三峰山 不動滝~新道コース 2013.12.29

 2013-12-29
三峰山に行ってきた。雪の林道は怖いので比較的、登山口までの道路事情がよい三峰山へ行ってきた。
道路事情が良いといっても今の時期早朝は道路も凍結している。冬タイヤかチェーンは必要だ。
7時ごろ青少年旅行村に到着。7時10分ごろ歩き始める。
登りは比較的楽そうな不動滝経由で登る。途中立ち休憩を数回した。
避難小屋も入ったが一人で薄暗い中座っていても面白くないので早々に山頂に向かった。
御嶽山ビューポイント付近から青空になった。山頂も青空だ、初めてと思うこの山の山頂で青空を見たのは。
平倉峰に行くつもりでスノーシューを装着するが、気が変わり(結構時間がかかりしんどいので)八丁平に行く。
そこでスノーシューを脱ぎ、アイゼンも装着せず、新道コースで下山した。
登りも下りもアイゼンなしで大丈夫だった。
下山中、雪になったが、駐車地に帰ると青空だった。台風で崩壊していた林道も通行できる。新道コース登山口まで
車で行ける。

三峰山


不動滝 普通に流れていた
IMGP0710.jpg

避難小屋を過ぎると青空が・・・
IMGP0718.jpg

IMGP0725.jpg

IMGP0727.jpg

IMGP0730.jpg

IMGP0731.jpg

IMGP0733.jpg

IMGP0737.jpg

御嶽山ビューポイント  御嶽は無理だが前の山は綺麗だった。
この辺りの山はほとんど登っているのだが、どこがどの山やらサッパリだ。
IMGP0739.jpg

IMGP0742.jpg

IMGP0748.jpg

山頂で青空は初めてか??
IMGP0751.jpg

IMGP0752.jpg

山頂から
IMGP0753.jpg

IMGP0754.jpg

IMGP0755.jpg



八丁平
IMGP0771.jpg


IMGP0774.jpg

IMGP0782.jpg

三畝峠を過ぎたあたりから粉雪が降りだす
IMGP0789.jpg

IMGP0793.jpg

新道峠 雪が多い
IMGP0797.jpg



駐車地の青少年旅行村に帰ると お約束の青空。

朝3台駐車していたが16台に増えていた。上のツアーバス駐車場はロープで侵入禁止になっていた。

今日山で出会った人は八丁平で1人だけ。朝同時に登った3人の若者は途中、不動滝からの登りでみえなくなった。

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

武奈ヶ岳(西南稜)2013.12.23

 2013-12-23
先週行く予定だったが相方の都合で延期になっていた武奈ヶ岳に行ってきた。
坊村から御殿山経由で登った。西南尾根は景色が良いので好きなコースだ。
曇り空だが時々顔をだす青空に雪景色が最高だった。流石、人気の山だ人の多いこと。
普段人気の無い??山に行くことが多いが、この日は一年分くらい人に遭った(笑。


IMGP0650.jpg

IMGP0652.jpg

IMGP0657.jpg

IMGP0658.jpg

IMGP0660.jpg

IMGP0661.jpg

IMGP0662.jpg

IMGP0663.jpg


休憩ポイントから武奈ヶ岳
IMGP0665.jpg

IMGP0668.jpg

IMGP0678.jpg


西南尾根(武奈で一番景色が良いと思う)
IMGP0679.jpg

IMGP0683.jpg

IMGP0684.jpg

IMGP0685.jpg


山頂(写真には写ってないが沢山の人が休憩していた)
IMGP0690.jpg


山頂から釣瓶岳??
IMGP0691.jpg

IMGP0698.jpg

IMGP0700.jpg

IMGP0704.jpg


鈴ヶ岳???と琵琶湖
IMGP0705.jpg


蓬莱山(琵琶湖バレイ)
IMGP0706.jpg
カテゴリ :伊吹・鈴鹿・比良 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

迷岳(飯盛山~山頂~布引滝~蓮ダム)2013.12.16

 2013-12-17
この日は相方と武奈ヶ岳へ行く予定だったが、急に用事が出来て一人で行くことになった。
行先も変更して台高の迷岳に行くことにした。迷岳の霧氷も見ごたえがある。
ホテル・スメール上の広い駐車場に車を停めて、迷岳前衛峰の飯盛山経由で登り下山は布引滝から蓮ダム、
ダムから車道を歩き駐車地の予定で歩き始める。
飯盛山に登る途中真っ白な高見山が見えた、迷岳も真っ白かと期待する、まだ迷岳はまだ見えない。
幾つかのアップダウンを繰り返し目の前に迷岳の姿が・・・無い霧氷は無い、このまま引き返そうか迷ったが
せめて山頂は踏みたいので強風の急登を息を切らしながら登り、風の当たらない口迷岳側で昼飯を食べた。
下山は予定通り山ノ神へ、登山道から布引滝へ下る(道は無い)。氷瀑にもまだ時期が早いのか岩の上の氷も薄い。
滝から登山道に這い上がり、そのままダムに下ればいいのに、登山道の横に道らしき物があったので何処に出るのか気になり進んで行く。途中大きな崩壊地があり登山道はその中央付近を横切るのでそこで登山道に復帰しようと歩いていた。初めは炭焼き小屋跡らしき所や谷の氷柱を楽しんでいたが、いつの間にか急斜面になり、下は岩の崖下りる所がなく細尾根沿いを木を掴みながら下りるが途中で崖に阻まれ何回かそれを繰り返し、やっとの事で
崩壊した木の橋の手前に着地した。倍くらい時間を取られダム横に着いたのが5時だった。
車道を30分歩き駐車地にたどり着いた時は暗闇だった。教訓,しょうもない道には絶対入らない。疲れました。


迷岳


IMGP0585.jpg



蓮ダム
IMGP0587.jpg

IMGP0597.jpg

IMGP0599.jpg

口迷岳
IMGP0602.jpg

台高の稜線 トンガリは白倉山か??
IMGP0604.jpg

IMGP0610.jpg

IMGP0612.jpg

山ノ神
迷岳の急坂を下り広い稜線(地図に迷マーク)を西に下る(テープあり)初めは広い稜線もだんだん細くなり
間違いようのない細尾根を下って行くと山ノ神に到着する。かなり歩いてもテープが無ければ間違っているので
もとの所に戻りテープを探せばよい。
IMGP0614.jpg

IMGP0615.jpg

IMGP0616.jpg


IMGP0619.jpg

IMGP0623.jpg

この付近に着地
IMGP0625.jpg

登山道は良い(笑)
IMGP0626.jpg

IMGP0627.jpg

IMGP0628.jpg

川に発電所の灯りが・・・平瀬橋を渡り車道を歩いて駐車地に
IMGP0629.jpg

すっかり暗くなった、下山で手間取り。もう懲り懲りだ。
IMGP0630.jpg

滝上の登山道を外れて歩いたのは、崩壊地のはるか上で飯盛山の稜線が近くに見えていた。
飯盛山に這い上がるか迷ったが、朝上を歩いて西も東も絶壁だったので諦めた。
普通に登山道を歩いている時かなり上から崩壊しているのがわかる。その崩壊地が下に見えていた。
カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

釈迦ヶ岳(お釈迦様と霧氷)2013.12.3

 2013-12-04
朝4時に家を出、帰って来たのが午後6時、8時に消灯・・・山小屋か。(笑。
十津川旭の峠の登山口に着いたが先客は誰もいない。
支度を整え歩き始める。周りの景色はガスで良く見えない。千丈平辺りで残雪が少しだが有った。
山頂に近づくとガスも無くなる。青空に霧氷も綺麗だ。山頂からの絶景を楽しみながら小休止。

次の目的地 大日岳へ笹の急坂を滑らないように慎重に下る。
大日岳行場のクサリ場を登るのが今日の目的の一つだ。
早速クサリ場へ向かうが最初の岩場で足を滑らせ、即刻撤退、ここで死にたくない(笑。
この岩場、西向き?か昼前なのに未だ日が当たってない、少し凍っている。
ちなみに以前2011.5.18 は難なくクサリ場を登っている。
そんなわけでクサリ場までも行ってない。横の巻道で大日岳山頂に登る。

峠の登山口に帰ったが他に車はなかった。山でも鹿に逢っただけ静かな山歩きだった。

釈迦ヶ岳は相性がいいのか毎回天気が良い、今日も快晴の中気持ちよく歩けた。
次は滑らない季節に大日岳へ行こう。クサリを掴んで登るぞ。。




IMGP0450.jpg

IMGP0453.jpg


IMGP0458.jpg

IMGP0467.jpg

IMGP0471.jpg


IMGP0479.jpg

IMGP0481.jpg

IMGP0482.jpg

IMGP0484.jpg

IMGP0502.jpg

山頂
IMGP0509.jpg

孔雀岳方面
IMGP0515.jpg

IMGP0517.jpg

山頂から 八経ヶ岳
IMGP0520.jpg

深仙の宿
IMGP0534.jpg

IMGP0536.jpg

あの岩を登る気満々・・・
IMGP0539.jpg

 巻道で登ろう
IMGP0541.jpg

クサリの刻印
IMGP0545.jpg



さあ峠の登山口に帰ろう

カテゴリ :高見・台高・大峰 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫