2015-07-04
去年の12月以来の金剛山に行って来た。
朝の天気予報は曇り雨が降るのは夜間・・・水越峠に車を停めて歩き始めると小雨(涙)
太尾東尾根から登り山頂へ。
休憩もそこそこに傘でも歩きやすいダイトレから駐車地に戻った。
久しぶりの金剛山はケルンが無数(チョットオーバー?)にあった。
太尾道で4ヵ所まで数えたがその後も幾つかあった、ケルンブーム?か。


バス亭(方向転換地)横の駐車地に運良く1台分空きがあり、そこに停める
水越公共駐車場は満車・・・天気が悪いのに流石金剛山、人気がある
金剛山7.4 001


このような真新しいケルンが多数・・・多過ぎ・・・のように思うなぁ
金剛山7.4 002

この写真を撮っていると周りが騒がしい
金剛山7.4 008

ライブカメラに写る人達だ
金剛山7.4 010

あんなんほしいなぁ   右のお姉ちゃん違うよ・・・ソフトクリームやで(ダイエット中)
金剛山7.4 011

寄り道
ここからテープに導かれ高天谷東尾根を下り、途中で登り返す。高天彦神社Pまで下るとしんどいので。
急登だが腐葉土の足に優しい道だ(腰痛には最悪だが)
金剛山7.4 019

金剛の水場のアジサイ
金剛山7.4 020

???
金剛山7.4 023

シロツメ草
金剛山7.4 024

キツリフネ草
金剛山7.4 026

金剛山

金剛カシミール
カテゴリ :金剛紀泉の山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫