ジャガイモとニンニクの試し掘り 2015.5.31

 2015-05-31
IMG_2710.jpg
カテゴリ :家庭菜園 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

タマネギの収穫と草刈 2015.5.29

 2015-05-29
タマネギを収穫したが今年は小さい。原因はわからない??らしい。
タマネギは連作OKだといい毎年同じ所に植えていた、来シーズンは別の所に植えるらしい。
(相方談)。

ついでに草刈をしたが、収穫の割に労力のほうがはるかに大きい。疲れた。


収穫まえのタマネギ
IMGP1401-1.jpg

小さい!(*_*)
IMGP1404-1.jpg

こんなかんじ・・・
IMGP1408-1.jpg

草刈後
隅にある犬小屋は、犬の匂いがすると猪が警戒して近づかないと言うので(ネット情報)もらってきて
設置したが効果なしだった。
IMGP1405-1.jpg

まあまあ綺麗になったかなぁ
IMGP1406-1.jpg

綺麗になった(自画自賛)
IMGP1407-1.jpg
カテゴリ :家庭菜園 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

鎌ヶ岳 入道ヶ岳 周回 2015.5.27

 2015-05-27
鎌ヶ岳 入道ヶ岳 反時計周り周回

宮妻キャンプ場駐車場(無料)➠カズラ谷➠鎌ヶ岳➠鎌尾根(水沢岳)➠
水沢峠➠イワクラ尾根➠入道ヶ岳➠新道コース➠宮妻キャンプ場

今年はシロヤシオも花付が悪いようなので花は諦めて鎌と入道の周回に行って来た。
同じコースで何年か前に周回した事がある。今日は暑くて何時もに増してヨレヨレで
歩いた。鎌尾根は想定内のアップダウンだったが、水沢峠から先は距離は短いが急登
激下りの繰り返しでシンドイ事この上ない。前歩いた時の事は忘れていた。
歩きながら、前もヨレヨレで歩いたなぁと思い出した。
きっと3年後くらいに又行くだろう・・・辛い事は忘れて。

あまり恥ずかしいので一度削除したが、今回の山行は水を半分家に忘れた為かなり焦った。。

GPS 軌跡
入道 鎌


カズラ谷で鎌ヶ岳へ
IMG_2652-7.jpg

2回渡渉をすると左手に滝が見える。ここから鈴鹿特有の砂礫の滑りやすい登山道を登る。
IMG_2653-7.jpg

数は少ないが色々なツツジが咲いていた。
IMG_2656-7.jpg

IMG_2655-7.jpg

浜峠 付近からの鎌ヶ岳(写真ではわかりにくいが簡単に登れる)
IMG_2658-7.jpg

山頂に咲いていた ウツギ
IMG_2660-7.jpg

山頂直下のクサリが新しくなっていた。
IMG_2662-7.jpg

御在所岳
IMG_2663-7.jpg

鎌ヶ岳 山頂
IMG_2664-7.jpg

鎌尾根
IMG_2670-7.jpg

ツツジの向こうに今から行く 入道ヶ岳
IMG_2672-7.jpg

IMG_2673-7.jpg

ツツジ??ウツギ
IMG_2674-7.jpg

鎌尾根
IMG_2675-7.jpg

IMG_2677-7.jpg

IMG_2678-7.jpg

水沢岳(宮越山) 尾根上のピーク
IMG_2679-7.jpg

ズルズル滑りながらやっと下った水沢峠 ここから登り返す。イワクラ尾根のアップダウンはキツイ・・・
IMG_2680-7.jpg

IMG_2681-7.jpg

IMG_2682-7.jpg

IMG_2683-7.jpg

IMG_2684-7.jpg

重ネ岩??
IMG_2686-7.jpg

アップダウンがやっと終わった。
IMG_2687-7.jpg

椿大社奥宮?
IMG_2688-7.jpg

山頂に沢山の人・・・皆さん下山するようだ。
IMG_2690-7.jpg

山頂までもうチョイ
IMG_2691-7.jpg

貸切の山頂
IMG_2693-7.jpg

四日市の街
IMG_2695-7.jpg

鎌と御在所
IMG_2697-7.jpg

IMG_2698-7.jpg

IMG_2699-7.jpg

IMG_2701-7.jpg

IMG_2703-7.jpg

IMG_2705-7.jpg

谷を渡れば宮妻キャンプ場
IMG_2706-7.jpg

登山口に戻った。駐車地まで2~3分
IMG_2708-7.jpg

縦走路を歩いていると(バテバテで)カッコウが鳴いていた。
この声を聴くと夏やなぁと思う。


山と高原地図が分割されている・・・合わせるのが難しい・・・
鎌+入道ヶ岳セット
カテゴリ :伊吹・鈴鹿・比良 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

稲村ヶ岳 2015.5.21

 2015-05-22
今日は久しぶりの稲村ヶ岳に相方と行ってきた。
約3年ぶりの稲村だ。好きな山だがなぜ長期間登ってないのか不思議だ。
この山一つだけ気になる事がある。山頂にあるベランダの洗濯干場のような展望台だ。
あの人工物のおかげで眺望はいいのだが、山頂は自然のままで、その近くにベランダを
作り展望台としたら良かったように思うのは私だけかなぁ。
今年はどこの山も花がイマイチだが稲村も同じだ。シャクナゲは殆どの木に蕾もない。
オオミネコザクラは何時もの所に少しだけ咲いていた。
3年前探したが見つからなかった鉄剣も3年前Mさんに教えて頂いたので無事対面できた。
帰りにゴロゴロ水も汲んで帰った。たしか300円だったと思うが今は500円だ。
コーヒーメーカー用に使う、家にいる時は1日、7~8はい飲む、ほぼ中毒だ。

途中の直線部はGPSのログが暴れていたので一部削除したためです
稲村地図

今日は天気は良く青空だが一日中強風が吹き荒れ寒かった。
IMG_2564-7.jpg

定番のマンモス
IMG_2572-7.jpg

崩壊した橋(難なく通過できるが)
IMG_2576-7.jpg

稲村小屋付近のツツジ
IMG_2577-7.jpg

大日山  帰りに登ろう
IMG_2579-7.jpg

イワカガミ
IMG_2584-7.jpg

イワカガミの蕾
IMG_2585-7.jpg

オオミネコザクラ
IMG_2586-7.jpg

IMG_2587-7.jpg

IMG_2588-7.jpg

IMG_2589-7.jpg


稲村ヶ岳の三角点
IMG_2594-7.jpg

ベランダから展望台から
IMG_2597-7.jpg

展望台・・・なんかなぁ
IMG_2598-7.jpg

IMG_2601-7.jpg

シャクナゲ
IMG_2605-7.jpg

IMG_2607-7.jpg

シャクナゲと大日山
IMG_2606-7.jpg


宝剣?鉄剣?何処かの山頂のそれのようにピカピカ光ってないが、剣は黒く輝くように
建っている。イメージでは台座が錆びていたので剣も錆びていると思っていた。
災いを断ち切る・・・と思うが、切れないのと違う?と思っていたが大丈夫のようだ。
IMG_2609-7.jpg

剣付近に咲いていた
IMG_2610-7.jpg

剣から大日山 
IMG_2611-7.jpg

大日山登り口のツツジ
IMG_2612-7.jpg

大日山 山頂
IMG_2613-7.jpg

大日山 下山中の景色
IMG_2614-7.jpg

IMG_2616-7.jpg

IMG_2617-7.jpg

下山中 オオミネコザクラ
IMG_2623-7.jpg

IMG_2624-7.jpg

IMG_2625-7.jpg

IMG_2626-7.jpg

小屋の前で昼飯を食べたが寒くて震えながら食べた(飛ばされそうな強風で)
IMG_2627-7.jpg

帰りはレンゲ辻から
IMG_2628-7.jpg

山上ヶ岳
IMG_2631-7.jpg

IMG_2632-7.jpg

IMG_2633-7.jpg

IMG_2634-7.jpg

IMG_2635-7.jpg

女人結界門 で大橋に下る
IMG_2636-7.jpg

IMG_2644-7.jpg

IMG_2647-7.jpg


この先の大型駐車場で消防署の車が待機していた。
隊員のかたに変わった事はなかったか聞かれた。
20日に白装束で登った方と連絡が取れないそうだ、今日は一日ヘリコプタで捜索していた、早く見つかればいいのだが。
IMG_2648-7.jpg

新聞記事
広島県の男性が山岳遭難の恐れ
(5/21 20時52分)
 天川村の山上ケ岳に1人で登りに出かけていた広島県の男性の行方が分からなくなっており、警察は遭難した恐れがあるとして、けさから捜索しています。
 行方が分からなくなっているのは、広島県尾道市に住む無職・池田一男さん70歳です。
 池田さんは、天川村洞川の山上ケ岳に登るため、きのう午前11時ごろ、大峰大橋登山口から入山したのを最後に連絡が取れなくなっています。
 下山予定時刻を過ぎても池田さんが旅館に戻らないことから、旅館の経営者が警察に通報したということです。
 警察は、遭難の恐れがあるとして、けさから捜索にあたりましたが、発見には至っていません。



母公堂でコーヒーを頂く。
IMG_2650-7.jpg

母公堂は駐車料金500円と良心的だ。おまけにコーヒーまで出してくれる。
このサービスは私の知る限りでは、伊吹山の某駐車場とここだけだ。
コーヒーを頂き帰りにゴロゴロ水と名水豆腐を買って帰った。
私の嫌いな急登は皆無の(逆回りは少し急だが)私のような軟弱者に向いた
稲村ヶ岳だ。平日だがそこそこのハイカーにお逢いした。
大日山では変わった人に逢った・・・。
カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

今日の家庭菜園 (2015.5.12)

 2015-05-12
早生のタマネギを収穫した。
普通のタマネギは6月初旬の予定だ。
イチゴとエンドウ豆はもう終わりに近い。
今年は沢山出来、美味しくいただいた。

IMG_2559-7.jpg
カテゴリ :家庭菜園 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

馬ノ鞍峰~山ノ神ノ頭 2015.5.10

 2015-05-10
今日は台高の馬ノ鞍峰に行って来た。
約3年前に一度登った事がある。「三之公~山ノ神ノ頭~馬ノ鞍峰」
最新の登山道情報はブロ友のmojimaroさんが
つい最近(3月24日)登った記事で確認済み。
この山に行くのはアケボノツツジとシャクナゲを見るためだ。
これもhawksさんが2012.5.14に登った記事
「アケボノツツジとシャクナゲが咲き乱れる馬ノ鞍峰」を見た時、何時か行こうと
温めていたコースだ。
ブログを休止していたhawksさんも最近、更新した元気そうで良かった。

三之公の駐車地に着いたらすでに3台駐車していた。
今日は馬ノ鞍峰まで花を見ながらのんびりと、なのでピストンの予定だ。
明神滝は下山に立ち寄ることにして先に進む。
隠し平?を通過(歴史に疎いので良くわからないが)。
mojimaroさんが唯一汗をかき登ったと言う急登を登り尾根に乗った。
私はと言うと急登前からヨレヨレで尾根に乗った途端、大休憩、コーヒーを飲み
15分位座り込んでいた。さあこれからアケボノツツジとシャクナゲのトンネルの
中を登って行ける、と歩き始めるが、花が無いアケボノツツジは登山道に少し落ちている。
木にはほとんど付いてない。シャクナゲも少しだけ咲いているが、ほとんどの木には蕾もない。
今年は鈴鹿も花付が悪かったが、それなりに綺麗だったが、ここはあかんサッパリだ。
花が無いので馬ノ鞍峰に早く着いた。このままピストンで帰るのも勿体ないので
山ノ神ノ頭まで縦走することにした。
縦走路も花付が悪くシャクナゲが少しと山ツツジがぼつぼつの感じだった。
嫌と言うほどのアップダウンで山ノ神ノ頭に着いたが、三之公に下る登山道は通行止めになっていた。下山後確認したら駐車地から川に下る登山口に鎖を張り通行止めの注意書があった。
ここから馬の鞍まで引き返す体力はもうない。違反を承知で下山することにした。
良く自己責任で通ると言うが、ここはそんな問題では無いようだ。
これから、今回のような(逆も)周回は出来ないようだ。
下山中思い出したが、ピストンのつもりで明神滝に寄ってない。
そうだ滝の近くに下ろう。GPSを見ながら下ったが、着地が少し川下の方になったので
もう一度滝まで登るのが嫌でそのまま駐車地に戻った。
ちなみに駐車中の3台はそのままあった。山中で誰とも逢わなかった。
月末にシロヤシオを見に山行の予定だが今年の花は駄目だろう。

山と高原地図  GPS
馬の鞍~山の神

三之公 登山口 朝登る前に撮ったが立ち入り禁止見えてる・・・ピストンのつもりで気にも留めてなかった。
IMG_2445-7.jpg

なるほどずいぶん良くなったなぁ。情報通りだ。
IMG_2447-7.jpg

IMG_2450-7.jpg

IMG_2453-7.jpg

明神滝は後でと・・・この時は思っていた。
IMG_2456-7.jpg

IMG_2461-7.jpg

IMG_2462-7.jpg

IMG_2464-7.jpg

IMG_2467-7.jpg

この後、尾根までの急登が始まる。
IMG_2469-7.jpg

尾根に乗った、休憩休憩・・・ヨレヨレだ。
IMG_2470-7.jpg

尾根のアケボノツツジとシャクナゲ  これで全部(涙)
IMG_2472-7.jpg

IMG_2475-7.jpg

IMG_2476-7.jpg

IMG_2479-7.jpg

IMG_2481-7.jpg

花が少ないので予定の時間よりだいぶ早く着いた。馬ノ鞍峰 山頂
IMG_2482-7.jpg

池木屋山への縦走路
IMG_2483-7.jpg

反対側 時間があるので大台ケ原への縦走路を山ノ神ノ頭まで行こう。
反対側から縦走した事があるが逆は初めてだ、今回の方が少しだけ楽なようだ。
IMG_2484-7.jpg

この縦走路も花は駄目だ。 少しだけ有ったシャクナゲ。
IMG_2486-7.jpg

IMG_2487-7.jpg

IMG_2489-7.jpg

IMG_2490-7.jpg

縦走路には山ツツジが所々咲いていた。
IMG_2492-7.jpg

IMG_2497-7.jpg

IMG_2499-7.jpg

IMG_2500-7.jpg

IMG_2501-7.jpg

IMG_2502-7.jpg

IMG_2503-7.jpg

IMG_2504-7.jpg

IMG_2505-7.jpg

IMG_2508-7.jpg

IMG_2509-7.jpg

IMG_2510-7.jpg

IMG_2516-7.jpg

IMG_2521-7.jpg

IMG_2522-7.jpg

IMG_2523-7.jpg

IMG_2524-7.jpg

IMG_2525-7.jpg

IMG_2532-7.jpg

IMG_2534-7.jpg

IMG_2536-7.jpg

IMG_2538-7.jpg

IMG_2539-7.jpg

山ノ神ノ頭 山頂
IMG_2540-7.jpg
山頂で写真を撮り下山する尾根の方を見ると、真新しい
立て看板がある。通行禁止だ、その理由を詳しく書いてある。
あまりのショックで看板の写真は撮らなかった。
下の写真は下山中間地点にあった。
かなり古いが、上で見た看板と同じ事をコンパクトにしたような注意書きだ。
と言う事は昔から立ち入り禁止だったのか。
地図には破線も無い、下から登る時は迷う心配はなかったが。
下山はGPSが無いと彷徨うだろう。
今思うと、途中なぜ明神滝に向かったのだろう?運よく対岸に渡る橋が有る
場所へ着地したが。本当はあのまま駐車地下のハウス横に下るのが正解だった。
立ち入り禁止の為、写真は撮らない事にした。(写真と立ち入り禁止は関係ないが)
IMG_2541-7.jpg

着地失敗 滝はここから歩いて15分ほど上流。もう登る元気はない。
それにしても良い所に橋があった。
IMG_2542-7.jpg

IMG_2544-7.jpg

ここに登ってきた。登山道復帰。
橋を渡り右岸を歩くと踏み跡は薄いが道がある、そのまま進んで行くと
登山道に復帰した。途中沢の終わりに立入禁止の標識もあった、
振り向き確認した(今日はなんなんだ!)。
以前はこの標識の所から沢伝いに滝に行けたようだ、それで立派な橋もあったのか。
今は標識に書いているように登山道を30分ほど登り滝に行くように書いてある。
IMG_2547-7.jpg

下山後改めて確認、ほんまや通行止めや。
下の橋も無いか確認に行く。(横から通った)
IMG_2550-7.jpg

あれっ橋もある・・・川向の小屋は今も現役かなぁ?
IMG_2552-7.jpg

最近皆様のブログにコメントを入れてないが、ほぼ毎日訪問して楽しく拝見しています。

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

迷岳(八知山林道~柚子の木平)2015.5.5

 2015-05-05
連休中は有名な山はどこも人で一杯だ。
私は賑やかな所が苦手だ。今日は単独で登るので人の少ない所に行こうと
色々迷ったが台高の迷岳(私の中では困った時の迷岳)に決めた。
せめて登山道だけでも初めての道ということで、八知山林道から登った。
登山口まで遠いのは承知していたつもりだが・・・遠かった。
八知山線だが林道終点から少し下った広場にキャタピラーのユンボが置いてあった。
今木材の運搬中か、そのおかげか舗装なしの林道だが、凸凹は少なく
私のセダンでも難なく通れた。分岐には標識もあり迷うことは無い。
この林道、稜線の近くまで登れるので短時間で迷岳に達する。
あまり早いので、この前、大熊谷の頭~縦走路で迷岳に向かう途中、柚子の木平で
リタイアした、その道を反対側から歩いた。
その時の日記、【初夏のような気温の台高縦走路を歩く】
柚子の木平から見ると迷岳が標高差以上に高く感じたが、
歩いてみると標高差以上でも以下でもない、当たり前の事だが。
迷岳山頂への最後の登りは 縦走路(柚子の木平)< 口迷岳 < 飯盛山。
縦走路からが一番楽だった。この前もうチョイ頑張ればよかった。
登山口から山頂までは。八知山林道~が一番楽だ、飯盛山経由も庵の谷林道からも、どちらもキツイ。

山頂到着までは北からの強風で寒いくらいだったが、下山は青空になり風も穏やかで
最高のハイキング日和になった。
この山に花は初めから期待していなかった。
下山時間が早いので、ツツジの写真を撮りまくった。
そういう訳で花が多いように見えるが、ほぼ新緑の稜線だ。
思い通り貸切の迷岳を堪能した・・・。
山頂まではヨレヨレで登った方が達成感がある。

GPS 軌跡    
迷岳ー柚子の木平

車を停めて歩き始める
IMG_2289-7.jpg

登山口の標識はもっと手前にあるが登山道らしくなるのはこの辺りから
IMG_2299-7.jpg

フェンス沿いに登ればもう稜線だ、北風がキツイ。
IMG_2302-7.jpg

台高の稜線らしくない広い縦走路だ
IMG_2305-7.jpg

北側は飯高町側(ホテルスメール付近)
IMG_2308-7.jpg

IMG_2309-7.jpg

口迷岳は稜線上にある小さなピークだ
IMG_2314-7.jpg

迷岳が見えてきた
IMG_2319-7.jpg

IMG_2320-7.jpg

IMG_2325-7.jpg

思い出したようにツツジの花が稜線上に咲いている
IMG_2326-7.jpg

迷岳山頂 今日も風がきつく寒い
IMG_2328-7.jpg

池木屋山への縦走路、次のピーク柚子の木平に向かう
IMG_2329-7.jpg

正面は柚子の木平
IMG_2330-7.jpg

IMG_2332-7.jpg

バイケイソウ
口迷岳から此処まで稜線南側はバイケイソウが多かった、咲いたら綺麗かなぁ。
IMG_2336-7.jpg

IMG_2337-7.jpg

柚子の木平
ここではじめての休憩コーヒーを飲んで迷岳を眺める。何んとなく遠く感じるなぁ
IMG_2339-7.jpg

柚子の木平

IMG_2344-7.jpg

この前ここから見た写真に「正面は迷岳その後方に飯盛山」
と書いたが間違いだ、後方に見えるピークは口迷岳だ。
飯盛山は北の方角で迷岳に隠れて見えない。
IMG_2346-7.jpg

新緑が綺麗だ。
写真はツツジが多いが稜線は新緑に覆われている
IMG_2347-7.jpg

IMG_2358-7.jpg

この先ツツジの写真撮りまくり
IMG_2365-7.jpg

IMG_2366-7.jpg

IMG_2367-7.jpg

IMG_2371-7.jpg

IMG_2372-7.jpg

コンビニのおにぎり私の中では梅とシャケが定番だ
セブンイレブンでは今税込100円だ。
ちなみに「ポリウレタン製?表示なしの座布団」オリタタミ式はダイソーで買った物。
中々優れ物だ、雪の上でも快適にすごせる。
小物はダイソーとワークマンで買う(落としても気にならないのがいい)
山頂は寒いので下山途中で食べた
IMG_2377-7.jpg

IMG_2379-7.jpg

この辺りは変わった木が多くあった

IMG_2380-7.jpg

IMG_2382-7.jpg

アカヤシオは今日の山行でこの一本だけ
アカヤシオとアケボノツツジは違うらしいが良く分からないので
アケボノツツジかも?
IMG_2387-7.jpg

IMG_2388-7.jpg

IMG_2389-7.jpg

アカヤシオのアップ
IMG_2391-7.jpg

アカヤシオとミツバツツジ
IMG_2392-7.jpg

IMG_2393-7.jpg

IMG_2394-7.jpg

IMG_2396-7.jpg

古ヶ丸山と白倉山の稜線
IMG_2398-7.jpg

IMG_2401-7.jpg

IMG_2403-7.jpg

IMG_2404-7.jpg

見晴岩

IMG_2405-7.jpg

IMG_2409-7.jpg

IMG_2411-7.jpg

桃の木平 
バイケイソウで埋まっていた

IMG_2412-7.jpg

IMG_2415-7.jpg

IMG_2419-7.jpg

IMG_2422-7.jpg

IMG_2431-7.jpg

宮川が見えてきた、上流は大杉谷だ
IMG_2432-7.jpg

鹿よけのフェンスに沿って下る
IMG_2434-7.jpg

IMG_2436-7.jpg

IMG_2437-7.jpg

IMG_2438-7.jpg
カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫