素顔の高見山 2014.9.30

 2014-09-30
毎年冬になると必ず霧氷を見に登る高見山。今回初めて夏登って来た。
登山口は大峠だ、大峠までの林道は三重県側から通行できる、普通車でも何の問題も無く走れる。
全面舗装道だ、時々落石(ごく小さい)があるがゆっくり走れば問題ない。
駐車地からピストンは味気ないので、悪いとは思いながら通行止めの林道を小峠まで歩いて、小峠から登った。
通行止めの林道は崩壊部の工事中だ、作業中は通れない(当たり前だが)
2年位前は林道に崩壊した土砂があっただけでその上を通れたが、今は土砂と共に林道も壊して大がかりな工事をしている。
とても横切れる状態ではない、崩壊地の端を渡れそうな所までよじ登り何とか向こう側の林道に着地した。
9時ごろから作業が始まる?と思う。この道はほんまに通行しては駄目だ(違反した私が言うのは変だが)

そんなこんなで周回したが、1周2時間で駐車地に帰って来た。下から登ればよかったと後悔したが手遅れだ。
昼飯は家に帰って食べた。


GPS 軌跡   駐車地 大峠~周回
高見山 ログ


左の林道から
IMG_1305.jpg


小峠
IMG_1313.jpg

かたすみ温泉方面からと合流地
IMG_1315.jpg

IMG_1316.jpg

IMG_1319.jpg

IMG_1321.jpg


霧氷の時期は満員になる避難小屋
IMG_1323.jpg

IMG_1327.jpg

IMG_1328.jpg


高見山頂上これを見て御嶽山頂上を連想した、日帰りで簡単に登れ、山頂からの絶景.
私の大好きな山が大変なことになっている。ショックで言葉もない・・・。
北アルプスの焼岳も御嶽山と同じように硫黄の匂いと噴煙が出ている焼岳も怖くなった。
IMG_1329.jpg

IMG_1330.jpg


冬はこのベンチで雪景色を眺めるが、今は虫が多いので素通り
IMG_1332.jpg


駐車地 勿論誰もいない  車の横の小屋はトイレ
IMG_1333.jpg

ベンチでコーヒーを飲み帰宅
IMG_1335.jpg


林道からの高見山 奈良側と全然違う山に見える
IMG_1336.jpg
カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

栗ひろい(・・・取り?) 2014.9.26

 2014-09-26
今日は午後からの出勤なので、先日溜池から見た栗の木が気になり、偵察に行って来た。
溜池の向こう岸だが藪で行けそうなないので大回りして上から下ったが、ここも背丈ほどの藪だ。
釜で藪を刈りながら進み栗の木の下に行ったがまだ早いようだ。家庭菜園の付近の栗の木は(他人の木)
はもう割れて落ちている。溜池の栗の木は日当たりが悪いので遅いようだ。
道は付けたので丁度いいころにもう一度行こう・・・すこし遅れると栗は溜池に落ちるのと木の下に落ちるのと半々くらいだろう
池に落ちたらもう駄目で、木の下に落ちたら猪に先を越される。タイミングが難しい。道路や菜園からは見えないので厄介だ。
無事収穫できるかどうかは?難しいかな?毎日見に行けない場所だから・・・。


まだ割れてないので駄目だ
くり1


一個だけ割れていた、一週間先かなぁ・・・
IMG_1304.jpg



カテゴリ :家庭菜園 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

大台ケ原(時計回り周回) 2014.9.23

 2014-09-24
今日は朝から裏山で藪こぎをしてきた。
家庭菜園の自家製水道の調子が悪く、水が出ない。
毎日家から運ぶのは大変なので(相方が運ぶ)点検するようにとの指示がでた。
畑の上にある溜池へ行き無事水が出るようになったが体は蜘蛛の巣だらけ。
溜池の池沿いにある丹波栗の木もたわわに実を付けていた。秋です。

昨日は仕事と思い込んでいたが休みだったので相方御希望のゆるゆるハイキングに
行って来た。急登:岩場:急なアップダウン無の山・・・
この山か龍神スカイラインからの伯母子岳、その他に・・・どこかあるのかなぁ。
3ヶ月以上山登りから遠ざかっている(途中、登りはほぼ動力のハイキングはあるが)相方。
遠征前に一度くらい歩いた方が良いだろうと思い誘った。
毎日家庭菜園の野良仕事で足腰は鍛えているので大丈夫とは本人の弁。


朝から快晴だったがこの後ガスに覆われる
IMG_1279.jpg


所々秋を感じる
IMG_1281.jpg

IMG_1284.jpg

IMG_1285.jpg

IMG_1288.jpg


大蛇嵓  紅葉の時見たいものだこの景色
IMG_1291.jpg


これが滝口尾根かなぁ アップダウンが多く厳しそうだなぁ歩けるのか心配になってきた(紅葉の時期に歩く予定)
IMG_1293.jpg

IMG_1301.jpg

谷に下りて昼飯を食べた、もう虫の心配も無用だ

IMG_1302.jpg


少し反対方向に走り上北山温泉で汗を流し帰宅した
IMG_1303.jpg

このコース最後の登りはかなりキツイ。それなりに満足の山行だった。
温泉素人の私は入之波温泉は苦手だ・・・相方は入之波温泉に行きたいようだが・・・
上北山温泉も良かった、お湯が透明なら何でもいいが・・・料金も500円と安い。
カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

二上山(どんづる峰) 2014.9.19

 2014-09-19
今日は久しぶりに室生周辺の山に行く予定で7時ごろ家をでた。
途中、竹之内街道の手前で室生まで行くのはしんどいと気が変わり、右折して「万葉の森」
駐車場に向かった。車を停めて歩き始め雌岳山頂~雄岳~ろくわたりの道で周回して駐車場に戻った。
まだ時間が早いので、帰りにどんづる峰へ寄って来た。
そこそこ歩いたが道中が短時間なのでコンパクトな山歩きが出来た。(蜘蛛の巣だらけになりながら)



ここからスタート
IMGP2400.jpg

IMGP2406.jpg

IMGP2408.jpg


第一展望台から  雌岳
IMGP2409.jpg

IMGP2410.jpg


鹿谷寺跡
IMGP2411.jpg

IMGP2414.jpg

雌岳  東屋
IMGP2416.jpg


雌岳 山頂
IMGP2420.jpg


雄岳 山頂
IMGP2422.jpg


大津皇子御墓
IMGP2424.jpg


雄岳 下 展望ベンチ  新しくベンチが増えていた
IMGP2425.jpg

IMGP2429.jpg


ろくわたりの道から見る第一展望所全景
IMGP2431.jpg


万葉の森 駐車地に帰って来た
IMGP2434.jpg


ウィキぺディア
屯鶴峯(どんづるぼう)は、奈良県香芝市にある奇岩群・奇勝。

二上山の火山活動により火山岩屑が沈積し、その後の隆起によって凝灰岩が露出し、1500万年間の風化・浸食を経て奇岩群となった標高約150mの岩山。サヌカイトやザクロ石閃緑岩などの岩石が産出する。県天然記念物であり、金剛生駒紀泉国定公園の見所の一つである。
第二次世界大戦中に造られた複雑な防空壕があることでも知られる。本土決戦を目前にした陸軍が航空部隊・航空総軍の戦闘司令所として建設されたもので、二つの壕に分かれている。 現在、防空壕の一部は京都大学防災研究所附属地震予知研究センター屯鶴峯観測所として使用されており、地震予知研究計画の一環として地殻変動の連続観測が実施されている。


どんづる峰にあるダイトレ起点のプレート
IMGP2436.jpg


どんづる峰にある防空壕を探したが、下調べ無では見つからないので一周回って帰って来た
今調べたら場所はわかった、次に行く時は中に入ってみよう(なにやら心霊スポットらしい)
IMGP2439.jpg

IMGP2440.jpg

IMGP2442.jpg

IMGP2444.jpg


どんづる峰 山頂
IMGP2445.jpg

入り口 右手の恐ろしいトイレは取り壊していた
今は駐車場に水洗の綺麗なトイレが出来ていた

次の休みは24~25日だ、どちらか天気の良い日に相方を連れて行くつもりだ。
相方は6月中旬に登った「学能堂山」が最後でその後どこも登ってない。
秋の遠征は行くと言う、その前に一度くらい登った方が良いと思う。
事前に登る山の希望は、薄暗い林がなく、岩場や急登がなく、アップダウンはあくまでも緩く尚且つ景色の良い所が良いという。近くにそんな山あるかなぁ。
カテゴリ :金剛紀泉の山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

扇沢~針ノ木岳:蓮華岳 2014.9.12~13

 2014-09-14
裏銀座終点で後立山始点の針の木岳に行って来た。
相方はこの山に興味がないようで今回はパス。
順延で時期が遅くなり、大雪渓も品祖になり、蓮華岳のコマクサも今はほぼ終わりだろう。
今回はパスして南アルプス塩見岳にするか迷った。
雪渓もコマクサも期待できないが、最初の予定通りにした。景色だけでも良いかと・・・。
針の木岳、蓮華岳のピストンにするか縦走して柏原新道で下る周回にするかは
針の木小屋に着いて考えることにした。(縦走になると2日目が連休初日と重なる小屋が混むのは嫌だなぁ、)。

仕事から帰り風呂に入り夕飯を食べて名阪国道から扇沢まで走ったが、何度も通いなれた道なのでナビ無で走っているととんでもない所を走っているのに気が付き急遽ナビをセット・・・そんなこんなで扇沢(駅に一番近い無料駐車場)に予定の時間をかなりオーバーして到着。
仮眠を・・・全然出来ない・・・実は今五十肩で寝返りも出来ない状態だ。
狭い車の中で固まっていたので、腰まで痛くなるという最悪の状態で歩き始める。

通行止めの大町アルペンラインを何回か横切り歩いて行くと大沢小屋が見えてきた
もう営業は終了したと張り紙があった、その横に針の木雪渓は通行止めで高巻ルート
(夏道)を通るようにと、えぇ~時期が遅いので品祖になっているのは分かっていたが、まさか通行止めとは、軽アイゼンを持ってきたのにザックの重りになるだけか。
そんなこんなで雪渓を巻きながら登山道を登って針の木峠に到着した。
受付を済まし、乾燥室に荷物を置き空身で蓮華岳に登った。
小屋は案外綺麗で食事も美味しく頂いたが・・・夜は肩の痛みで一睡もせず朝を迎えた。
今日も雲は多いが晴天だ。この時点で縦走は諦めて、針の木岳へピストンして扇沢に下山することにした。荷物を背負って行くと折角登ったのでこのまま縦走しよう・・・となりそうなので今日も荷物は乾燥室に置いて、針の木に登った。
この山は北アルプスの景色がはぼ全部見渡せる最高の山だ。
もう下山するだけなので、根が生えたよう長時間居座って絶景を堪能した。
皆さん縦走している・・・一瞬荷物を持ってきたらと思ったが、今考えるとピストンが正解だったかも、縦走して種池山荘に泊まったら3日連続不眠になる所だった。
下山中は今日登る登山者の多さにビックリ、種池山荘も混雑するかも、泊まらなくて良かった。





針ノ木峠までの案内は鯉のぼりだ
IMG_1130.jpg


雪渓もこのありさま、通ってくれと頼まれても嫌だ。
同じ時期に白馬の雪渓も登ったが、規模が違うからか??
IMG_1133.jpg

IMG_1134.jpg

IMG_1135.jpg

IMG_1137.jpg


沢を渡って・・・
IMG_1138.jpg


高巻だ
IMG_1144.jpg

IMG_1145.jpg

IMG_1153.jpg


針ノ木峠の標識が見えて来た・・・なかなか到着しない・・・あぁしんど
IMG_1159.jpg


やっと針ノ木峠だ
IMG_1162.jpg


受付を済まして・・・蓮華岳へ行こう
IMG_1173.jpg


あれが山頂と思っていたら偽ピーク  
IMG_1174.jpg

IMG_1177.jpg


あの祠の向こうが 蓮華岳山頂
手前はコマクサの終わった葉が一面に、流石コマクサの群生で有名な山だ、今度はもうすこし早く相方と一緒に
来たいものだ
IMG_1180.jpg


コマクサの終わりかけは初めて見た、同じ形で小さくなるのにはビックリした
あの立派なコマクサもこんなに小さくしぼんでいる(枯れると思っていたが)
IMG_1181.jpg


蓮華岳山頂
三脚もなし ほかに誰もいない、岩の上にカメラを置いて撮ったが傾いている
IMG_1187.jpg



北葛岳~七倉岳
IMG_1184.jpg


蓮華岳山頂~針ノ木岳
IMG_1188.jpg


チングルマも綿毛になっている
IMG_1191.jpg


針ノ木~スバリ岳~赤沢岳  後ろは立山
IMG_1194.jpg


ホシカラスが2~3羽 ハイマツに止まっていたので写真を撮ろうとしたが
落ち着きの無い烏でじっとしていない
IMG_1197.jpg


今日の宿 針ノ木小屋
IMG_1200.jpg


朝 小屋前から 大天井岳~槍ヶ岳 後ろは前穂高~奥穂
IMG_1206.jpg


小屋前から 右は鹿島槍ヶ岳 左は白馬岳
IMG_1210.jpg


槍ヶ岳の後ろに乗鞍岳
IMG_1217.jpg


あかん運動不足で・・・横に太くなった・・・相方に太いと言えないぞ・・・もうチョイ痩せよう・・・。
パンツがずり落ちているのはお腹が出ているので、何回上げても、この体たらくだ。
IMG_1221.jpg


五色が原
IMG_1223.jpg


薬師岳
IMG_1224.jpg


奥左から鷲羽岳~水晶岳~赤牛岳
手前は裏銀座縦走路、烏帽子は見えないが船窪岳~・・・??
IMG_1225.jpg


右が剱岳 立山 針ノ木の岩が写っている・・・岩の向こうから撮れば良かった
IMG_1229.jpg


後立山   中央左 白馬岳~・・・・五竜岳
IMG_1230.jpg


五色が原と立山
IMG_1231.jpg


高瀬ダム
IMG_1233.jpg


スバリ岳~赤沢岳
IMG_1235.jpg


黒部ダム湖
IMG_1237.jpg



鷲羽岳~水晶岳 (鷲羽の後ろ頭を出しているのは笠ヶ岳)
IMG_1250.jpg


赤牛岳(後は黒部五郎岳)
IMG_1252.jpg


後立山全景   右から 爺ヶ岳~鹿島槍~五竜~唐松~白馬
手前はスバり岳~赤沢~鳴沢~岩小屋沢~爺ヶ岳
IMG_1258.jpg


景色を堪能したのでそろそろ下山  振り向いて針ノ木岳と月
IMG_1263.jpg


連休初日だ登山者の列が絶えない・・・人人人・・・
IMG_1265.jpg



IMG_1266.jpg

登り優先だ、待ち時間に雪渓の下に行ってみた

IMG_1267.jpg



1時間前に水を入れていた五目御飯、すこし早いがここで食べよう
小屋の弁当を買うより安いし軽いのでこれにした、本当は縦走中食べる予定だった
結構美味しかったが、やたら喉が渇いた・・・この後大量の水を飲んだ
赤飯のほうが良いかも?
この後(*_*)する・・・今でも半信半疑・・・人違いかも????   (内容は最後に書く)違うかも・・・??。
IMG_1268.jpg


扇沢に到着 黒四トロリーバスの乗車券売り場の行列
IMG_1269.jpg

帰りに大町温泉 薬師の湯に入り、ゆっくり帰ってきた。
チョイ心残りの山旅だったが、絶景がみれたので大満足。。



GPS 軌跡
針の木岳


これまで山に登り、沢山の人と話をした。
山で人に逢えば必ず挨拶はする。時間があれば邪魔にならない程度の短い会話もする。
その中で今でもブログやレコに時々コメントなどしている人もいる。
例えばヤフーブログのPOTさん(冬の金剛山で) 山賊さん(雪の竜ヶ岳 鈴鹿)
ヤマレコのM-kichiさん(霧氷の高見山) PoPoi11さん(雪の武奈ヶ岳)思えばこの頃が絶好調だったなぁ
その後お逢いした S,fujiwaraさんは(モミジ谷の氷瀑)リハビリでヨレヨレの時だった、今もその時とヨレヨレは変わってないなぁ、その内絶好調になると、その時は信じて疑わなかったのに・・・・なんか冬ばかりだ。
その中で例外は3回も金剛山でお逢いしながら未だ会話のないのがFCブログのキバラーさんだ、2回は二人連れで会話をしていたので話しかけなかった、もう1回は動画に夢中のようなので遠慮した、その内何処かの山でお逢いすれば話しかけよう。

前置きが長くなったが、13日(土)下山中に偶然にブログでお世話になっている人にお逢いした・・・写真で顔は何度も見ているので間違い無いような、人違いのようでもある。
もうお目当ての雪渓も無いあの場所に??未だに半信半疑だ。
声をかけていれば良かったと後悔している。見通しの悪い林の曲がり角で急に出会った。
山側に体を除け下山中の私に道をゆずってくれ、後に続く綺麗な奥さんにも人が行くと声をかけてくれた。有難うございますとすれ違った私、ほんの何秒間かの間、似ているなぁ
聞いてみようか?人違いかも、こんなところで??。そのまま別れたが、扇沢に着くまで○○○・・・さんだったのかなぁと考えていた。
あえてハンドルネームは伏せて置く、人違いの可能性があるので。
注意深くブログをチェックしよう、それで分かる(その時はコメント入れます)。
全然違う人かも・・・。
記事が出ない時は、人違いということで。。。

正解でした その時の記事 ↓
yamaフォトライフCOOPER



カテゴリ :その他の山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫