藤原岳(大貝戸道~木和田尾 周回)2015.3.22

 2015-03-23
福寿草を見に藤原岳に行って来た。
いつものホボ高速で2時間チョイ8時前に表登山道駐車場に到着。
残念ながら満車、Uターンして小学校下の登山者専用駐車場に停めて歩き始める。
表登山道のジグザグ道を登り8合目付近から残雪と雪解けのグチャグチャがミックスした
登山道に変わるころ、福寿草も満開で迎えてくれた。
藤原山荘上広場で昼飯にする。暑くもなく寒くもない絶好のハイキング日和だが
残念なのはガスが多く見晴らしはイマイチだった。
山頂(展望台)には寄らなかった、今日は展望も悪そうなので展望台はパスと珍しく三人の意見が一致した。今日は三峰山に一緒に登った三人での山行だった。
昼飯を食べて次の目的地、天狗岩に向かう。
天狗岩から白船峠までは残雪の中を気持ちよく歩けた。木和田尾の下山は思いのほか
ハードだった。昨年の木和田尾~聖宝寺 周回のほうが楽な気がした。
下山後の駐車地までの車道歩きの30分はうんざりしたが目的の福寿草は丁度見頃で
大満足の山行だった。

GPS 軌跡
小学校下の駐車地から表登山道休憩所駐車地まではGPSのスイッチを入れ忘れた。
頭陀ヶ平から真直ぐ木和田尾に下らなかったのは雪が深く危ないと思い少し遠回りだが
白船峠経由にしたが・・・ここも中途半端な腐れ雪で苦労した。
藤原3.22

Google earth  GPS (下山 22日 午後4時19分) 
藤原グーグル


IMGP0821-1.jpg

IMGP0830-1.jpg

IMGP0835-1.jpg

福寿草には雪が似合う・・・ので近くの雪を持ってきた・・・
IMGP0838-1.jpg

IMGP0845-1.jpg

IMGP0846-1.jpg

藤原岳の山頂が顔をだす。
IMGP0847-1.jpg

藤原山荘横の福寿草(雪は近くから持ってきて撮影)
IMGP0851-1.jpg

ここで食事休憩、山頂はガスだ。
新しいトイレは使用禁止の張り紙・・・一番のシーズンになんなんだ??
IMGP0859-1.jpg

IMGP0865-1.jpg

IMGP0866-1.jpg

残雪はまだ多い。
IMGP0870-1.jpg

天狗岩が見えてきた。
IMGP0873-1.jpg

天狗岩からの藤原岳は一番綺麗に見える。
IMGP0875-1.jpg

天狗岩から・・・
IMGP0877-1.jpg

頭陀ヶ平へ向かう。
IMGP0883-1.jpg

頭陀ヶ平の三角点
IMGP0884-1.jpg

御池岳が近い。
白瀬峠に向かう。(今思えば多少雪が深くてもここを下ればよかった)
IMGP0887-1.jpg

IMGP0891-1.jpg

トラロープで立ち入り禁止になっていた坂本谷(谷が崩壊しているらしい)
IMGP0892-1.jpg
カテゴリ :伊吹・鈴鹿・比良 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

初夏のような気温の台高縦走路を歩く  2015.3.17

 2015-03-17
山登りを控えているが一向にパッとしない腰痛。山登りをしても休んでいても同じなら
天気も良いので久しぶりに登ってみるか、調子が悪かったら清く引き返す。
無理はしないと固く決心(そんなたいそうな)。
そんなこんなで適当な山??に行った。
アプローチの林道は長く展望もイマイチだが私好みの山だ。
相方は人の多い山が好きなので今まで一度もこの付近は歩いてない。
今日のコースはほぼ林道歩きで稜線に出ると台高縦走路を歩くので、きっと平日でも人が歩いているはずだと、
いいかげんなことを言って誘った。
この辺りは休日でも誰も歩かないだろうが・・・。

目的の山は「迷岳」だ事前に調べたコースタイムでは余裕で到着できるはずだっが
林道歩きに約1時間大熊谷の頭に着いた時には青息吐息・・・。
大熊谷の頭からの台高縦走路は抜けるような青空と広く明るい稜線、テンション上がるが
脚は上がらず(涙)。何度かのアップダウンを繰り返し、P1286「柚子の木平」まで
歩いた。目の前には迷岳の山頂が見えているが、この広場で迷岳を眺めながら昼飯にする。
残念だが今日はここまでで、来た道を引き返す。また次の機会にトライしよう。


林道を歩きながら・・・抜けるような青空
IMGP0756-1.jpg

この林道は、およそセダンで走る所ではない。所々に排水溝があるが、普通は溝を掘っている。ここの林道は土砂を盛り上げて水が流れる方式だ。溝が詰まる心配はないナイスな構造だが、
セダンで走ると盛り土の所で2回腹をガリガリと擦る・・・なぜ2回かは・・・
とにかく走ればわかる。途中の広い所に停めて歩き始めるが、長い林道歩きが・・・。
帰りは排水溝手前で相方を車から降ろすこと数回、平和に走れた。。。相方は失礼なおっちゃんやと・・・。
IMGP0763-1.jpg

林道は途中フエンスで行き止まりだ。フエンスの横から登山道だ。
IMGP0764-1.jpg

庵ノ谷の頭  フエンスと縦走路の中間地点あたり、見逃しそうな何でもない所にある。
IMGP0765-1.jpg

右手には池木屋山~桧塚まで見える。あちらの山は雪を被って綺麗だ。
IMGP0766-1.jpg

【台高縦走路】向うの山が迷岳と思って頑張っていたが・・・。
IMGP0770-1.jpg

IMGP0772-1.jpg

IMGP0775-1.jpg

P1286 【柚子の木平】
IMGP0776-1.jpg

柚子の木平で昼にする。正面の山が迷岳~奥の山は飯盛山の二つのピーク。(口迷岳)
GPSを見るとここの標高が1286m迷岳が1309m距離は950mだが一度下って登り返すのはしんどい
正面を見ると標高差以上に高く見える。。
IMGP0778-1.jpg

柚子の木平
IMGP0781-1.jpg

残念だが今日はこのくらいで引き返そう。
IMGP0783-1.jpg

IMGP0785-1.jpg

IMGP0786-1.jpg

遠くに池木屋山~桧塚の台高縦走路。
IMGP0787-1.jpg

IMGP0790-1.jpg

IMGP0792-1.jpg

南の山並みは左から古ヶ丸山、右の丸く見えるピークは白倉山。
IMGP0794-1.jpg

IMGP0798-1.jpg

左は白倉山すこし離れて野江股ノ頭。
IMGP0799-1.jpg

IMGP0801-1.jpg

大熊谷の頭  2013年にあった標識がなくなっていた。
野江股ノ頭~白倉山~大熊谷ノ頭 
IMGP0803-1.jpg

少し離れたこの場所に大熊谷の頭の標識があるが
GPSで調べたがここは大熊谷の頭から庵の谷に下る途中の狭いピークだ。
良く探さなければ見えないので良いのか?。
IMGP0804-1.jpg

違う所にある標識。
IMGP0805-1.jpg

IMGP0809-1.jpg

IMGP0810-1.jpg

IMGP0814.jpg

林道からの桧塚奥峰と桧塚、向こうは雪で綺麗だ。裏側から見た桧塚はカッコいい
(山に裏表はないだろうが)
IMGP0816.jpg

林道を歩いていると相方が前方に熊がいると、立ち止まる、遠くてよく見えないが
黒い動物がこちらを見ている。立ち止まって見ていると森の中に入った。
近くで見るとカモシカだ。熊で無くて良かったような、残念なような・・・。
IMGP0818.jpg

庵ノ谷林道~大熊谷の頭~柚子の木平 ピストン

GPS 軌跡
柚子の木3.17

柚子の木平
カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

タマネギとエンドウの草取り

 2015-03-05
久しぶりに畑の草取りに参加した?。

タマネギには最後の追肥の手伝いをした(なんで最後かわからないが?)。


タマネギ
IMGP0744-01.jpg

エンドウ
IMGP0745-01.jpg
カテゴリ :家庭菜園 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

武奈ヶ岳 2015.2.28

 2015-03-01
持病の腰痛の為、しばらく休んでいた山登り。
多少ましになったようなならないような?で今日は大勢の人で賑わっていた武奈ヶ岳にいってきた。
天気も良く雪もそれなりに美しく大満足の山行だった(今日は相方と二人)。

坊村からのスタート
御殿山の急登もおわり・・・いつもに増してヨレヨレだったなぁ。
IMGP0663-01.jpg

雪庇が溶けてソフトクリームのようだ。
IMGP0665-01.jpg

いつになく元気な相方。
IMGP0668-01.jpg

霧氷ではなく雪が被さっている・・・綺麗だ。
IMGP0672-01.jpg

御殿山から蓬莱山(琵琶湖バレイ)
IMGP0673-01.jpg

武奈ヶ岳で一番好きな西南稜、特に雪の西南稜は最高だ。
IMGP0679-01.jpg

西南稜から今歩いて来た御殿山をみる。
IMGP0683-01.jpg

もうすぐ山頂だ。
IMGP0685-01.jpg

ガンバレ・・・
IMGP0687-01.jpg

山頂が見えてきた。
IMGP0689-01.jpg

写真では山頂の人がすくないようだが・・・大勢でビックリ。
IMGP0696-01.jpg

IMGP0700-01.jpg

山頂から北稜をみる。釣瓶岳~蛇谷ヶ峰かな?。
山頂北側で昼飯をたべる。今日は風もなく暖かいくらいだった。天気はよいが微妙に霞んでいたのは黄砂か?。
IMGP0701-01.jpg

西側の霧氷
IMGP0708-01.jpg

賑やかな山頂
IMGP0709-01.jpg

IMGP0713-01.jpg

下山中
IMGP0718-01.jpg

西南稜の雪庇・・・
IMGP0720-01.jpg

IMGP0722-01.jpg

振り返り山頂方面(天気はだんだん良くなる)
IMGP0724-01.jpg

IMGP0726-01.jpg

IMGP0727-01.jpg

IMGP0730-01.jpg

IMGP0731-01.jpg

13時ごろだが まだ続々と山頂へのハイカー。
IMGP0732-01.jpg

ワサビ峠までの激下り。
IMGP0740-01.jpg
朝、車で走っていると小雨が・・・京都東ICを降りると近くの山は雪景色。
御殿山付近では遭難ヘリが周回していた。御殿山から初めて顔をだす武奈ヶ岳。ワサビ峠の標識も雪の中
この辺りから下山中のハイカーが多数・・・。
山頂の気温は0℃(温度計を見るとき老眼鏡をかけてないので??)とにかく暖かい。
12時すぎに下山開始・・・御殿山の中腹まで、今から登るハイカー、人気の山だ。
台高の北部では見たことの無いカラフルな山ウエアーにザック・・・それと山ガール
北部には昔のガールもボーイもめったに見ないが・・・。。。
最後に腰痛はイマイチやなぁ・・
GPS 軌跡
武奈ヶ岳2.8地図
カテゴリ :伊吹・鈴鹿・比良 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫