台高山系 又剣山~竜口尾根をあるく 2014.10.29

 2014-10-29
竜口尾根は私の持っている2010年版、山と高原地図には破線もないコースだ、最近買った山高アプリ版は破線だ、歩く人が多くなり破線になったのかなぁ?24日に行く予定だったが、寝過ごして、最弱の二山(明神山/高尾山)を周回した。
今日は目覚ましのブザーでバッチリ起きた。
皆さんのレコなどで登山口はバッチリ、ナビに、サンギリトンネル東口を左折約4Kmの地点を目的地に設定。順調に走り上北山温泉を過ぎ上北山役場付近に近づいたが、ナビは無言、あれ他に何処か道があるのかなぁと不安ながら進む相当走ったが(下北山)無言のまま、
もう一度上北山付近の橋を渡って進むがナビは169号に戻れと指示するばかり、ここで1時間ほどのロス、このまま目的地に到着出来ないのか。しゃあないナビの言う通り走ろう言われるままに走って行くと425号線スポーツ公園(きなりの湯、付近)を通り
坂本ダム経由で一応目的地に到着、遠かった、どんだけ遠回りすんね。なんと自宅から4時間後だった。
帰りはサンギリトンネルを走り169号に入った、なんと近いことか。今帰って気が付いたがトンネル西口付近を目的地にしたら向谷川沿いの林道を走れの指示があったかも。
それもこれも169号左折地点は皆さん親切に書き込んでいるのに最後のトンネル付近の地図のみ見ていたのである(反省)。

あっ又剣山から竜口尾根は素晴らしい尾根で大満足だが紅葉は秋の台風のためか、紅葉前に落ちているのが大半だ。それなりに綺麗だが・・・それなりだった。
目的の大蛇嵓を向かいの尾根から眺めるは、肉眼では無理だ(私のカメラも駄目)望遠鏡が有ればよく見えると思うが。



山と高原地図にGPSログ
【新コース】の表示がある、なるほど。登山地図もカーナビのように時々買い換えたほうがいいのか。
中途半端な所で止まっているが何処まで行っても大蛇嵓が良く見えるポイントが
分からないので引き返した。それと歩くのも飽きた。
又剣山

2010年版
又剣山


登山口
IMG_1910.jpg


又剣山
IMG_1917.jpg


期待の紅葉は・・・
IMG_1922.jpg


ほぼこんな感じ
IMG_1928.jpg


所々切り取って・・・
IMG_1930.jpg


良い感じ・・・
IMG_1932.jpg


素晴らしい 来てよかった・・・「五平衛平」かな?
IMG_1934.jpg


この解放感・・・
IMG_1936.jpg


紅葉は残念な・・・台風が?・・・
IMG_1938.jpg


最高・・・
IMG_1941.jpg


大蛇嵓・・・人が見えない・・・望遠があれば・・・
IMG_1945.jpg


何処をアップしてるの? もっと上でしょう・・・
IMG_1947.jpg


一応  大台ケ原・・・みえるかな~グリーンの山肌(奥)
IMG_1957.jpg


かえろう・・・
IMG_1962.jpg


あの辺りで引き返した・・・
IMG_1968.jpg


切り取って・・・
IMG_1969.jpg


もう一枚・・・
IMG_1970.jpg


なかなか良い感じ・・・
IMG_1972.jpg

きれいきれい・・・
IMG_1977.jpg


おなじような写真・・・
IMG_1978.jpg


行は気が付かなかったピーク・・・
IMG_1992.jpg


林道の東屋から・・・ここが一番綺麗だった・・・
実物はもっと綺麗だった・・・カメラの設定が悪いのかってオートやからなぁ・・・
IMG_1997.jpg

朝は登山口に到着出来ないで終わりかなぁと思っていたが何とか竜口尾根歩きができてよかった。
紅葉は残念だったがまた来年の楽しみに・・・今日も大満足の山行だった。。

今日も山では一日誰とも逢わなかった。駐車中の林道に下りたら役場の車が防犯のため
誰も通らない(私の車だけ、朝も帰る時も)林道のパトロール中だった。
お疲れ様です、安心して山歩きができます、と心で言って頭を下げた。
カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

明神山~高尾山を周回 2014.10.24

 2014-10-24
今日は台高山系に行く予定だったが、起きたのが8時前・・・この時間から行くのは無理だ。
家から歩いて行ける明神山に変更、明神山なら手ぶらで行けるが台高に行くつもりで用意していた昼飯その他が
ザックに入っている、ゆっくり歩いて昼飯は明神山で食べる予定で家を出る。
明神山に早く着いたので、高尾山まで歩くことにした。そんなこんなで明神山から~三郷~のどか村~高尾山~近鉄国分~自宅と周回コースを歩く事にした。秋とは言え低山は暑い、おまけにほとんどが舗装道路・・・家に帰ったら足の裏が痛い、二度と歩かないぞ、このコース。





住宅街から急な農道を登ると左手に明神山への縦走道がある。
夏以外はツアー等ハイカーが多い、人気のコースだ。
(農道の途中から大阪の街並み)
CIMG8924.jpg


関屋からの道と合流(関屋地蔵)
CIMG8928.jpg


基本、関電の巡視路なので尾根沿いに鉄塔が多い
CIMG8929.jpg

紅葉は期待出来ない縦走路だが、少しだけ色づいている
CIMG8942.jpg

CIMG8944.jpg

CIMG8946.jpg

CIMG8956.jpg

CIMG8957.jpg

CIMG8959.jpg

CIMG8967.jpg

CIMG8968.jpg

CIMG8969.jpg


明神山の外周遊歩道にでた、そのまま階段を登れば山頂だが今日は外周から・・・
CIMG8971.jpg

CIMG8974.jpg


山頂到着、王寺方面からは舗装道路だ、散歩の人が沢山いる
CIMG8975.jpg

若草山 方面
CIMG8978.jpg


信貴山・生駒・方面、今から信貴山の方へ歩こう
CIMG8979.jpg

CIMG8980.jpg


山頂から王寺の方へ約1Kmほど下ると左手に赤いテープのマーキングがある
そこから急な山道を下ると八幡神社の鳥居付近に出る
CIMG8982.jpg


八幡神社
CIMG8989.jpg


JR関西線
CIMG8991.jpg


西和清陵高校正門前を左に曲がって
ハイキングコース【千本桜並木道】を歩く(信貴山バス停前まで)
1983年に廃止された信貴山ケーブル線の跡地を利用したハイキング道
ケーブルの跡地なので真っ直ぐな道で木立の間のトンネルのようで大好きな道だ
CIMG8994.jpg

CIMG8996.jpg

CIMG8999.jpg


信貴山バス停のすこしうえ
CIMG9001.jpg


瓢箪池(溜池)上の吊橋
CIMG9003.jpg


瓢箪池(溜池)
CIMG9004.jpg


のどか村 大勢の老若男女で賑わっていた、この横の焼肉スペースには若者が一杯
CIMG9007.jpg

のどか村 正面
CIMG9010.jpg


関電信貴変電所
CIMG9012.jpg

車道から高尾山頂への入り口
CIMG9014.jpg


高尾山 山頂
CIMG9015.jpg


見晴らしの良い山頂下で休憩
休憩中、普通に神社の方から登って来た地元の人と山の話をした。
明神山は知らないと言う、良い所だから是非と勧めた。
何時が良いかと?夏以外は何時でもと、早速行ってみようと言っていたが
具体的に登山口など聞かなかったなぁ?社交辞令だったのか。。。

今日は明神山までの予定だったので登山用の恰好と違う、普段家で着ている
綿パンだ、汗でべたべただ、やはり登山パンツを履くべきだった
CIMG9023.jpg


大阪の街並み
CIMG9024.jpg


高尾山想像の森
CIMG9034.jpg

CIMG9035.jpg

CIMG9038.jpg


高尾山 登山口
CIMG9039.jpg


大和川河川敷
CIMG9043.jpg

明神山は各地にあるが王寺のそれは里山というか裏山だ、しかし標高は低いが一応尾根の縦走だ、それなりに
人気の山だ。高尾山は東京が有名だが柏原のそれも地元では眺望の良い山として一部の人に支持されている(笑)
冬には水仙もあり、自然林の気持ちの良い森だ。
この二か所の周回はあまりお勧め出来ない。ほぼ舗装道路を歩くので、普段山登りで痛いと思ったことのない、足の裏が痛くて参った。靴下がたるんで二重になった様な感覚だ。

良い点は移動時間が無しくらいか?。暇な時に別々に散歩するのがベストだろう。。


カテゴリ :里山ハイキング トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

黒部渓谷 下ノ廊下 黒部ダム~欅平 2014.10.17~19

 2014-10-20
前線やニ回の台風のため延期になっていた遠征にやっと行って来ました。

一般的には朝一番のトロリーバスに乗り黒部ダムから、その日のうちに阿蘇原温泉小屋に到着。翌日、けやき平まで歩きトロッコ電車で宇奈月温泉まで行く一泊二日だ。
だがこの前の車中の仮眠で散々な目にあったので今回は17日の昼過ぎに扇沢に着き車の回送業者「三渓社」 普通車JAF割引で18000円 宇奈月の駐車料金含む)に車を預け、トロリーバスに乗り黒部に入り、「ロッジ・くろよん」に前泊して、18日の早朝から歩き温泉小屋に泊、翌19日水平歩道~トロッコ~宇奈月温泉で車を回収して大阪に帰宅する。

17日(晴れ)昼過ぎに扇沢駅に到着、回送業者に車を預けトロリーバスに乗り黒部ダムへ、ダムには大勢の観光客、中国人観光客の怒鳴り声が煩いので、ちょっと早いが今夜の宿「ロッジくろよん」へ、ダムから宿までの道は紅葉が素晴らしく、下手な写真を撮りまくり。
この宿は山小屋に毛が生えたような感じだ。

18日早朝から「下の廊下」へ向かい歩き始める。下の廊下の紅葉は十字峡から先はもう少し先のようだ。渓谷は期待を裏切らない素晴らしさだった。特に十字峡の迫力は最高だ、最初通り過ぎて吊り橋まで行き慌てて登り返し、ロープを伝い十字峡の下に下りた。
吊り橋の上の広場は、休憩スペース(狭いが)があり誰か休憩していたので分からなかったが右手の赤いペイントのマークがある、下れば十字峡の岩の上にでる。十字峡は、下の廊下ベスト1だ。
高度間のある登山道は針金が張ってあり普通に歩ける(写真でみると怖そうにみえるが、整備されて安全だ)
このコースで一番怖かったのは、東谷吊橋だ、かなり長い橋で一人づつ歩くように書いていたので順番に歩いたが、半分位まで行くと自分の歩き方が悪いのか揺れて・・・あとの半分は生きた気がしなかった、やっとのことでたどり着き次の人に合図をした。
阿曽原温泉は湯加減最高、景色を眺めながらの露天風呂を満喫した。テン泊なら夜中に行けば満点の空を見ながら至福の時間を過ごせるだろう。
小屋は超満員で食堂のテーブルを片付けて寝た。一枚の布団に二人で寝たのは言うまでもない。プレハブ小屋なので寒いと聞いていたので寝袋持参で行ったが大正解だった。

19日も早朝から歩き始めるがこの日は初めに急な登りがあるが、その後は平坦な道だ。
水平道も普通に気持ちよく歩ける。最後の劇下りでケヤキ平駅の横に下りる。
後はトロッコ列車で宇奈月温泉に行けば駐車場に車が停まっている。帰りに「とちの湯」で汗を流し、北陸自動車自動、名神で9時に大阪に帰宅した。


GPS ログ  渓谷だから時々飛んでいる
(極端にロストしている所は削除しています、下のYAFOOはそのまま加工無)
下の廊下7

GPSのログがぶっ飛んでいる谷を歩くと時々同じ現象がおこる
実際の距離は ロッジくろよん~阿曽原温泉小屋 約18Km
       阿曽原小屋~欅平 約10Km 【合計約28Km】



関電トロリーバス
IMG_1476.jpg


黒部ダム  なにやら工事中らしい
IMG_1484.jpg


立山には雪が
IMG_1498.jpg


宿までの道
IMG_1518.jpg

IMG_1522.jpg

IMG_1523.jpg

IMG_1526.jpg

IMG_1533.jpg

IMG_1535.jpg


ダム湖の遊覧船
IMG_1540.jpg


ロッジくろよん  テント場 この日はテント場は全部埋まっていた、空き地があるのでテント場でなくても張れる
IMG_1546.jpg


今日の宿 ロッジくろよん
IMG_1547.jpg


18日 【下ノ廊下】黒部湖駅~内蔵助出会~別山谷出会~十字峡~東谷吊り橋(個人的に一番怖かった)~千人谷ダム~阿曽原温泉小屋
IMG_1563.jpg


黒部の巨人?と思う
IMG_1570.jpg

IMG_1574.jpg

IMG_1593.jpg

IMG_1596.jpg

IMG_1617.jpg

IMG_1633.jpg

IMG_1636.jpg

IMG_1644.jpg

IMG_1654.jpg

IMG_1662.jpg

IMG_1665.jpg

IMG_1672.jpg

IMG_1677.jpg

IMG_1682.jpg

IMG_1684.jpg

IMG_1693.jpg

IMG_1698.jpg

IMG_1699.jpg


ここは濡れます・・・
IMG_1715.jpg


下ノ廊下 ベスト1の十字峡は最後の動画で(落ち着きのない動画でゴメン)
IMG_1721.jpg

十字峡 吊り橋の上から
IMG_1720.jpg


十字峡の吊り橋(短いので楽勝)ここへ降りる前に広場を右手に下りれば十字峡の下に行ける
IMG_1722.jpg

IMG_1736.jpg

IMG_1750.jpg

IMG_1764.jpg


S字峡
IMG_1771.jpg

IMG_1775.jpg

IMG_1781.jpg


この先を下ると恐怖の吊り橋
IMG_1782.jpg


東谷吊橋
1人づつ渡れの注意書き、ここで停滞になっている、待っている間は余裕だったが・・・ほんま怖かった・・・
IMG_1785.jpg


 仙人谷ダム湖 水が綺麗
IMG_1792.jpg


関電の建物内  建物の中に登山道が
IMG_1799.jpg


仙人ダムから激登りすこし平行に歩き激下りで温泉小屋へ
IMG_1806.jpg


やっと到着 阿曽原温泉小屋
IMG_1810.jpg


早速お楽しみの露天風呂 野趣あふれる最高の湯とロケーション、男女1時間交代だあと少しで女性の時間
皆さんほとんど湯から上がったところ
IMGP2458.jpg

テント場も満員だ
IMGP2460.jpg



19日 【水平歩道】阿曽原温泉小屋~けやき平駅
阿曽原温泉小屋を後に・・・
IMG_1812.jpg


大勢並んで歩いているのは、この次の写真の所が休憩ポイントだから
IMG_1829.jpg


 休憩ポイントの滝  大勢の人が休憩している 
IMG_1830.jpg


IMG_1844.jpg

IMG_1847.jpg

IMG_1858.jpg


暗闇のトンネル 150m 下は水溜り・・・ヘルメット要・・・3回ほど頭を打った(帽子はかぶっていた)
下の水たまりに注意が行き上は見えない(上も下も要注意)
IMG_1870.jpg

IMG_1879.jpg

IMG_1880.jpg


中央奥は白馬岳
IMG_1887.jpg


五竜?鹿島槍??付近か
IMG_1892.jpg


唐松岳
IMG_1893.jpg


工事中(外壁)の欅平駅トロッコ電車で宇奈月温泉駅へ
IMG_1902.jpg


トロッコ電車は寒い 次乗る時は窓のある普通の車両にする
IMG_1908.jpg


宇奈月温泉駅 到着  立ち寄り湯「とちの湯」で汗を流し大阪へ

相方の体調がイマイチで予定の時間をかなりオーバーした(休憩しまくり)
誰や私は本番に強いからって・・・。
相方は今年はほとんど山に行ってない(家庭菜園が忙しいと)

天気は3日とも快晴で、時間は少々かかったが大満足の渓谷歩きだった。
何が良かったか?私の嫌いな急登りは無し、アップダウンの少ない登山道・・・大好きです。
来シーズンも行こう!。。
IMG_1909.jpg



カテゴリ :その他の山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

霊仙山 2014.10.11

 2014-10-12
今日は遠征の予定だった、行先の天気予報は雨で大型台風も接近中とのことだったが、
今大阪は日が差している・・・見るのは嫌だったが行先予定の今日の天気は曇り、曇りなら行けたのに。
遠征は順延続きではたして行けるのか?もうすぐ山は雪になると思うが。

そんなこんなで遠征の穴埋めに鈴鹿山系 霊仙山に行って来た。この山は大好きで年に2~3回は訪れる。
ほぼ高速を使い約2時間強(往復820円)で多賀大社から少し奥に入った霊仙山、今畑登山口に到着。
平日はほとんど人はいないが、今日は休日なので沢山の登山者に出逢った。


山と高原地図にGPSのログ
霊仙山 10.11

今回も「またかい!」道間違いをした。上の地図、近江展望台から笹峠はほぼ真直ぐ下る所を、一つ隣の尾根を下り
途中で気が付き登り返しは嫌(急勾配)なので、急な斜面を横移動で登山道に合流。
ちなみに今日は相方と一緒。相方になんと言われたかは書かない。
この道は何十回も歩いたのに間違うとは情けない、未だになんで間違ったか分からない。間違う所ではないのに。


落合の集落
IMG_1400.jpg


大洞谷
IMG_1402.jpg


汗ふき峠
谷から汗ふき峠は急でズルズルの道だ年々悪くなっている。今回登りに使ったので比較的安全だったが
下りに使う時は慎重に・・・谷の登山道も崩壊が進み通れない所は沢を渡り迂回すれば問題ない。
尚登山口に「通行不可」の標識あり・・・。
IMG_1403.jpg


「お虎ヶ池」 この池は、お虎ヶ池ではない、の看板は根元から切り倒されていた。
IMG_1411.jpg


経塚山から霊仙山に向かうハイカー
IMG_1414.jpg


紅葉はもう少し先か
IMG_1415.jpg

IMG_1416.jpg

経塚山から避難小屋

IMG_1417.jpg


伊吹山も霞んでいる(経塚山から)
IMG_1418.jpg

IMG_1422.jpg

霊仙山

IMG_1424.jpg


琵琶湖  
IMG_1425.jpg


山頂から経塚山と避難小屋
IMG_1429.jpg


西南尾根
IMG_1430.jpg


最高点から霊仙山
IMG_1434.jpg


霊仙山最高点
IMG_1436.jpg


最高点から今から進む西南尾根
IMG_1441.jpg

IMG_1443.jpg

IMG_1446.jpg

IMG_1449.jpg

IMG_1450.jpg

IMG_1451.jpg

IMG_1452.jpg

IMG_1454.jpg


この辺りから岩がゴロゴロして歩きにくいが景色は最高(今日は少し霞んでいるが)
IMG_1456.jpg

IMG_1461.jpg

IMG_1462.jpg

IMG_1463.jpg

IMG_1464.jpg


西南尾根終点近江展望台、まっすぐ行けば10m間隔くらいでテープがある。
IMG_1466.jpg


登山道に合流  赤いテープが何か所もあるので初めて歩いても迷う心配はない。
なんで?こんなわかりやすいところで・・・
IMG_1467.jpg

IMG_1468.jpg


廃村
IMG_1470.jpg


今畑の登山口に帰ってきた
IMG_1473.jpg

帰り道に河内風穴に寄るつもりだったが駐車料金300円だったかな?と入場料金500円と書いていたので
スルーして帰った。無料と思っていた(ド厚かましい)何度も通るが看板は良く見てなかった。
休日なので駐車場には何台か駐車していた。
カテゴリ :伊吹・鈴鹿・比良 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

葛城山 天狗谷ピストン 2014.10.7

 2014-10-07
今日は遠征最終日の予定だったのに・・・近くの山に登ってきました。
遠征は台風で順延したが次の予定日もなにやら微妙な状況だ。
今年は私の休みと雨がセットになっているようだ困ったものだ(針ノ木岳も2回順延で3度目に登った)。
8月初めに予定していた御嶽山も雨、その後スイスの旅の為中止にした。

今日は畑の手伝いが予定より早く終わったので何処か山に行こう。という事で葛城山に登ってきた。
登りはじめから体の調子が良くない、中間地点のベンチで休憩,もしかしてシャリバテか?と思い早くも弁当を
食べる、ちなみに10時チョイ過ぎだ。弁当を食べたら気分も良くなりその後快調に山頂まで歩く。

弁当を食べたのに昼は葛城高原ロッジに入り蕎麦を食べた。ロッジは土足厳禁だ、登山靴を脱ぐのは邪魔くさい。
金剛山の蕎麦屋はメニューも豊富だが、ここロッジは軽食といえばキツネ蕎麦(うどん)一品だ、
その他は定食系で重そうなので。味は普通だ。
本当は白樺食堂の団子を食べたかったが生憎の定休日。葛城山ではソフトクリームを食べた事はあるが
他は食べた事がない、表から団子を焼いているのが見えるが食べたいと思ったのは今日が初めてだ
そんな日に限って定休日・・・「なんて日だ!今日は いったいなんて日だ!」。。「百名山一筆書き」の田中陽希って「バイきんぐ」の小峠に似てない?。。


同じ内容の標識が・・・葛城山は下り、登りが葛城山と思うはなぁ
IMG_1339.jpg

柿の葉も・・・
IMG_1344.jpg

IMG_1346.jpg

IMG_1348.jpg


ここで早くも昼飯(燃費の良さが自慢だったが・・・ほんまポンコツになった)
IMG_1349.jpg

IMG_1355.jpg

IMG_1356.jpg


何回か来たが一向に増えない鍵
同じような物が生駒縦走路にもあるが鍵が溢れてあらぬところまで一杯なのに
信貴生駒スカイラインの駐車場から5分ほど登った所で歩いて登る必要がないからかなぁ
IMG_1358.jpg


展望デッキより
IMG_1360.jpg


ススキと金剛山
金剛山に行こうと思ったが肩の調子(五十肩)が悪いので辞めた。
行きたいのは東谷か丸滝だ今行くと肩が今以上悪くなりそうで
ちなみに整形外科では15~6か月は辛抱するようにと・・・トホホ(今4か月目)
IMG_1365.jpg

IMG_1370.jpg


リンドウと蜂
IMG_1377.jpg


今は完全閉鎖中の「さわやかトイレ」付近
IMG_1383.jpg


もう一度 山頂ぶらぶら
IMG_1384.jpg


奈良側   大和三山の・・・
IMG_1386.jpg


山頂は人が多く この角度で写す
IMG_1387.jpg


さあ帰ろう
IMG_1389.jpg


天狗谷 砂防ダム付近
IMG_1392.jpg

IMG_1395.jpg

順延した遠征日は雨予報・・・おまけに台風も、再順延にするか9日の天気予報を見て決めよう。
しつこい性格か何度でも順延する私です。
カテゴリ :金剛紀泉の山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫