孔雀岳 2014.6.20

 2014-06-20
久しぶりに釈迦ヶ岳に行った。今回初めて孔雀岳に足を延ばしたが、孔雀岳は稜線上のピーク、何も見るものが無いのでトットとユーターン。近くにあった孔雀覗で昼飯を食べたが、虫の多いこと。今日は終始虫に悩まされた一日だった。
孔雀岳までの登山道はもっと危険な香りがする道だと思っていた。私は釈迦ヶ岳~大日岳経由の方が好みだ。
初めて山でニューカメラを使った。日付けの設定解除を忘れて写真が醜くなった。


孔雀





お釈迦様の背後から孔雀岳へ・・・。
IMG_0037.jpg

IMG_0040.jpg

オオミネコザクラもシロヤシオも終わっていた。イワカガミが少し咲いていた。
IMG_0042.jpg

岩山は巻いて通る
IMG_0047.jpg

IMG_0049.jpg

孔雀覗 ズームで撮ると覗の高度感ゼロ
IMG_0051.jpg

稜線上のピーク(孔雀岳)
IMG_0058.jpg

鹿も逃げない、のんびりしたもの。
IMG_0060.jpg

ここで昼飯、といっても菓子パン1個とミネラルウオーターだ、暑くなるとコーヒーもいらない、水があれば十分
あれっ・・・よくヨレヨレになるのは食い物せいか??
虫に追い立てられ早々に撤退。この前、明神平でバイケイソウの付近は虫も少なかったので今日もバイケイソウの前で
立ち止まったが虫が寄って来た。
IMG_0061.jpg

七面山と思う・・・
IMG_0066.jpg

釈迦ヶ岳
IMG_0067.jpg

IMG_0072.jpg

IMG_0073.jpg

IMG_0075.jpg

大日岳 この岩登りの方が面白かったかも。
IMG_0077.jpg

流石人気の大峰 今日は三組五人の方とお会いした。
IMG_0084.jpg

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

学能堂山(奈良三重県境) 2014.6.13

 2014-06-13
今日は「秘密の〇〇」を探しに学能堂山に行って来た。
行く時物凄い雨で登山口まで行き雨が止んでなかったら登るのを辞めようと思っていたが。
登山口手前で青空になり、山歩き中も晴れたり曇ったりだった。

探し物の結果は失敗に終わった。全然違う所から登り山頂から秘密の場所へ行くつもりだったが
何時もの事だが最初まるっきり反対側へ下り、途中で気が付き登り返し山頂から再び下って行ったが
もうチョイの所でヘロヘロになり今日3度目の山頂めざして登り返した、そんなこんなで山頂で飯を食べ下山。
簡単な山だから山頂からのピストンで簡単に行けると思ったが、結構な急坂、常に登り返しの事を考えながらの
下りは疲れる。最初の道間違いで余分な体力をつかったのが悔やまれる(体力不足は否めない)

場所は分かったので来年は行こう、もっと簡単な道で。



手入れの行き届いた杉林 途中からよく滑る急登に変わる。
IMGP1901.jpg

自然林になったら山頂は近い
IMGP1902.jpg

ツチアケビ
オ二ノヤガラ  ツチアケビと思っていたが調べてみるとオ二ノヤガラのようだ
初めて見た。この辺りに大小合わせて7~8本あった。
IMGP1905.jpg

IMGP1907.jpg

IMGP1913.jpg

1回目の山頂
IMGP1914.jpg

べ二バナヤマシャクヤク(山頂)
IMGP1920.jpg

IMGP1921.jpg

IMGP1922.jpg

IMGP1923.jpg

IMGP1927.jpg

山頂はウノハナが満開(♪夏は来ぬ・・・)山頂付近はほぼ全部ウノハナの木
IMGP1931.jpg

2回目の山頂  急坂を汗をかきながら登った、急な上、滑りやすい泥道だ。間違えたので余計しんどい。
懲りん人です良くわかってないのに地図もGPSも見ないで、思い込みで行動に移す悪い癖だ。
IMGP1935.jpg


山頂からバリエーションルートで目的地付近まで下り、登り返してきた。
3回目の山頂  昼飯を食べしばし昼寝・・・

山頂から○○は最初傾斜の緩い歩きやすい道だが途中から急な下りだ、その先は急な登り、このまま下まで縦走出来ればいいが
車は山の反対側、当たり前だが今まで下った所を登り返す。ちなみに踏み跡は薄い有るような無いような・・・
林業の方の鮮やかなピンクのリボンがいたる所にあり紛らわしい、尾根の分岐には必ず全方角にリボンがある。
IMGP1937.jpg

駐車地に下山中 ツルアジサイ
IMGP1951.jpg

フタリシズカ 
花穂が枝分かれして2本になり、柄のない白い花が穂状にたくさんついて、下のほうから開花する。花穂の本数は2本とは限らず、1本から5本と一定しない。花には花弁も萼もなく、白い3本の雄しべが丸くなって雌しべを包んでいる。
らしい
IMGP1961.jpg

サンショの実
IMGP1977.jpg

サンショ お土産ゲット・・・そうです今日は相方と一緒。私はどれがサンショの木かわかりません
IMGP1981.jpg

マタタビの花
IMGP1978.jpg
カテゴリ :室生周辺 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ニンニクの収穫 2014.6.10

 2014-06-10
ニンニクは大きく美味しい?ニンニクは美味しいと言うのかな??
ジャガイモと比べると大成功かな。

IMG_0011.jpg

新しいデジカメで初めて撮ったのがニンニクか・・・山を撮りたかったなぁ。


カテゴリ :家庭菜園 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ジャガイモの収穫 2014.6.4

 2014-06-05
毎年猪に荒らされ、作るのを辞めていたが今年は一部金網で囲いジャガイモを植えた。
今日収穫してきたが、ふぞろいで小さいのが多い、一番小さいのは20mmくらい、
ちなみに100円硬貨が22.5mmだ。
猪に荒らされる前に収穫したのでは無い、もう葉も枯れてこれ以上待っても成長しないそうだ?。
植えた時の種イモの方が多かったような気もするが、きっと気のせいだと思う。

IMGP1889.jpg
カテゴリ :家庭菜園 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

タマネギの収穫 2014.6.2

 2014-06-03
タマネギの収穫は山行とかさなり、お手伝いできなかった(笑)
植えるのは手伝いましたよ。
畑から家までの運搬は責任をもって成し遂げた。。


今年のタマネギは特大はなく粒ぞろい(小)??だと相方は満足している。
タマネギやジャガイモは普通に美味しいが、キャベツの固いのはなぜだろう、生はもちろん野菜炒めでも
まだ固い毎年同じ固さだ。
IMGP1887.jpg
カテゴリ :家庭菜園 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

桧塚奥峰はシロヤシオが満開 2014.6.2

 2014-06-02
大又林道駐車地から明神平~明神岳まで行きその先は現地で決める予定で歩き始める。
[その1 千石山~赤倉山(池木屋山は時間があれば) その2 桧塚奥峰]
明神岳から池木屋山への稜線が良く見える。かなりのアップダウンがある・・・。
今日は桧塚奥峰に行こう。今から歩く稜線が良く見えると、よし歩くぞ・・・としんどそうやな~が有る。
今日は後者だ。(最近は前者は皆目だ、いつもヨレヨレ)時間は嫌と言うほどあったが・・・。

桧塚奥峰はシロヤシオが満開で最高だが虫が多く参った。ゆっくり休憩も出来ないほどだ。
帰りに明神平の山荘前で昼飯を食べて昼寝した。
明神平は虫がほとんどいない、なんでかな?。

ガーミンGPS
桧塚奥峰タブレット

IMGP1816.jpg

明神平の手前
IMGP1820.jpg

前山
IMGP1824.jpg

明神岳のツツジ
IMGP1825.jpg

桧塚奥峰手前からシロヤシオが満開だ。
IMGP1831.jpg

IMGP1835.jpg

IMGP1837.jpg

IMGP1840.jpg

IMGP1844.jpg

桧塚奥峰 山頂
IMGP1847.jpg

山頂からヒキウス平もシロヤシオが満開で綺麗だ、行こう。
IMGP1849.jpg

あれっチョイ間違えた(いつもの事だが)手前の尾根を下ってきたが、どこからでも同じだ。
ほぼ直線で行った。前に行ったことがあるのに何で真っ直ぐいったのかな?
IMGP1854.jpg

谷から登り返すが、行く所は見えているので楽だ。
IMGP1855.jpg

ヒキウス平は綺麗だが虫が多すぎ。
IMGP1856.jpg

IMGP1860.jpg

IMGP1861.jpg

IMGP1862.jpg

IMGP1867.jpg

IMGP1869.jpg

台高縦走路の稜線がみえてきた。この坂道は地味に辛い、後少しだ。
IMGP1871.jpg

あしび山荘が見えてきた。
山荘前は虫もいなく快適だった。
IMGP1879.jpg
登り始めてすぐ下山してくる単独の男性と会った。腰には蚊取り線香をぶら下げている、昨日はテン泊かな?
今日は平日だが人気の山なので途中ですれ違った人は多かった。
この男性の他に単独の男性2名と2人連れの女の方、合計5名とすれ違った。前日(日)はもっと賑やかだったようだ。



道の真ん中に、こんなんいてました。
蛇の嫌いな人はみないでね。

桧塚奥峰はシロヤシオが満開 2014.6.2 の続きを読む

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫