今日の家庭菜園 2013・1.31

 2013-01-31
春のような暖かさに誘われ、ひさしぶりの家庭菜園を見てきました。
イチゴの畝を耕さなければ・・・と思いながら・・・。

野菜も冬は成長が遅いので、年末とあまり変わってないようだ。



上のハウス内  キャベツ 
写真ではわからないが、このキャベツやたら固い、お好み焼きなど火を通すと感じないが
生で千切りにすると、歯が悪い人には辛い食べ物だ(涙)
ハウス栽培には向かないのか?朝露にあたり育ったキャベツは美味しいのだが。

ちなみに大根はほとんど二股だ、植え付け前の畑は良く耕さないと(反省)。

最後のミカンだが収穫時期を過ぎるとミカンがスカスカで食べられない、完熟もタイミングがあるようだ。
IMG_4148.jpg

今日の家庭菜園 2013・1.31 の続きを読む

カテゴリ :家庭菜園 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

三峰山(それにつけても足癖の悪さよ・・・)2013.1.27

 2013-01-26
この冬はまだ樹氷(霧氷)を見ていない、昨年11月に鈴鹿の雨乞岳と四国の剣山で見たのが最後だ。
今一番行きたい山は体力的に無理だ、今シーズン行けるかな~、ほかの人のブログでも全然出てこない山だ(結構チェックしているが)マイナーでもないし難しくもない普通の体力があれば大丈夫と思うが、地図に破線も載っていないからかなぁ?。

他で樹氷が見れて今の私でも登れそうな山は、比良の蛇谷ヶ峰、鈴鹿の綿向山それから高見山、比良と鈴鹿は今回の寒波で雪が多いと思いパス、高見山は寒そうでパス。雪も寒波も歓迎ですが、いざ自分が行くとなると、雪も寒さもほどほどが良い(笑)。
そんなこんなで(どんなこんなや)、三峰山に決定。

今回は樹氷を見るのと、冬用タイヤの性能だ、比良や鈴鹿は雪が多すぎて(そう思っているが?)若干怖い
少し慣れてから行こう。三峰山なら国道もそこそこ雪があるだろう。

昨年から穴虫から中和幹線で桜井の先まで行けるので自宅から1時間チョイで三峰山登山口まで行ける。
朝起きると星空、かなり冷え込んでいる、期待が高まる、青空にエビの尻尾。道路も心配だ雪が多いと嫌やなぁ
と。桜井を過ぎ山間部の入っても一向に雪がない、毎年道路にはなくても脇には雪があったが?なんで?
最初のトンネル付近でやっと道路脇に雪が、そんなこんなで御杖青少年旅行村まで完全ドライの道路だった
んな馬鹿な昨日の寒波はこの辺りは関係なかったのか?。駐車地に車を停めてスタートだがあまり寒くない
樹氷もアカンなぁ天気だけは悪い三峰山は雲の中。比良の方が雪が多く?良かったかと後悔する、どっちやねん。

GPS 軌跡
三峰山


今日は不動滝コースで登る。
この奥が不動滝
CIMG7781.jpg


不動滝 端のほうがちょっと凍っていた
CIMG7784.jpg

CIMG7785.jpg


不動滝から植林の中をジグザグに登って行くのだが約2か月ぶりの山登り(散歩のようなのは2回ほど歩いたが)
腰の調子をみながらゆっくりゆっくり登るが、相方が後ろにピタッとついて気になって歩きにくいので、ゆっくり登るので先に行ってと言うと、ゆっくりの方が息が切れないで良いからそのまま前を歩くようにと。んならもっと離れろとは勿論言えないが。いまにみてろぶっちぎりで歩いてやるから(笑。
そんなこんなで前方に小屋が現れる。小屋でコーヒーを飲み小休止。
CIMG7789.jpg


小屋から出てもこんな感じ、エビの尻尾とはほど遠い。
CIMG7794.jpg

無論御嶽山は見えない室生の山々が・・・。
CIMG7797.jpg


山頂 天気は良くないが寒くもない。
CIMG7798.jpg


山頂から倶留尊山と曽爾高原方面
CIMG7802.jpg

八丁平で少しだけ青空がでる。
CIMG7804.jpg

CIMG7809.jpg

CIMG7810.jpg

CIMG7821.jpg

CIMG7824.jpg

高見山も雪が少ないようだ。
CIMG7825.jpg

トイレまで下りたもうすぐ林道だ。
CIMG7826.jpg


駐車場に戻れば、お約束の青空。それにしても暖かい。
CIMG7827.jpg
下山後 姫石の湯に入り、次の目的地、奈良田原本の好日山荘に行く。
登山靴のソール張り替えだ、買ったのは梅田の石井スポーツだが電話でソール張り替えの料金を聞くが15000円位と、天王寺のヨシミスポーツのホームページもほぼ同額だったので、好日山荘に電話して聞くと、メーカーに修理に出すと12500円、靴張り替えメーカーに出すと10000円位と言う。迷わず好日山荘の10000円コースに決める。
この登山靴3年くらい履いているが減るのが早いのと違うか?相方に言わすと履き過ぎやと、そうかなぁ4足を順番に履いていると思うが、この靴が一番履く頻度が高いのかなぁ。

それにつけても足癖の悪さよ・・・(片減りの見本のよう)腰も悪くなるはな~。
CIMG7775.jpg
CIMG7776.jpg

タグ :

雨の中の御船の滝は・・・・2013.1.22

 2013-01-22
今日は氷瀑で有名な御船の滝へ行ってきました。
天気予報は雨のち曇りだった。朝起きると小雨だ。
もしかしたら現地は雪かと淡い期待を持ち7時30分スタートするが、山間部に入れども一向に雪にならない。当然と言えば当然、山も暖かい。
林道に入れど雪はほとんどなし、そんなこんなで駐車地に到着。雨は一向に上がる気配はないので傘を差して歩き始める、雪がないのでアイゼンも不要だ。
林道から標識に沿い左に曲がり小さな橋を渡ると右前方に滝が・・・思い切り水が落ちている(涙)。
御船の滝はほぼ普通の春の滝だ。ほぼこんな感じと思っていたが、笑うしかない。
少し早いが東屋で普通の滝を見ながら飯を食べる。周りには誰もいない、雨の中来る人はいないわな~と納得。
滝もこんな状態なのでトットと帰る。

途中5~6人のグループが登ってくる。好きな人もいるな~と感心しながらすれ違う。その時は全然気が付かなかったが、駐車地に帰ってビックリ、隣に駐車しているのは良くブログで見かける車だ。
次に登山道ですれ違う事があれば、声をかけますね~。(ん、見てないか、笑)。


そんなこんなで雨の御船の滝は普通の滝だったのお粗末でした。
近日中にリベンジ予定。。

GPS  軌跡
御船の滝

林道 雪が少ない
CIMG7762.jpg

御船の滝への分岐
CIMG7763.jpg

アカン、これはアカン
CIMG7765.jpg

笑うしかない、飯でも食うて帰るか。幸い?東屋もガラガラ誰もいない。
CIMG7769.jpg

帰りに振り返り写す
CIMG7770.jpg

CIMG7771.jpg
今回は冬用タイヤのテストも兼ねていましたが、普通の雨の林道でテスト不能、これも次回に・・・アカンは・・・


本来はこんな感じ 完全氷瀑の「御船の滝」
滝
タグ :

高尾山の水仙 2013.1.19

 2013-01-15
14日は近くの中学校で、とんど焼きの予定だったが、雪混じりの雨のため中止になった。
しめ縄を焼く予定だったが、まさかゴミ箱は駄目だろうと、近くの神社に持ち込んだ。

この神社 御神体が高尾山だ、ここまで来たので水仙郷まで登ってみよう。その前に頂上に行こう。
高尾山頂上は岩の上で大阪平野の眺めは抜群だが今日は霞んで良く見えなかった。近所の里山として、明神山と共に良く登っていたが、調べてみると2011年以来だ。
高尾山は生駒山系の南端で生駒縦走路まで行くには、変電所を見送り信貴山のどか村まで自動車道路を歩くので中々歩く人も少ない。
少し前までは高尾山から高安山、生駒山とピストンしていたが、すっかり元気がなくなった(笑)。


駐車場がないので旧170号線の某スーパーの駐車場から

GPS 軌跡
高尾山


鐸比古鐸比賣神社(ぬでひこぬでひめ)
CIMG7722.jpg

神社から道なりに登って行くと右手に公衆トイレがある(水洗)その前が高尾山の登山口の一つ
最初は小鳥の鳴き声が心地よい雑木林・・・
CIMG7729.jpg


霞んでよくみえない
CIMG7731.jpg

東屋や椅子もある、もううこしで山頂
CIMG7733.jpg

CIMG7735.jpg

トラロープは足元が滑るので助かる、落ち葉で3歩登って2歩滑る感じ
CIMG7737.jpg


岩にクライマーの??なんか金具が・・・
CIMG7738.jpg

CIMG7740.jpg


高尾山 頂上 標高 278mと思う・・・高山病になりそう
CIMG7741.jpg

CIMG7744.jpg

CIMG7745.jpg

CIMG7749.jpg


かしわら水仙峡 
チョット早かった、ほとんどが蕾 みごろは1~2週先かな?。
CIMG7752.jpg

CIMG7754.jpg

CIMG7755.jpg

CIMG7756.jpg

CIMG7759.jpg

CIMG7760.jpg


登山口のトイレ
CIMG7761.jpg


たかおさん


タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫