大台ケ原(コブシ嶺~日出ヶ岳)2014.4.27

 2014-04-27
コブシ嶺は他の人のブログで見て一度行きたいと思っていた。
本当はシロヤシオが咲く頃か、秋の紅葉の時期が綺麗だと思う。
今日は終わりかけのタムシバとミツバツツジが咲いていた。

予定ではコブシ嶺が終点ではなかったが、ここで少し早い昼飯を食べたら先に
進むのが嫌になって引き返した(軟弱で・・・)
コブシ嶺は展望が良く熊野灘がすぐ近くに見えた。この展望で今日の山歩きは大満足。
帰りに大台最高峰に寄って駐車場に帰った。
コブシ嶺往復で一人あっただけで静かだったが、東大台周回遊歩道は人で一杯だった。
最後に寄った、日出ヶ岳は人が多く三角点の写真も撮れなかった。

GPSによると18Km歩いているがアップダウンが少ないので実感はない。


地図の迷マークの所で迷って反対方向に進んだ(涙)
大台地図タブレット

IMGP1498.jpg

IMGP1499.jpg

IMGP1500.jpg

間違って反対方向に進んでいる(終わりかけのタムシバ)
IMGP1503.jpg

同じく終わりかけの ミツバツツジ
IMGP1504.jpg

この岩山を越えて尚進む(情けない)
IMGP1505.jpg

この場所でおかしいとGPSを出して見ると反対方向に歩いている、Uターン
IMGP1507.jpg

IMGP1508.jpg

雷峠
IMGP1509.jpg

IMGP1510.jpg


コブシ嶺
熊野灘も綺麗に見える最高の展望だ、少し早いが昼飯にする
先に進むか引き返すか飯を食べて決めよう。食事が終わりコーヒーを飲んでいると
トレランの若い女性が走って来た。あれっ道間違いで正規の道に復帰する時に挨拶した、女性だ。話を聞くと私と同じ間違いで岩山の方へ行って引き返してきたと。
彼女もここで休憩した、豊中から来たらしい、今日は連休に大台から尾鷲まで走る下調べらしい、高見山から大台ケ原までは以前走ったとの事。
トレランの人は同じ体とは思えない凄い。この先行きますかと聞かれ、この時点で同じ方向に歩くのが嫌になった。彼女は木組峠の先まで行くらしい、大台に向かって歩いているので追いつかれると思うと言うと、道に迷うので追いつけないと、笑って別れた。
IMGP1513.jpg

大台方面
IMGP1514.jpg

木組峠方面 あの先に見えるグリーンの所まで行くつもりだったが
IMGP1516.jpg

海は山と同じくらい好きだ。特に波の音が大好きだ。ここからは聞こえないが(笑)
IMGP1517.jpg

IMGP1519.jpg

IMGP1522.jpg

IMGP1524.jpg

IMGP1525.jpg

IMGP1527.jpg

IMGP1530.jpg

IMGP1531.jpg

IMGP1532.jpg

日出ヶ岳と大蛇嵓の中間点の東屋の裏に帰って来た(追いつかれなくて良かった、笑)
IMGP1533.jpg

日出ヶ岳の展望台
IMGP1541.jpg

人が多過ぎて三角点の写真は撮れなかった
IMGP1546.jpg

大台周回道脇には残雪が
IMGP1548.jpg
カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

藤原岳周回(木和田尾~聖宝寺)2014.4.15

 2014-04-15
藤原岳の山頂はどこか?最高点は天狗岩だが山頂とは言わない。
展望台が山頂ならなぜ山頂でなく展望台なのだ。
山と高原地図を見ても藤原岳のみ標高が書いてない。

そんな藤原岳に久しぶりに行った。鈴鹿山系では初めての山が御在所岳で次に登ったのが藤原岳だ。
今回は相方も行くらしいので、少し遅目の福寿草見物だ。
今回は藤原簡易駐車地から白瀬峠、天狗岩、藤原山荘、展望台、下山は裏登山道(聖宝寺道)だ。

タブレットに山と高原地図を入れてみた。
手さぐり状態でやっとブログに掲載できた。ヤマレコ経由が一番簡単のようだ。

藤原岳ヤマレコ


IMGP1436.jpg


峠の手前に咲いていた カタクリ
IMGP1437.jpg


中部電力小屋 初めて見たときは登山用避難小屋と思った
IMGP1441.jpg


御池岳
IMGP1442.jpg


三角点(頭陀ヶ平?)と相方
IMGP1443.jpg


IMGP1444.jpg


アマナ
IMGP1445.jpg

IMGP1447.jpg


天狗岩が見えてきた、分岐の手前に福寿草の群生があると思うが発見できず
IMGP1449.jpg

天狗岩には2輪の福寿草が咲いていた。山荘の方は福寿草咲いているか近くの人に聞くと、どこから登ったのと聞かれた
山荘付近は福寿草が足の踏み場もないほど咲いているらしいので、此処では花の写真は無し
IMGP1451.jpg

先端から
IMGP1454.jpg


展望台(藤原岳?)
IMGP1455.jpg


ネコノメ草
IMGP1456.jpg

IMGP1457.jpg


藤原山荘から展望台へ
IMGP1459.jpg


展望台への道から山荘
IMGP1462.jpg



IMGP1463.jpg


展望台から天狗岩と御池岳
IMGP1464.jpg

IMGP1465.jpg


山荘付近のキクザキイチゲ
IMGP1468.jpg
キクザキイチゲ
IMGP1470.jpg


福寿草(大貝戸道9合目)
この花は雪の中から頭を出しているのが一番綺麗だ、1か月遅かったか
IMGP1476.jpg

IMGP1479.jpg


大貝戸道8合目から聖宝寺道へ
IMGP1485.jpg

IMGP1489.jpg


新しく出来た砂防ダム このダムの少し先が聖宝寺
IMGP1491.jpg

ここから藤原簡易駐車地まで車道歩き。

今日は最高の天気で御嶽山、白山も綺麗に見えた。

朝、藤原簡易駐車場から白瀬峠登山口に行くと2台の車が停まっていた。
3人のグループで御池に登るらしい、分岐までほぼ同じペースで登り、分岐でわかれた。
その後天狗岩まで誰一人あわなかったが、天狗岩から藤原山荘、展望台と人の多いこと
帰りは大貝戸道の予定が人の多さに圧倒され裏道に逃げた、流石裏道はひっそりし人に合うことはなかった。
普段人気のない山に登っているので、ひとみしりが激しく困ったものだ。
今思うと大貝戸道が良かったような、普段私の行く山では滅多にと言うか見たことのない
本物の山ガールがワンサカ登って来たのに。それにしても福寿草の時期の藤原岳は凄い人気だ。

余談だが、大阪から東は名阪国道で走る(無料)私ですが天理までは西名阪です、今までは朝早いので
早朝割引で行は200円、帰りは400円合計600円で鈴鹿方面は行けました。
今日は早朝割引なし、消費税分10円アップになっていた。往復820円になった、220円のアップ
月に1~2回だからどうでもいいようだが、毎日使う人は大変だなぁ。

カテゴリ :伊吹・鈴鹿・比良 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

今日の家庭菜園 2014.4.9

 2014-04-09
冬の間は草も冬眠し手間いらずだが、これからは草刈が忙しくなる。
野菜を育てる技術的なことは皆目わからないので、もっぱら草刈など雑用の私です。
畑までの畔道に蛇が出るので、見渡せるように草刈の指令がでた。



草刈前・・・・後の写真忘れた
IMG_0005.jpg


タマネギも大きくなった。奥は若ゴボウ
IMG_0008.jpg


ジャガイモ  まだ猪は気が付いてない??
IMG_0009.jpg


えんどう豆
IMG_0010.jpg
カテゴリ :家庭菜園 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

古ヶ丸山~白倉山(れんが滝周回) 2014.4.8

 2014-04-09
久しぶりの山登りは大好きな台高に行って来た。
家から少し遠いが(もうチョイ走れば大杉谷)からすき谷公園の駐車場に車を停め歩き始める。
この駐車場に隣接して水洗トイレや着替え室もある、表に水道もあるので靴も洗える。

植林の急登を登れば柁山だ。稜線を登って行くと稜線上の小さなピークが清冶山、その先の古ヶ丸山までは
岩の多い気持ちの良い道だ。古ヶ丸山で少し早い昼にする(パンとコーヒー)ここから白倉山までは急なアップダウンの
連続だ。白倉山手前には岩場(大熊おとし)がありロープを頼りによじ登る。白倉山の山頂は少しだが開けた所がある、その周りをヒメシャラの幼木が取り囲んでいる。ここから迷岳や池木屋山に向かう縦走路があるが、地図かGPSは必至だ
踏み跡は薄い、特に野江股ノ頭~池木屋山、方面は迷いやすいと思う(経験あり・・・迷いの(汗))

下山はレンガ滝経由で林道を歩いたがレンガ滝経由は辞めた方がいい、途中の伐採地はとんでもない登山道だ。
また最後の林道の長いこと。この山はピストンに限る。



古ヶ丸山


柁山  宮川が見えていた
1_20160107122443344.jpg


稜線上の小ピーク(展望なし)
2_20160107122649e45.jpg

3_20160107122651bd5.jpg

4_20160107122651834.jpg


古ヶ丸山 この先が面白いので引き返さないように(少しキツイが)
5_20160107122815032.jpg


池木屋山方面(だいたい??)
6_20160107122901a79.jpg


なごり雪
7_20160107122940157.jpg


古ヶ丸山の下りは急な岩場
8.jpg


白倉山が見えてきた(奥のピーク)
9.jpg

10.jpg


大熊おとし
11.jpg


登って振り向き撮った。
12.jpg


13.jpg


ヒメシャラの幼木が多くなった もうすぐ山頂だ
14.jpg



来るたびに思うが山頂のポストはなんなんだ?中をみるとどこかの山の会のプレートが一枚あった。15.jpg


山頂から大熊谷の頭
16.jpg


飯も食べたし帰ろう・・・
17.jpg


「大熊おとし」上から見たところ
18.jpg



19.jpg


古ヶ丸山に帰ってきた。ここにも鈴鹿の方の標識がある。
20.jpg


21.jpg



22.jpg



23.jpg



24.jpg



26.jpg

27.jpg

登山口の案内板
29.jpg

今日も1日山は貸切だった。天気がよく2ℓの水が途中でなくなる、ハイドレーションは便利だが残量が分からないので
次からは別の容器にも水を持って行こう。

距離 14Km

標高 上り 1529m
   下り 1469m


カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫