布引滝 【台高】 2014.1.28

 2014-01-28
台高、迷岳の途中にある布引滝は静かで好きな所だ。何度も行ったがまだ人にあった事は無い。皆、好きな山、山域が有ると思う、私も山頂までの稜線と山頂の展望がいい所が好きだ。例えば武奈ヶ岳:霊仙山:大峰釈迦ヶ岳などだ、布引滝は正反対の所だが大好きだ。

蓮ダム平瀬橋を渡り川沿いを下流に向かって歩くとほどなく右手に登山道(杣道)がある(すこし分かりにくいが適当に登って行くと道に出会う)その後は踏み跡のはっきりした登山道だ。道なりに登って行くと左側に作業小屋があり前は広場になっている。ここで小休止する。
小屋から先はほぼ平行の登山道だが踏み跡が薄いので注意、途中とても渡れそうにない丸太の橋が何か所かある、高巻で行くか橋の下も橋につかまりながら通れる。その先は大規模な崩壊地だ、崩壊地を横切り植林の中に入る。
今日は初めて滝の一番下から行くつもりで谷の方へ下って行ったが、道を間違え結局いつもの所から滝に行った。
次は間違いなく行けると思う?。

今年も期待を裏切られた。来年に期待しよう。

ここの登山道は年々荒れて行く、特に植林の杉林から山の神までの一部はどこが道だかわからない、初めてこの道を歩いた時は踏み跡もはっきりあったが、もっと登山者が増えると良いのに。
次に行く時は赤テープ持参しようか?山が汚くなると嫌う人もいるしなぁ。

布引滝


作業小屋前は広い休憩に最適
IMGP0928.jpg

高巻出来る(橋は怖い)
IMGP0929.jpg

IMGP0930.jpg

IMGP0932.jpg

登山道のテープ、どう見ても道は無い少し先は崩壊していた
IMGP0935.jpg


布引滝に到着
IMGP0944.jpg


IMGP0951.jpg

IMGP0952.jpg

IMGP0953.jpg


登山道へ登ってきました
IMGP0956.jpg


IMGP0962.jpg

崩壊地
IMGP0963.jpg

崩壊は谷まで・・・
IMGP0964.jpg

わかりにくいが登山道
IMGP0965.jpg

IMGP0968.jpg

登山口の吊橋まで帰ってきた
IMGP0975.jpg

行き止まりの道路(上の発電所が終点30mほど)
何回もここに停めているが他の車を見たことが無い、立派な橋も1週間に1人位通るのかなぁ?。
IMGP0976.jpg

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

家庭菜園と林道の雪対策 2014.1.23

 2014-01-23
一昨年は猪に全部食べられたので昨年は植え付け放棄したジャガイモですが、
今年は、正面から猪と対決します(笑)。

まずジャガイモを植える一画に金網(セメントの中に入れる鉄筋)を張り巡らした。
その外側に農業用の網(PP)を張り、猪対策は万全?になった?と思うが?自信は?無い。
奴らもエサがなくなると必死に立ち向かってくるので、油断は出来ない。

今日はジャガイモの種イモと肥料をホームセンターで買ってきた。

先日の林道での立ち往生は散々だった、動かないので表に出ると、凍結した道路で綺麗に滑り、
車が動くまで3回ほどこけた。

タイヤの周りの凍った雪を除ければ動くのだが、道具がない。
スコップは必需品だと思い、登山道具として探すと値段が高い、車に積んで置くだけ、と言うことで1000円弱のスコップを買ってきた。
雪だけでしたら先の平な方が良いが、春から家庭菜園で使うので先の尖った方にした。

今日は昼から仕事だ・・・中途半端やなぁ・・・。


IMG_4574.jpg

IMG_4573.jpg

カテゴリ :家庭菜園 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

明神平(赤ゾレ山~馬駆ヶ辻~国見山~水無山)2014.1.16

 2014-01-16
駐車地付近のグリーンの橋を渡り赤ゾレ山経由、明神平を歩いている方がいる。皆さん当然だが、わかって登っている。
私は初めて明神平に行くのに、何の疑いもなく左のグリーンの橋を渡り階段状の道から右のアベ山谷へ行き沢沿いを登り、途中間違いに気が付くという何とも情けない思い出がある。
ちなみに地図もGPSも持っていた、ザックの中に・・・。この時は相方も一緒だった。
谷の途中で間違いに気が付き(遅い)GPSを出し確認すると上の方に登山道があったので谷から逃れ植林の中を稜線まで登った所が、赤ゾレ山だった。5月の中旬だったか稜線までの急登中ギンリヨウ草の群生が綺麗だった。国見山、水無山と歩き、初めての明神平は上から眺めたあしび山荘だ。予定通り桧塚奥峰に行き昼飯を食べて本来の登山道で駐車地に帰った。
その時の記録「明神岳:桧塚2011.5.25」

先日、高見山の帰り道、大又林道の駐車地まで試しに行ってきた。その時は難なく駐車地まで登れたので今日は自信満々でやって来たが、駐車地手前100mほどにある橋を過ぎた登り坂でスリップして登らない。何とかバックで橋まで下り
すこし広い路肩に駐車して歩き始める。高見山の帰りは昼過ぎだったので登れたのかなぁ。

青い橋の所で、ここで間違えたな~と思いながら写真を撮っていたらなぜか?よし今日はココから登ろう。
予定は明神平~桧奥峰ピストンだった。
登りはじめは雪もなく快調に登っていたが、途中から膝上くらいの雪になり滑りまくり。這う這うの体で稜線まで這い上がる。ここから踏み跡のないフカフカの雪、アップダウンでスノーシューが滑りまくり、明神平までラッセル、でヘロヘロになる。雪は綺麗だったが足跡は獣のみ、疲れました。明神平は曇り空、朝は青空だったが、最初から普通に登ったらよかった。





もうすぐ稜線だ
IMGP0895.jpg


赤ゾレ山 綺麗
IMGP0897.jpg

IMGP0899.jpg

IMGP0900.jpg

IMGP0902.jpg


奥に見えるのは国見山
IMGP0903.jpg

IMGP0904.jpg


馬駆ヶ辻
IMGP0906.jpg


振り向き 自分の足跡
IMGP0907.jpg

IMGP0908.jpg


桧塚方面が見えてきた
IMGP0909.jpg

IMGP0911.jpg

IMGP0912.jpg


国見山  雪の中から三角点がすこしだけ見える
IMGP0914.jpg


明神平か見えてきた
IMGP0916.jpg


桧塚
IMGP0917.jpg

IMGP0918.jpg


水無山の山名坂は雪のなか? 上から眺めるあしび山荘
この辺りからソリやスノーシューの古い踏み跡があった。休日は賑やかだったのか。
IMGP0922.jpg


山荘前から
今日初めて人にあう、犬を連れた男性だ。
IMGP0923.jpg


半分くらい下った所で、青空・・・いつものパターン
IMGP0924.jpg

くにみやま

朝7時15分ころ スリップで蛇行している。運転席側後ろのタイヤが凍った雪に入り動かなくなった。
黒くアスファルトが出ているのは空転で溶けた?そのためバックできたようだ。
IMGP0886.jpg

20mほどバックして、ここに停めた。
IMGP0885.jpg
カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

高見山  2014.1.10

 2014-01-10
7~8日と何年ぶりか風邪で寝込んだ。約36時間寝ていた。風邪はだいぶ良くなったが
寝すぎで腰が痛く、温泉でも行こう。と言っても有馬とか白浜ではなく600円の温泉です。
ついでに山にも・・・高見山の麓の「たかすみ温泉」に行って来た。
高見山はシーズン中(霧氷)2~3回行く。今日も高見山は寒かった。
山頂の避難小屋には誰もいない貸切だ。表は強風で飛ばされそう、青空は期待できない状態だ。
寒くてコーヒーを飲んですぐ下山。下山中、初めて人に会った美人二人だった。
温泉も空いて快適だった。朝登って下りてくるまで2人に合っただけの静かな高見山も珍しい?。
ちなみに下る途中から青空に・・・(日頃の行いか?)。もうチョイ待っていれば良かった。。

山頂展望台
IMGP0867.jpg


IMGP0876.jpg

IMGP0882.jpg

高見山
カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

二上山のふもと徘徊 2014.1.5

 2014-01-05
「正月恒例:二上山徘徊」ヤフーブログ「連れ」と「連れの連れ」のハイキングたよりの「連れの連れ」さんが新しく発見??した、ややこしいなぁ(笑)白銀峰への案内プレートより白銀峰までの予定で行ってきた。
そのため烏岳や鳶塚などには寄りません、勿論、雄岳、雌岳も行きません。
白銀峰は二上山でもっともマイナーなピークと思う。
という事で香芝配水タンク横の駐車地へ行ったが満車、仕方がないので登山道入り口の看板前の路肩に止めて歩き始める(10時15分ごろ下山は11時ごろ)。今日は仕事が有るので昼までに帰らなくては駄目だ。
結果は案内プレートを見つける事が出来なく敗退した。
家に帰りもう一度ブログを確認すると、案内板のある所をしっかり書いてある。
肝心な所は抜けている悪い性格です。人の話を聞かないなぁと言われる事が多々ある。
次は大丈夫行けるだろう。しかし案内プレートの辺り、行きと帰りに通ったが・・・



少し登ると第一ベンチ ちなみに5~6m上に第二ベンチあり
IMGP0848.jpg

二つの道が合流する。この上辺りに案内板があるはずだが??
IMGP0849.jpg


いいかげんに見て来たのでこんな所まで来た
IMGP0852.jpg

烏岳が見えている、完全に通り過ぎている
IMGP0853.jpg

このまま行けば池とプラ階段の出会いに行く、ここでUターン
IMGP0854.jpg

見ているのが白銀峰だ
IMGP0855.jpg

今回は諦めて無名のピークを踏んで帰る(配水タンク上のピーク)
IMGP0861.jpg

二上山1-5
だいたいわかったので次に行く機会があれば行ってみようか(あまり気が進まないが、笑)

これが今年の初登りか?先が思いやられる。。
カテゴリ :金剛紀泉の山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫