御在所岳:国見岳 (2015.4.29)

 2015-04-29
今日の山行は三人でアカヤシオを求めて国見岳にいった。
一人は以前、御在所岳に行ったが、時間的な問題で登りはロープウエイを使い
下りは裏登山道で下山したので、今回国見岳に行くなら御在所岳の中登山道を
登ってみたいとのリクエストで、
中登山道~御在所岳山頂~国見峠~国見岳~下山は全員初めての国見尾根で下りた。
この日は終始ガスで(最近ガスが多いなぁ)展望はイマイチだったが、
目的のアカヤシオも今年は花付が悪く、昨年のような華やかさはないが、それなりに綺麗で大満足の山行だった。
初めて使った国見尾根登山道はデンジャラスな面白いコースだ。
中道の奇岩も素晴らしいが、この尾根のそれはダイナミックと言うかビックリの連続だった。

今日は久しぶりに派手なトレランシューズでヨタヨタと歩いてきました(涙)。
ヨタヨタは靴を変えて治るものではないので、こんなものでしょう。
久しぶりのトレランシューズはやっぱ楽です、特に下りは最高です。
私の場合下りで足の親指の爪を死にいたらすが、この靴は最高に履きやすい。
勿論登りも楽です。ソックスのTABIOもバッチリだ。


カシミール
御在所国見カシミ―ル

GPS 軌跡
御在所~国見

7時30分到着で駐車場は満車。
この駐車場が中登山道に一番近いので到着時間の7時30分ですでに満車。
近くには路駐の車が多数、その間をパトカーが路駐は違反なので停めないでと
スピーカーのボリュウムを上げて巡回中。
この駐車地に来るまで何か所かある駐車地も満車だった。
上まで走り武平峠まで行こうかと思ったが、来る時一か所一台分の空が有ったのを
思い出し、あわててUターン、運よく空のまま(トンネルを出たところ)。
中道と裏道の中間点だ、丁度良い場所だ。そこに停めて歩き始める。
IMGP1286-2.jpg

地蔵岩。
IMGP1303-2.jpg

中道のアカヤシオ。
IMGP1306-2.jpg

ガスで展望は・・・
IMGP1313-2.jpg

ロープウエイもガスの中。
IMGP1318-2.jpg

ザゼンソウ 御在所山頂下に水芭蕉の池が出来ていた。その近くに咲いていた。
IMGP1320-2.jpg

山頂
IMGP1321-2.jpg

国見峠  右へ下れば裏道登山道だ。今日は登り返して国見岳に行く。
IMGP1328-2.jpg

IMGP1331-2.jpg

石門の上からのアカヤシオ
IMGP1337-2.jpg

石門の上で飯を食べた、上は天気が良ければ絶景だが。
IMGP1344-2.jpg

国見岳山頂。
フデリンドウ?ハルリンドウ
IMGP1365-2.jpg

ハルリンドウ?の花。
IMGP1351-2.jpg

山頂の岩場から。
IMGP1352-2.jpg

国見尾根の分岐、尾根で下山。 中々ハードなコースだ。
IMGP1357-2.jpg

IMGP1361-2.jpg

IMGP1367-2.jpg

天狗岩?だったかな?凄い岩だ、この前も後も奇岩が次々と・・・圧倒的なスケールだ。
IMGP1371-2.jpg

IMGP1374-2.jpg

IMGP1376-2.jpg

IMGP1377-2.jpg

IMGP1379-2.jpg

IMGP1380-2.jpg

あれっ山頂に青空が・・・
IMGP1382-2.jpg

IMGP1383-2.jpg

IMGP1384-2.jpg

IMGP1388-2.jpg

IMGP1389-2.jpg

藤内小屋が見えてきた、やっと国見尾根が終わった。
国見尾根はてっきり破線と思っていたが実線だ、きつい実線だなぁ。
IMGP1393-2.jpg

IMGP1394-2.jpg

IMGP1396-2.jpg

何年か前来た時は、この砂防ダム工事中の為大きく巻いて(鉄の橋を何か所も通り)いたが
今は藤内小屋からそのまま沢沿いを歩きダムの下を通るように道が有る。ずいぶん楽になった。
IMGP1398-2.jpg

裏道登山道に咲いていた、イワカカミ。
IMGP1399-2.jpg

行く時名阪国道で雨にあい、どうなることか心配したが、雨が降らなかったので
良しとしよう。アカヤシオもイマイチだったが、見れたので、これも良し。
藤内小屋まで下ってきたら、山頂は晴れていた。いつものことだ。
それなりに楽しいハイキングだった。


カテゴリ :伊吹・鈴鹿・比良 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

屏風岩公苑(住塚山:国見山)2015.4.23

 2015-04-24
屏風岩公苑(曽爾村ホームページより)
屏風岩(高さ868m)は兜岳の西側にあり、奇鋒がその名の示すように南面にあたかも屏風を立てたように屹立しています。
その幅2km、鋸の刃のように鋭くそびえ、垂直に柱状節理の岩壁が約200mの断崖をなしています。岩盤には、ミツバツツジなどが咲き誇り、麓に広がる公苑は、春には大木の山桜が咲き乱れ、秋には紅葉で彩られる岩壁とのコントラストは圧巻


おそらく近畿地方では最後に桜が咲くと思う屏風岩公苑に行って来た。
今回も相方と一緒だ、相変わらずイマイチの脚力のため、ゆるゆるのハイキングに
徹している今日この頃だ。
8時過ぎに屏風岩公苑の駐車場に到着。一人200円の入園料は良心的だ。
桜は七割がた散っていた、一週間前くらいが満開だったようだ。
それでも大満足の美しさだった、青空に桜は綺麗だ。
公苑で堪能するまで桜を眺め、林道を少し戻ったところにある小さな鳥居の横から
屏風岩の上に上がり上から桜を眺めたが、これも絶景だ。
その後住塚山~国見山と周回して、歩き始めの鳥居の所へ下ってもう一度
公苑のベンチで桜を観賞して家路についた。


GPS 軌跡
国見山4.23


屏風岩公苑
IMGP1197-1.jpg

IMGP1199-1.jpg

IMGP1200-1.jpg


あの崖の上に登ろう(崖の上に登山道がある、覗こむと危険だが普通に歩けば問題ない道だ)
IMGP1202-1.jpg


屏風岩の上からの眺め、綺麗だ。
IMGP1211-1.jpg

IMGP1218-1.jpg

IMGP1219-1.jpg

IMGP1222-1.jpg

IMGP1228-1.jpg


住塚山からみる屏風岩(裏側)、遠くに曽爾高原が・・・久しぶりの青空だ
最近はガスの山行ばかりだったのが嘘のような晴天だ、山登りは青空に限る。
IMGP1234-1.jpg


住塚山
IMGP1241-1.jpg

IMGP1244-1.jpg


国見山  気持ちよく昼飯をたべる。
IMGP1255-1.jpg

IMGP1257-1.jpg


クマタワの閉鎖中のトイレまでくだった。
IMGP1264-1.jpg
ここから林道を下り途中右折して住塚山方向に向かう林道を登る、
地味にしんどい林道の登りが続く・・・もういい加減うんざりしたころ
若宮峠(屏風岩)の標識に従い山を登り返すとアッと言う間に朝登った
若宮峠に到着、あとは急坂を下れば、登山口の鳥居の横に出る。


登山口鳥居の奥にある祠まで帰った。
IMGP1276-1.jpg


帰る前にもう一度、公苑の桜見物。
IMGP1279-1.jpg

IMGP1280-1.jpg

IMGP1281-1.jpg

IMGP1283-1.jpg

IMGP1284-1.jpg

屏風岩公苑約100m手前、鳥居からの登山道は「山と高原地図」に記載なし。
ガーミンのベースキャンプ(日本登山地図)には黒の破線だ、昔の道のようだ。
鳥居の近くに行けば古い標識がある、林道からは良くわからない所にある。
済浄坊渓谷上部の林道も登山地図には乗ってないが、林道に標識はある。
カテゴリ :室生周辺 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

夏野菜の植え付け 2015.4.18

 2015-04-18
當麻農協で毎年恒例の夏野菜の苗販売日だ。
安いので買いに行った(相方が)。
スイカ・ナス・トマト・ピーマン・キューり・・・ミニトマトは自宅で種から育てている(相方が)。
種から芽が出ているが未だ植えるまで大きく育ってない。そうだ。


キューり
IMGP1188-2.jpg


ナス
IMGP1190-2.jpg


スイカ   別の場所にも植えた。
IMGP1189-2.jpg


トマト
IMGP1192-1.jpg


ジャガイモも芽が出た
IMGP1194-1.jpg
カテゴリ :家庭菜園 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

霊仙山 2015.4.16

 2015-04-17
大好きな霊仙山に行って来た。この山の魅力は、標高1000mチョイとは思えない大展望の南西尾根だが今日はガスで何も見えない。最近の山行はほぼガスだ。
今日は今畑登山口から南西尾根へ登り最高点、山頂、経塚山、避難小屋、汗拭き峠の
反時計回りで周回した。

GPS 軌跡  今畑~反時計回り
りょうせんやま


今畑登山口
IMGP1093-1.jpg

廃村 ここの福寿草は終わっていた。
IMGP1094-1.jpg

IMGP1097-1.jpg

笹峠から壁のような急坂は、昨日までの雨で粘土質の土が田んぼ状態・・・
写真を撮る余裕なし、やっとのことで岩場までたどり着く。
IMGP1105-1.jpg

南西尾根(近江展望台)もガスのなか。最近ガスばかり・・・。
IMGP1109-1.jpg

近江展望台
IMGP1112-1.jpg

IMGP1117-1.jpg

IMGP1118-1.jpg

IMGP1120-1.jpg

西南尾根   福寿草の群生地   残念ながらもうほぼ終わりだ。
IMGP1121-1.jpg

IMGP1122-1.jpg

IMGP1124-1.jpg

IMGP1135-1.jpg

IMGP1138-1.jpg

IMGP1140-1.jpg

山頂が見えてきた
IMGP1144-1.jpg

IMGP1146-1.jpg

最高点 山頂よりチョイ高い
IMGP1148-1.jpg

最高点からの山頂
IMGP1149-1.jpg

IMGP1152-1.jpg

いつもの事だが風がきつい
IMGP1157-1.jpg

風がきついので向うにみえる避難小屋で昼飯をたべよう
IMGP1160-1.jpg

避難小屋
IMGP1163-1.jpg

せっかく来たが中は暗いので表でたべる・・・。
IMGP1164-1.jpg

IMGP1165-1.jpg

IMGP1175-1.jpg

お虎ヶ池は標識が正面に「池」横に「俗名お虎ヶ池」と変わっていた
これで一件落着か(笑)
IMGP1178-1.jpg

展望台まで下ってきたが、生憎何もみえない。
IMGP1182-1.jpg

今日はトレランしユーズにしようか迷ったが、登山靴で来て正解だった。
もう無茶苦茶や・・・途中で滑ってザックも登山パンツもどろどろ・・・この状態の所で滑ったので
見るも無残・・・見ていたのは相方だけだったのがただ一つの救いトホホ・・・
IMGP1183-1.jpg

汗ふき峠  ここからの下りが一番の心配だったが、日当たりが良いので土は乾いていたので
滑らず平和に谷まで下れた。
IMGP1186-1.jpg

登山道崩壊の為二度ほど渡渉がある
どろどろの登山靴やその他の汚れを落すのに丁度よい(情けない)
IMGP1189-1.jpg

登山道のグチャグチャには参った。登りは笹峠からの急登。
下りはジグザグの地道。滑ったのは何と登り、初めて登りで転んだ。
反時計周りの周回は相方の要望だった。近江展望台から笹峠までの急坂は
転びそうで嫌だと、その急坂をまさか自分が転ぶとは、しかも登りに・・・。
今回の山行は泥道との戦いだった。
ヒルの出る前にもう一度登りたい、こんどは日照り続きに(笑)シャクヤクも見たいし。
カテゴリ :伊吹・鈴鹿・比良 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

家庭菜園 2015.4.12

 2015-04-12
サツマイモを植えるため畑を耕してきた。
もう一度堆肥を入れて耕す。

豆と玉ねぎ・・・その他
IMGP1088-1.jpg

耕し中  中央はイチゴ
IMGP1089-1.jpg

イチゴの花
IMGP1090-1.jpg

ジャガイモも芽をだした
IMGP1092-1.jpg
カテゴリ :家庭菜園 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

葛城山  2015.4.11

 2015-04-11
明日の日曜日は天気が良いようだが午前中は野良仕事(畑を耕す)で昼から仕事だ。
今日は天気が微妙だったが、雨でなかったら大峰に行く予定だった。
朝早く起きたが雨がふっている・・・・・。
二度寝して起きたら(8時)。雨は降ってない、この時間からでも登れる葛城山に行くことにする。
ショウジョウバカマとカタクリ狙いだ。


今日もガスの中のスタート。登山口は水越峠、天狗谷ピストンだ。
IMGP1006-1.jpg

ショウジョウバカマは今が見ごろだ。
IMGP1009-1.jpg

IMGP1010-1.jpg

IMGP1018-1.jpg

クロモジ
IMGP1022-1.jpg

ガスは相変わらずだ。
IMGP1023-1.jpg

IMGP1024-1.jpg

IMGP1032-1.jpg

IMGP1033-1.jpg

ツツジ園のデッキ上で昼飯を食べた。もう一月もすれば、ツツジで真っ赤にそまることだろう。
IMGP1035-1.jpg

カタクリは天気が悪いので、ペリカンのようだ、カタクリは日が当たるといつでもOK状態だ。
IMGP1041-1.jpg

IMGP1047-1.jpg

アオキの実。
IMGP1056-1.jpg

下山途中で薄日がさす・・・。
IMGP1064-1.jpg

IMGP1065-1.jpg

IMGP1068-1.jpg

水場も崩壊して様子が変わっている。
IMGP1070-1.jpg

ワスレナ草。
IMGP1073-1.jpg

桜と金剛山。
IMGP1080-1.jpg

駐車地に帰ってきた。
IMGP1084-1.jpg

さわんど茶屋 今日は営業中だ。
IMGP1087-1.jpg

綺麗なショウジョウバカマはみれたが、カタクリは残念な状態だったが天気がイマイチなので仕方ない。
三人での山野草巡りの山行は大満足だったかな?。。
カテゴリ :金剛紀泉の山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

大洞山:尼ヶ岳 2015.4.9

 2015-04-09
先日、中学校(大分県)の同窓会が有り欠席した私にも
その時の写真が送ってきた。
○十年ぶりに見る同窓生の顔は皆元気そうだ。

色々忙しく久しぶりの山だ。
比較的簡単に登れる大洞山と尼ヶ岳にした。
下太郎生バス停手前から林道を倉骨峠まで上がり峠を起点に歩きはじめた。

GPS  軌跡
大洞山 4.9


今日はガスで景色は見えない(よく言えば幻想的だが鬱陶しいかぎりだ)
ガスは下山まで晴れることはなかった。

倉骨峠登山者駐車場に着いたら徳島ナンバーの車が停まっていた。
単独の男性が、軽く会釈して尼ヶ岳の方に歩いて行った。
私は支度を終えて逆方向の大洞山に向かう。
大洞山から尼ヶ岳と回ってきたが、その後この男性と逢うことはなかった。
私の帰る時まだ車はそのまま停車していた。
IMGP0936-1.jpg

登山者駐車場は映画のロケ地だ。(かなり広い駐車地に2台停まっているだけ)
この映画はどこで見たか忘れたが見た(飛行機の中か?長時間のっていたので映画を沢山見た中にあったのか?)
IMGP0937-1.jpg

大洞山から行こう。
IMGP0938-1.jpg

IMGP0939-1.jpg

IMGP0941-1.jpg

IMGP0942-1.jpg

IMGP0943-1.jpg

登山道には昨日の霧氷の残骸が散らばっていた。昨日は綺麗なことだったろう。
IMGP0945-1.jpg

IMGP0946-1.jpg

雄岳に到着、標高は雄岳が高いが、大洞山山頂は雌岳だ。
IMGP0948-1.jpg

雌岳は少し下って登り返す。
IMGP0949-1.jpg

IMGP0950-1.jpg

雌岳山頂で休憩。下界で飲むコーヒーはもっぱらブラックだが
山で飲むコーヒーは甘いのに限る(インスタントだが、本格的なコーヒーは山でも
ブラックが美味いのかなぁ)
ちなみに山専ボトルは、この色限定のセール品だから、安ければ色に拘らない(シルバーがいいな~)。
IMGP0954-1.jpg

雌岳から大洞キャンプ場のほうに下る、峠までは石畳の道を歩きたいので。
IMGP0955-1.jpg

IMGP0958-1.jpg

IMGP0960-1.jpg

IMGP0961-1.jpg

IMGP0967-1.jpg

IMGP0969-1.jpg

IMGP0970-1.jpg

IMGP0971-1.jpg

IMGP0974-1.jpg

IMGP0978-1.jpg

IMGP0980-1.jpg

尼ヶ岳への登山道、植林の中を歩くので景色はイマイチだ。
IMGP0985-1.jpg

山頂に近くなると自然林の気持ち良い道にかわる。
IMGP0986-1.jpg

ガスで景色はなし、晴れていると青山高原がみえるのだが。
IMGP0987-1.jpg

山頂はかなり広く気持ちがいいのだが天気が・・・
IMGP0990-1.jpg

帰ろう・・・
IMGP0993-1.jpg

大タワまで下った、峠までは登りだ、帰りの登りはいやだなぁ。
IMGP0996-1.jpg

地味にシンドイ最後の石段登り。
IMGP0998-1.jpg

林道がみえた、あっちの方が楽そうだ、林道に行こう(どちらも同じ登りだが)
IMGP0999-1.jpg

今日逢ったのは徳島ナンバーの人と大洞山で出会ったご夫婦だ
ご夫婦は三多気から登って尼ヶ岳に行く予定が、ガスで景色が見えないので
尼ヶ岳は止めて下山した。その時「三多気の桜」はどうでしたかと聞いた。
いまが見ごろとの事だったので、峠から三多気の方に車で走り、
ちょっとだけ見てきたが、写真の構図が悪くイマイチに写っているが
実際は綺麗だった。無料駐車場もほぼ満車で花見の客で賑わっていた。

【三多気の桜】
IMGP1001-1.jpg

IMGP1002-1.jpg
カテゴリ :室生周辺 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫